TuneMobie Apple Music Converter for Mac

Apple Music Converter(macOS)の操作ガイド

TuneMobie Apple Music Converter for Macは使いやすいMac Apple Music変換ソフトであり、iTunes或いはミュージックアプリ(macOS Catalina 10.15以降の場合)に追加したApple Musicの曲にかけたDRM保護を解除して、ロスレスでApple Musicの曲をMP3、M4A、WAVなどの普通の音声形式に変換できます。iTunesストアから購入した音楽も簡単に変換できます。macOS Mojave 10.14.6までのmacOSでは、オーディオブックの変換、iTunes動画の音声抽出なども可能です。iTunesまたはmacOS 10.15以降でのミュージックアプリで対応できる入力形式の違いは動作環境ページをご覧ください。

ご注意事項1:macOS Catalina 10.15以降に、セキュリティの強化のため、弊社のTuneMobie Apple Music Converterを始め、多くのソフトを初めて起動したら、「悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。」というエラーメッセージが表示される場合があります。解決策も簡単です。Finderからアプリケーションフォルダを開いて、TuneMobie Apple Music Converterを右クリックして、「開く」をクリックして、表示されたダイアログで「開く」をクリックすれば、問題を解決できます。こんな操作は一回だけです。弊社のソフトは決して悪質のソフトウェアではありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ご注意事項2:一般に、以下の操作ガイドは最新版の説明です。古いバージョンなら、インターフェースまたは機能は違いがあるかもしれません。古いバージョンを利用している方は、最新版にアップグレードしてください。最新版のバージョン番号は動作環境ページで確認できます。最新版にアップグレードするに、下記のような二つの無料の方法を利用できます。どの方法を利用しても、ライセンスキーの再登録は不要です。

1. Apple Music Converterのメニューバーで「ヘルプ」>「アップデートをチェック」をクリックして、表示されたアップデートのダイアログから最新版をダウンロードしてインストールします。

2. 機能一覧ページで「無料体験」ボタンをクリックして、最新版をダウンロードして、インストールして、古いバージョンを上書きすればいいです。無料体験ボタンは常に最新版にリンクしています。


ステップ1:TuneMobie Apple Music Converter for Macを起動

Launchpad或いはアプリケーションフォルダからTuneMobie Apple Music Converterを起動できます。Apple Music Converterを起動すると、iTunes(macOS 10.15 Catalina以降ではミュージックアプリ)も自動的に起動されます。iTunesが実行されている場合、まずiTunesを終了する必要があります。TuneMobie Apple Music Converter for Macがバックグラウンドで実行されるiTunesのメディアライブラリを読み込めます。iTunesライブラリでは大量の音楽トラックがある場合、最初の実行で数分かかることがあります。読み込みに時間がかかると、「更新する」ボタンをクリックしてください。

TuneMobie Apple Music Converter for MacのインターフェースがiTunesと似ています。音楽、ビデオ、ホームビデオ、映画、テレビ番組、Podcast、iTunes U、Apple Musicプレイリスト、オーディオブックなどの全てのiTunes プレイリストが左側パネルで見つけます。楽曲が右側パネルに表示され、出力設定が下側パネルに表示されます。

TuneMobie Apple Music Converter for Mac

ご注意事項:macOS High Sierra以降のOS Xで初めてTuneMobie Apple Music Converterを実行したら、コンピュータの制御のダイアログが表示される可能性があります。「システム環境設定を開く」をクリックして、アクセシビリティのプライバシータブでTuneMobie Apple Music Converterを制御許可のリストに追加する必要があります。拒否されたら、一部の機能は正しく動作できない場合があります。また、曲を変換するために、録音する権限を許可する必要があります。出力ファイルをドキュメントフォルダに保存するに、ドキュメントフォルダに書き込む権限が必要です。Apple Music Converterを起動する時、ダイアログが表示されて、権限を求める時に、許可してください。

プライバシー変更

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

macOS Mojave 10.14.6までのmacOSで、iTunesを利用する場合、音楽(Apple Musicの曲、外部から追加した曲、iTunesストアで購入した曲)、ムービー、ホームビデオ、テレビ番組、ミュージックビデオ、ポッドキャスト、iTunes U、自分で作ったプレイリスト、Apple Musicプレイリスト、オーディオブックなどのメディアが左側パネルにプレイリストとして表示されます。

ただし、macOS Catalina 10.15以降のmacOSで、ミュージックアプリを利用する場合、音楽(Apple Musicの曲、外部から追加した曲、iTunesストアで購入した曲)、自分で作ったプレイリストとApple Musicプレイリストだけが表示されます。

左側パネルでプレイリストまたメディアタイプを選択すると、右側パネルに音楽の名前、長さ、アーティスト、状態、アルバム、タイプなどの情報が表示されます。曲をチェックすると、ジャンル、種類とアートワークが表示されます。曲の名前欄の左端にチェックボックスを入れて曲を選択できます。また、音楽の情報バーにある小さいなチェックボックスをクリックしたし、プレイリストにある全てのファイルを選択できます。また、マウスのドラッグで、簡単に複数の曲を選択できます。

