> 活用記事 >Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法

Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法

分類:Apple Music変換|森崎 直子|2021年2月18日|三ヶ月ライセンス2280円からWindows版を購入 | macOS版を購入

概要

音楽、ビデオと様々なファイルを他のパソコンに共有するに、USBメモリは最も便利な方法です。また、USBメモリにある音楽も車で再生できます。ただし、パソコンや車で認識できるUSBメモリにある音楽は普通のMP3、M4A、WAVなどの形式に限っています。暗号化されたApple MusicのM4Pファイルを直接USBメモリにコピーしても、認識できなくて無意味です。Apple Musicの曲をUSBメモリにコピー・保存するに、Apple Music Converterを利用して、Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAVなどに変換する必要があります。

暗号化されたApple Musicの曲をUSBメモリにコピーするのは無意義

クラウドサービスが流行っている今でも、USBメモリは不可欠な存在かもしれません。家の中で、社内で、自分のディスクトップとラップトップの間で、ファイルの共有に、クラウドにより、USBメモリの使用ははるかに便利な場合が多いです。また、インターネットに接続できない場合、ファイルの共有なら、USBメモリも一番良い解決方法です。また、USBメモリに音楽をコピーして、車のUSBポートに差し込んだら、車で音楽も再生できます。USBメモリの腕を発揮することろはまだたくさんあります。

USBメモリの便利さのため、Apple Musicの曲もUSBメモリにコピーしたいユーザーもいます。たとえば、「Apple Musicからダウンロードした曲をUSBに入れて車で聴きたいのですが、どうしたら聴けるようになるか教えて下さい。」という質問がYahoo知恵袋にあります。残念ですが、パソコンにダウンロードしたApple Musicの曲は暗号化されたM4Pファイルです。これらのM4PファイルはApple Musicに登録するApple IDに関連付けられています。たとえUSBメモリにコピーしても、他のパソコンまたは車では認識できません。そして、聴くことも不可能です。他のパソコンと共有する目的も叶えません。

Apple Musicの曲をUSBメモリに保存

USBメモリにコピーした音楽ファイルはMP3、M4A、WAVなど暗号化されていない音楽形式の場合、車のUSBポートに差し込んだら、車で再生できます。つまり、Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAVなどの汎用の音楽形式に変換できれば、問題を解決できます。

幸いなことに、TuneMobie Apple Music ConverterというプロのApple Music変換ソフトを利用すれば、Apple Musicの曲をUSBメモリにコピーできない問題を完璧に解決できます。

TuneMobie Apple Music Converter:Apple Musicの曲をMP3/M4Aに変換

TuneMobie Apple Music Converterは使いやすいインターフェースを持って、充実した機能を搭載しているApple Music変換ソフトです。iTunes・ミュージックアプリに追加・ダウンロードしたApple Musicの曲をUSBメモリにコピー・保存可能のMP3、M4A、WAVなどに変換できます。TuneMobie Apple Music Converterの素晴らしい機能をご覧ください。

TuneMobie Apple Music Converter

  • 音楽ライブラリにあるApple Musicの曲を一括で暗号化されていない形式に変換
  • MP3、AAC、M4A、WAV、AIFF、AC3、FLAC、AUなどの出力形式を用意
  • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号、アートワークなどの曲の情報を丸ごと保持
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで320kbps MP3と256bkps M4Aに変換
  • 曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号、ハイフン、スペースなどを利用、出力を一括改名
  • 出力をアルバム、アーティスト、アーティスト/アルバム、アルバム/アーティストのフォルダに整理
  • 安定のインターネット接続があれば、Apple Musicの曲をダウンロードしなくても変換可能
  • WindowsとmacOS 10.12.6まで最大16倍高速変換、macOS 10.13以降では原速
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応

TuneMobie Apple Music Converterの無料体験版は曲ごとに三分まで変換できます。Apple Musicの曲をUSBメモリにコピー・保存したい方は、ぜひダウンロードして試してください。

Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAVなどに変換して、USBメモリにコピーする手順

TuneMobie Apple Music Converterは非常に使いやすいです。たった幾つかのクリックで、iTunes・ミュージックアプリにあるApple Musicの曲、アルバムとプレイリストを簡単に汎用のMP3、M4A、WAVなどの音声形式に変換できます。また、変換後、出力のファイルをUSBメモリにコピー・保存するために、先にUSBメモリを用意する必要があります。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music ConverterはiTunes或いはミュージックアプリと連動する必要がありますので、Apple Music Converterを実行すると、iTunes或いはミュージックアプリ(macOS Catalina 10.15以降の場合)も自動的に起動されます。その後、音楽ライブラリは読み込まれて、別々のプレイリストとしてApple Music Converterの左パネルとして表示されます。Apple Musicの曲の変換完了まで、iTunes・ミュージックアプリを操作しないで、閉じないでください。

TuneMobie Apple Music Converterインターフェース

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

ミュージックプレイリスト或は別々のApple Musicプレイリストをクリックして、変換したいApple Musicの曲のチェックボックスを入れれば、曲を選択できます。トップのチェックボックスを選択すると、プレイリスト全体は選択されます。必要の場合、内蔵の検索ボックスで曲名、アルバムとアーティストを検索すれば、曲をすぐに探し出せます。

ステップ3:出力形式を選択

TuneMobie Apple Music ConverterはMP3、M4A、WAV、FLAC、AIFFなど幾つかの出力形式を用意しています。USBメモリにコピーして保存・共有するに、汎用性が高くて、音質を保持できて、ファイルサイズを抑えられるMP3或いはM4Aをおすすめします。Apple Musicは256kbpsの暗号化されたAACファイルであるため、320kbps MP3或いは256kbps M4Aを選択したら、ロスレスで変換できます。

Apple Musicの変換出力形式を選択

必要の場合、オプションをクリックして、曲の変換スピード(Windowsのみ)、出力ファイルの音量、改名ルール、フォルダに整理する方法などを設定できます。

ステップ4:Apple Music変換を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲からMP3、M4A、WAVなど指定の出力形式への変換が始まります。変換後、「出力ファイルを開く」をクリックすると、出力先が表示されて、出力ファイルを見つけられます。

Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換

ステップ5:出力ファイルをUSBメモリにコピー

使用しているOSによって、USBメモリのファイルシステムも先に選択してフォーマットしたほうがいいです。Windowsでよく使われているNTFSファイルシステムなら、macOSで読み込みが可能ですが、ファイルの書き込みが不可能です。USBメモリのファイルシステムなら、WindowsでもmacOSでも読み込み・書き込み可能のFAT32(32GBまで)或いはexFAT(32GB以上も対応)にフォーマットしたほうがいいです。

USBメモリをパソコンのUSBポートに差し込んで、リムーバブルドライブとして表示されます。Windowsの場合、USBメモリを右クリックして、「フォーマット」をクリックして、ファイルシステムを選択して、「クイックフォーマット」をチェックして、開始ボタンをクリックすると、フォーマットできます。

USBメモリをフォーマット

macOSの場合、USBメモリはFinderのサイドバーで表示されます。Finderから、アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティの順でクリックして、USBメモリを選択して、上部の「消去」をクリックして、FAT(32GBまで)或いはexFAT(32GB以上も対応)を選択してから、「消去」ボタンをクリックすれば、フォーマットできます。

macOSでUSBメモリをフォーマット

その後、Apple Music Converterの出力先から出力ファイルをUSBメモリにコピーすればいいです。一部のUSBメモリはOTG(On-The-Go)機能に対応しています。USBメモリの前端はUSBポート、後端はOTGポートです。OTGポートをスマホまたはタブレットに差し込んだら、中のApple Musicから変換されたMP3、M4Aなどの曲を聴くことも可能です。

Apple Musicの曲をUSBメモリにコピー・保存したい方は、ぜひApple Music Converterをお試しください。