> 情報局 > iTunes Matchの紹介、Apple MusicとiTunes Matchの違い

iTunes Matchの紹介、Apple MusicとiTunes Matchの違い

分類:Apple Musicニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2019年1月31日

概要

Apple MusicもiTunes MatchもAppleの音楽サービスであります。Apple Musicは聞き放題の定額制のストリーミング音楽でありますが、iTunes Matchは自分の集めた音楽をiCloudミュージックライブラリにアップロードして、できる限り256kbps M4Aに置換されて、あらゆるデバイスで聞けるための音楽サービスです。上限は10万曲です。この記事ではiTunes Matchへの登録方法、Apple MusicとiTunes Matchの違い、Apple Musicの曲からiTunes MatchのM4Aへの変換などを紹介します。Apple Musicの変換には、Apple Music Converterが必要です。

iTunes Matchの紹介とiTunes Matchの登録方法

iTunes Match

Appleが提供している聞き放題の定額制のストリーミング音楽サービスであるApple Musicは周知されています。日本でApple Musicに入会したユーザーもかなり多いです。Apple Musicの提供開始の前に、Appleから音楽を聴くには、iTunesストアで曲またはアルバムを購入する必要があります。ご存知ですか、Apple MusicとiTunesストアの他に、AppleもiTunes Matchという音楽サービスを提供しています。

iTunes Matchは2011年11月にデビューしました。最初利用可能の国は米国だけですが、現在、もう100カ国以上で販売されています。日本に上陸したのは2014年5月2日です。今日本でiTunes Matchを利用するユーザーも増えています。一体iTunes Matchは何ですか。

簡単に言えば、iTunes MatchはCDなどほかの音源から読み込んだ曲、自分が様々なソースから自分で集めた曲などをどのデバイスからでも聞ける音楽サービスです。iTunes Matchを使用する最大のメリットは、パソコン内に保存した大量の音楽はiCloudにアップロードされて、お持ちのデバイスにダウンロードしなくて、保存しなくても持ち歩けることです。Appleはソースを判別しませんから、iTunes Matchに登録した場合、Amazonから購入したMP3、Apple Music ConverterやSpotify Music Converterから変換後のMP3、M4Aなどの出力ファイル、ほかの録音ソフトから取得した音楽なども簡単に自分の全てのデバイスで聞けます。

iTunes Matchを利用するに、年間料金を支払って登録する必要があります。iTunes Matchに登録したい方は、下記の手順をご覧ください。

1. WindowsまたはMacでiTunesを起動します。最新版のiTunesをお勧めします。

2. iTunesのウインドウの上部で「ストア」をクリックします。

3. 表示されたストア画面でボトムにスクロールして、特集(Features)でiTunes Match項目がリストされます。

iTunesストアでのiTunes Match

4. iTunes Matchをクリックすると、iTunes Matchの紹介画面が表示されます。iTunes Matchを利用するに、「年間登録料 ¥3980」ボタンをクリックします。年間料金は自動更新ですが、手動でキャンセルすることができます。

iTunesストアでのiTunes Match

5. iTunesストアビデオ、曲、オーディオブックなどの購入に使用しているApple IDとパスワードを入力してサインインします。

6. この時点で、請求先情報について確認を求められることがあります。有効なお支払い方法を追加した後で、「登録する」をクリックします。iTunes Match の年間登録料の支払いにはストアクレジットを使えます。ただし、有効な支払い方法がアカウントに登録されている必要があります。

7. Appleメディアサービス利用規約に同意します。

8. その後、iTunesライブラリのスキャンが始まります。スキャンの進捗状況は、ステータスインジケータで確認できます。いつでも手動で停止、一時停止、再開などが可能です。処理が終わると、iCloudからダウンロードできる曲の横にダウンロードアイコンが表示されます。ダウンロードアイコンが表示されていない曲は、すでにローカルのiTunesライブラリに収録されています。

これで、iTunes Matchに登録できました。ただし、iTunes Matchをうまく使用するに、幾つかの注意が必要です。

  • iTunes Matchに登録するに、WindowsまたはMacのiTunesを使う必要があります。iOSデバイスでは登録できません。ただし、iOSデバイスではiTunes MatchからiCloudにアップロードした曲やプレイリストをアクセスすることができます。
  • ほかのデバイスにある曲やプレイリストにアクセスするに、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、WindowsパソコンでそれぞれiCloudミュージックライブラリを有効にする必要があります。
  • iTunes Matchで利用可能の曲数の上限は10万曲です。iTunesストアから購入した曲、Apple Musicからすトリムした曲またはダウンロードした曲はこの制限に含まれていません。
  • 200MB以上の曲または2時間以上のファイルはiCloudミュージックライブラリにアップロードされません。
  • iTunesライブラリにあるALAC、WAV、AIFFなど形式の音楽ファイルがある場合、256kbps AACファイルが作成されてアップロードされます。オリジナルの楽曲ファイルはそのままパソコンに残っています。
  • iTunes Storeにマッチする曲が見つかったMP3またはAAC形式の音楽ファイルは、iCloudミュージックライブラリからAAC 256kbpsでダウンロードできます。