Apple Musicの曲を選択

ご注意事項:macOS 10.9.5 - 10.12.6の場合、Apple Musicを変換するに、事前にApple Musicの曲をiTunesライブラリにダウンロード必要がありますが、macOS 10.13以降では、インターネット接続があれば、ダウンロードしなくても変換ができます。ただし、変換エラーが出た場合、曲をダウンロードしてから変換を再試行してください。

音楽ライブラリに曲数またはプレイリストが多くて、曲をすぐに見つけられない場合、内蔵された検索ボックスで曲名、アルバム或いはアーティストを入力して検索すると、条件に合う曲はすぐに教示されます。

ステップ3:出力形式を選択

下部パネルで「出力設定」と「メタ情報」という二つのタブがあります。「出力設定」タブで出力形式を選択できますし、フォーマットのパラメータを変更またカスタマイズできます。Apple Music Converter(macOS)はMP3、M4A、FLAC、AIFFなど広く使用されている出力音声形式を提供しています。一般的に、互換性が高いMP3またはM4Aを選択したほうがいいです。

M4A出力形式を選択

場合によって、オーディオコーデック、ビットレート、サンプレート、およびチャンネルを変更できます。初心者であり、設定に詳しくない場合、プロファイルのリストでHigh Quality(高音質)の選択をお勧めします。また、このタブで出力フォルダの設定も可能です。デフォルトの出力ファイル名は「曲名アーティスト.mp3」となります。出力ファイル名を一括で改名できます。改名機能について、ステップ4をご覧ください。

「メタ情報」タブで、音楽ファイルのタイトル(曲名)、アーティスト、アルバムアーティスト、アルバムおよびジャンルなどの情報を変更できます。一般的に言って、iTunesで購入した曲とダウンロードしたApple Musicトラックの詳細情報は完全なID3タグが付いていますので、ファイルの情報を変更する必要がありません。楽曲の情報が間違ってまた不完全である場合のみ、この機能の使用をお勧めします。

音楽のメタ情報

問題がなければ、「変換」ボタンをクリックして、変換を直接に開始してもOKです。ただし、オプションの設定項目をチェックしたほうがいいです。これらの設定項目は利用者に役に立てる場合があります。

ステップ4:オプションを変更(必要の場合)

ツールバーにある「オプション」ボタンをクリックすると、「環境設定」ダイアログで幾つかの設定項目が表示されます。ここで「一般」と「上級」タブがあります。

「一般」タブでは出力ファイルの改名・整理ができます。出力ファイル名を変更する時に、{曲名}、{アルバム}、{アーティスト}、{トラック番号}および{ディスク番号}またはハイフン(-)、スペースなどの特殊文字を使用できます。また、ファイルのパスにフォルダを作る場合、スラッシュ(/)を使用してください。例えば、ダウンロードしたApple Musicの曲である「06 Shake It Off.m4p」は「Taylor Swift - Shake It Off.mp3」のように改名できます。Macでお気軽に出力ファイルを整理するために、出力ファイルの名前のルールを設定しましょう。「上級」タブでは一部の出力形式のパラメーターをカスタムして、新しいプロファイルとして保存できます。保存したカスタムプロファイルはプロファイルリストで表示されます。

Apple Music変換のオプションを変更

ご注意事項1:macOS 10.12.6(Sierra)までのmacOSでは、自動的に16倍速で変換します。macOS 10.13(High Sierra)以降では、OSの制限のため、原速しか変換できません。

ご注意事項2:古いバージョンで{曲名}、{アルバム}、{アーティスト}、{トラック番号} 、{ディスク番号}などのタグは英語で表示されます。もし最新版にアップグレードしても、改名・整理のルールは英語で表記された場合、英語のルールを削除して、日本語で表記されたタグを追加する必要があります。さもないと変換に問題が発生する可能性があります。

ステップ5:MacでApple Musicの曲を変換

出力設定とオプションの設定項目の順便ができたら、「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲の変換は始まり、MP3、M4Aに変換されます。

Apple MusicをM4Aに変換

Apple Music変換完了後、「出力先を開く」ボタンが表示されます。ボタンをクリックして出力フォルダを開けます。

Apple Music変換完了

変換完了後、左下隅にある「閉じる」ボタンをクリックすると、TuneMobie Apple Music Converter for Macのメインインターフェースに戻ります。

これで、出力のMP3、M4Aの曲をiTunes・ミュージックアプリのライブラリに追加して、iPad、iPhone、iPod Touch、iPod Nano、iPod Shuffleなどへ転送できます。また、Androidスマホやタブレット、ウォークマン、MP3プレーヤー、Kindleリーダー、Amazon Fireタブレット、DAPなどに入れて再生できます。USBメモリ、USB HDD、SDカードへのコピー、オーディオCD或いはMP3 CDへの書き込み、音声・動画編集ソフト・アプリで音源としての追加などができるようになります。