TuneMobie Apple Music Converter for Mac

TuneMobie Apple Music Converter for Mac操作ガイド

TuneMobie Apple Music Converter for Macは、Macユーザーに向けて専門的なApple MusicとオーディオブックのDRM解除するソリューションであります。下記の手順に従って、この使いやすいかつ強力的なApple Musicとオーディオブックの変換ソフトでMP3とM4Aに変換してみましょう。

ご注意:最新のmacOS 10.15 Catalinaに、セキュリティの強化のため、弊社のTuneMobie Apple Music Converterを始め、多くのソフトを開いたら、「悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。」というエラーメッセージが表示される場合があります。解決策も簡単です。Finderからアプリケーションフォルダを開いて、TuneMobie Apple Music Converterを右クリックして、「開く」をクリックして、表示されたダイアログで「開く」をクリックすれば、問題を解決できます。こんな操作は一回だけです。弊社のソフトは決して悪質のソフトウェアではありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converter for Macを起動

Launchpad或いはアプリケーションフォルダからTuneMobie Apple Music Converterを起動できます。Apple Music Converterを起動すると、iTunes(macOS 10.15 CatalinaではMusic)も自動的に起動されます。iTunesが実行されている場合、まずiTunesを終了する必要があります。TuneMobie Apple Music Converter for Macがバックグラウンドで実行されるiTunesのメディアライブラリを読み込めます。iTunesライブラリでは大量の音楽トラックがある場合、最初の実行で数分かかることがあります。読み込みに時間がかかると、「更新する」ボタンをクリックしてください。

TuneMobie Apple Music Converter for MacのインターフェースがiTunesと似ています。音楽、ビデオ、ホームビデオ、映画、テレビ番組、Podcast、iTunes U、Apple Musicプレイリスト、オーディオブックなどの全てのiTunes プレイリストが左側パネルで見つけます。楽曲が右側パネルに表示され、出力設定が下側パネルに表示されます。(※macOS 10.15 Catalinaではオーディオブック及び一部の動画には対応していません。)

TuneMobie Apple Music Converter for Mac

ご注意:macOS High Sierra以降のOS Xで初めてTuneMobie Apple Music Converterを実行したら、コンピュータの制御のダイアログが表示されます。「システム環境設定を開く」をクリックして、アクセシビリティのプライバシータブでTuneMobie Apple Music Converterを制御許可のリストに追加する必要があります。拒否されたら、一部の機能は正しく動作できない場合があります。当社はユーザー様のプライバシーを集めることは決してしません。

プライバシー変更

ステップ2:音楽トラックを選択

左側パネルでプレイリストまたメディアタイプを選択すると、右側パネルに音楽の名前、長さ、アーティスト、状態、アルバム、タイプなどの情報が表示されます。楽曲をチェックすると、曲のジャンル、種類及びアートワークが表示されます。楽曲の名前欄の左端にチェックボックスを入れて楽曲を選択できます。また、音楽の情報バーにある小さいなチェックボックスをクリックしたし、プレイリストにある全てのファイルを選択できます。10.12及び以前のシステムなら、前もって曲をダウンロード必要がありますが、10.13及び以降のバージョンに、ダウンロードしなくても変換ができます。

Apple Musicの曲を選択

iTunesライブラリに多くの曲があって、曲をすぐに見つけられない場合、内蔵された検索ボックスで楽曲の名前、アルバム、アーティストなどを入力して検索すると、全ての検索結果はすぐに表示されます。

ステップ3:出力形式を選択

下部パネルで「出力設定」と「メタ情報」という二つのタブがあります。「出力設定」タブで出力形式を選択できますし、フォーマットのパラメータを変更またカスタマイズできます。Apple Music Converter for MacはMP3、M4A、FLAC、AIFFなど広く使用されている出力音声形式を提供しています。一般的に、互換性が高いMP3またはM4Aを選択したほうがいいです。iPhoneの着信音を作成したい場合、M4R出力形式を選択してください。

M4A出力形式を選択

場合によって、オーディオコーデック、ビットレート、サンプレート、およびチャンネルを変更できます。初心者であり設定についてことも気にしないと、プロファイルで High Quality(高音質)の選択をお勧めします。 また、このタブで出力フォルダの設定も可能です。デフォルトの出力ファイル名は「タイトルアーティスト.mp3」となります。Macユーザーは複数の楽曲の名前を一括で簡単に変更できます。一括改名について、後で紹介します。

「メタ情報」タブで、ファイルのタイトル、アーティスト、アルバムアーティスト、アルバムおよびジャンルなどの情報を変更できます。一般的に言って、iTunesで購入した曲とダウンロードしたApple Musicトラックの詳細情報は完全なID3タグが付いていますので、ファイルの情報を変更する必要がありません。楽曲の情報が間違ってまた不完全である場合のみ、この機能の使用をお勧めします。

音楽のメタ情報

もし設定がよいと思うと、直接に「変換」ボタンをクリックして変換を開始してもOKです。ただし、オプションの設定項目をチェックしたほうがいいです。これらの設定項目は利用者に役に立てる場合があります。

ステップ4:オプションを変更(必要の場合)

ツールバーにある「オプション」ボタンをクリックすると、「環境設定」ダイアログいくつかのオプションが表示されます。ここで「一般」と「上級」タブがあります。

「一般」タブでは出力ファイルの改名・整理ができます。出力ファイル名を変更する時に、{Title}、{Album}、{Artist}、{TrackID}および{DiskID}またはハイフン(-)、スペース、下線(_)などの特殊文字を使用できます。また、ファイルのパスにフォルダを作る場合、スラッシュ(/)を使用してください。例えば、ダウンロードしたApple Musicの曲である「06 Shake It Off.m4p」は「Taylor Swift - Shake It Off.mp3」のように改名できます。Macでお気軽に出力ファイルを整理するために、出力ファイルの名前のルールを設定しましょう。「上級」タブでは一部の出力形式のパラメーターをカスタムして、新しいプロファイルとして保存できます。保存したカスタムプロファイルはプロファイルリストで表示されます。

Apple Music 変換のオプションを変更

ご注意:Mac 10.12(Sierra)またはそれより古いMac OS Xでは、自動的に16倍速で変換します。macOS High Sierra 10.13以降のMac OSでは、システムの制限のため、原速しか変換できません。そのため、古いバージョンのオプションにある変換スピードの調整設定は削除されました。

ステップ5:MacでApple Musicとオーディオブックを変換

出力設定とオプションに関することがよいと思って「変換」ボタンをクリックすると、Apple MusicとオーディオブックからDRMを解除して指定される形式に変換することができます。

Apple MusicをM4Aに変換

ファイルが変換完了後、「出力先を開く」ボタンが表示されます。ボタンをクリックして出力フォルダを開けます。

Apple Music 変換完了

変換完了後、左下隅にある「閉じる」ボタンをクリックすると、TuneMobie Apple Music Converter for Macのメインユーザーインターフェースに戻ります。出力のMP3、M4Aの曲を自分のiPad、iPhone、iPod Touch、iPod Nano、iPod Shuffleへ転送できますし、MP3プレーヤーにも入れて再生できます。

お得なバンドル