Apple MusicとiTunes Matchの共通点と違い

Apple MusicもiTunes MatchもAppleが提供している音楽サービスです。共通点は幾つかがあります。

  • Appleの音楽サブスクリプションサービスであり、年間料金プランがあります。
  • 音質は256kbpsです。AACコーデックでエンコードされます。
  • iCloudミュージックライブラリを有効にする必要があります。
  • Windows、Mac、iPhone、iPad、iPod TouchとApple TVで楽しめます。

しかし、Apple MusicとiTunes Matchの違いも多いです。まったく違ったサービスとも言えます。

  • Apple Musicは学生、個人とファミリーなど三つのプランがあります。iTunes Matchは個人プランだけです。
  • Apple Musicは聴き放題です。利用可能の曲数は無制限です。iTunes Matchで利用可能の曲数は10万曲だけです。
  • Apple Musicの曲はFairPlayというDRM技術で保護されていますが、iTunes Matchからの曲はDRMフリーのM4Aです。
  • Apple MusicはAndroidスマホやタブレットでも利用可能ですが、iTunes MatchはAndroidデバイスで利用できません。
  • Apple Musicをキャンセルすると、期間切れの場合、ダウンロードした曲はiTunesライブラリから消えて、聞けなくなりますが、iTunes MatchからダウンロードしたM4Aの曲はキャンセル後でも消えなくて聞けます。
  • 日本を初め、多くの国にはApple MusicもiTunes Matchも提供されていますが、一部の国ではApple Music或いはiTunes Matchを提供していない場合があります。たとえば、中国や韓国ではApple Musicが提供されていますが、iTunes Matchが提供されていません。バハマ、カタール、ブルキナファソ、モザンビークとナミビアではiTunes Matchが提供されていますが、Apple Musicが提供されていません。

自分の必要に応じて、Apple MusicとiTunes Matchを選択しましょう。

Apple Musicの曲をiTunes MatchのマッチできるMP3/M4A形式に変換する方法

Apple Music Converter

Apple Musicの曲をiTunes MatchのマッチできるMP3、M4A形式に変換したら、Apple Musicをキャンセルしても、iPod Nano/iPod Shuffle、ウォークマン、MP3プレーヤー、Kindle Fireなどお持ちのデバイスでお気に入りのApple Musicの曲を続けて聞けます。そのため、Apple Music Converterが必要です。

Apple Music ConverterはiTunesライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲を無制限で利用可能のMP3、M4Aに変換できるコンバーターです。Apple Music ConverterはApple Musicの曲をロスレスで320kbps MP3、256kbps M4Aに変換して、曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号、アートワークなど全ての曲の情報を丸ごと保持できます。Windows 7/8/8.1/10またはMac 10.9.5 - 10.12.6では最大16倍速で変換できます。macOS 10.13以降のOSでは原速で変換します。

Apple Music Converterは非常に使いやすいです。検索も内蔵されて、曲を簡単に探し出せます。Apple Music ConverterはM4B/AA/AAXオーディオブックの変換、iTunesムービー、テレビ番組とミュージックビデオからの音声抽出にも対応しています。また、曲名、アルバム、アーティストなどのタグ情報とハイフン、スラッシュ、下線などの符号を合わせてルールを設定すれば、出力ファイルの一括改名・整理も可能です。

Apple Music ConverterはiTunesに連動する必要があります。無料体験版は曲ごとに三分まで変換可能です。Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換して、iTunes Matchを通じてiCloudにアップロードしたい方はぜひお試しください。

Apple Music Converterを利用して、Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換する手順は以下です。

ステップ1:Apple Music Converterを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。曲の変換中に、iTunesを操作しないでください。また、変換完了まで、iTunesを閉じないでください。

TuneMobie Apple Music Converter

ステップ2:変換したいApple Musicの曲或いはプレイリストを選択します。必要の場合、内蔵の検索ボックスをご利用ください。

ステップ3:出力形式のリストからMP3或いはM4Aを選択します。プロファイルリストから音質を選択します。256kbps M4Aまたは320kbps MP3に変換したら、ロスレス変換となります。

ステップ4:必要の場合、オプションボタンをクリックして、曲の名前と変換スピードなどを設定できます。

ステップ5:変換ボタンをクリックして、変換を開始します。変換後、「出力先を開く」をクリックして、出力先を開けます。

Apple Music変換中

これで、Apple Musicの曲はMP3、M4Aに変換されました。iPod Nano/Shuffle、ウォークマン、MP3プレーヤー、Kindle Fireタブレットなどで無制限で楽しめます。iTunes Matchを利用している方、出力の曲をiTunesライブラリに追加すれば、iCloudミュージックライブラリにアップロードすることができます。その後、Apple Musicをキャンセルしても、変換されたApple Musicの曲はiTunes Matchを通じて、Windows、Mac、iPhone、iPod Touch、iPadとApple TVなどのデバイスで同時に楽しめます。

Apple Music Converterの製品活用記事