> 活用記事 >Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法

Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2018年6月13日

概要

Apple Musicの曲を存分にダウンロードして、USBメモリにコピーして、他のパソコンに移行することを考えたことがありますか。また、USBメモリにコピーしたApple Musicの曲を車で再生したいですか。残念ですが、聴き放題サービスと言っても、DRM保護がかかっているため、たとえApple MusicをUSBメモリにコピーしても、他のデバイスでは認識できません。正しい方法はApple Musicの曲をMP3に変換した後、出力のMP3をUSBメモリにコピーすることです。そのために、Apple Music MP3変換であるApple Music Converterを利用する必要があります。

Apple MusicのM4PファイルをUSBメモリにコピーするのは無意義

「Apple Musicからダウンロードした曲をUSBに入れて車で聴きたいのですが、どうしたら聴けるようになるか教えて下さい。」という質問がYahoo知恵袋にあります。実は、ダウンロードしたApple Musicの曲はDRM保護付きのM4Pファイルです。これらのM4PファイルはApple Musicに登録するApple IDと関連つけられています。たとえUSBに入れても、他のパソコンまたは車で聴けません。iTunesストアから購入したM4A曲とは違います。

Apple Musicの曲をUSBメモリに保存

インターネット接続があるパソコンにApple Musicの曲を移行するに、iTunesをインストールして、関連付けるApple IDアカウントをログインして、iCloudライブラリを有効にしたら、他のパソコンでiTunesライブラリに追加したApple Musicの曲が表示されます。ストリームして再生したり、ダウンロードして再生したりすることができます。わざわざとApple Musicの曲をUSBに入れる必要がありません。入れても利用できません。他のインターネットのパソコンにApple Musicの曲を移行するに、先にMP3に変換して、出力のMP3をUSBに入れる必要があります。

Apple Musicの曲をUSBにコピーして、USBメモリを車のUSBポートに差し込んでも、再生できません。この場合も、Apple Musicの曲をMP3に変換して、出力のMP3をUSBにコピーする必要があります。

Apple MusicのM4PファイルをMP3に変換できるApple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterは強力なApple Music DRM解除ソフトであり、Apple MusicのM4Pファイルをロスレスで汎用のMP3に変換できます。出力のMP3ファイルをUSBにコピーすれば、車で聴けます。他のパソコンに移行するにも便利です。Apple Music Converterの素晴らしい機能をご覧ください。

Apple MusicをMP3に変換

  • Apple Musicの曲をロスレスでMP3、M4Aに変換、またAC3、FLAC、AU、MKA、AIFFなどの出力形式にも対応
  • Apple Musicの曲のタイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号、アートワークなどの情報を丸ごと保持
  • Windows版なら、iTunesライブラリに追加してダウンロードしていない曲も直接変換可能
  • Windows 7/8/8.1/10またはMac 10.9.5 - 10.12.6で16倍速変換に対応、Mac 10.13では原速
  • 曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号などのID3タグとキャラクターを利用して、出力ファイルを一気に分類・改名
  • 内蔵の検索ブックスを利用して、変換したい曲をすぐに探し出す
  • 最新のWindows 10、macOS MojaveとiTunesバージョンに対応

Apple Music Converterの無料体験版は曲ごとに三分まで変換できます。ぜひインストールして体験してください。

Apple MusicをMP3に変換して、USBメモリにコピーして利用と保存する方法

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

Apple Music ConverterはiTunesと連動する必要があります。ですが、Apple Music Converterを実行すると、iTunesも自動的に起動されます。MP3への変換が完了まで、iTunesを閉じてはいけません。

TuneMobie Apple Music Converterインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

ミュージックプレイリスト或は別々のApple Musicプレイリストから変換したいApple Musicの曲を選択します。トップのチェックボックスを選択すると、プレイリスト全体は選択されます。必要の場合、内蔵の検索ボックスを利用できます。

ステップ3:出力形式を選択

Apple Music Converterは八つの出力形式を用意しています。USBに入れて保存するには、規定で汎用のMP3はおすすめです。Apple Musicの音質は256kbpsですから、音質を保持したい方は320kbps MP3を選択してください。

Apple Musicの変換出力形式を選択

必要の場合、オプションをクリックして、曲の変換スピードまたは出力MP3のファイルの名前を設定できます。

ステップ4:Apple Musicの曲をMP3に変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲からMP3ファイルへの変換が始まります。変換後、「出力先を開く」をクリックすると、MP3ファイルの保存先を開けます。

Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換

ステップ5:出力MP3ファイルをUSBにコピー

USBメモリをパソコンのUSBポートに差し込んで、リムーバブルドライブとして表示されて、Apple Musicから変換したMP3ファイルをコピーして、USBメモリにペーストします。これで、Apple Musicの曲を簡単に車で聴けるになります。

一部のUSBメモリはOTG(On-The-Go)機能に対応しています。USBメモリの前端はUSBポート、後端はOTGポートです。OTGポートをスマホまたはタブレットに差し込んだら、中のApple Musicから変換したMP3の曲を聴くことも可能です。Apple Musicの曲をUSBメモリにコピーしたい方は、ぜひApple Music Converterをお試しください。

Apple Music Converterの製品活用記事