> 活用記事 > Apple Musicの曲をiMovieプロジェクトにBGMとして入れる方法

Apple Musicの曲をiMovieプロジェクトにBGMとして入れる方法

分類:Apple Music変換|森崎 直子|2021年5月25日|一ヶ月ライセンス1980円からWindows版を購入 | macOS版を購入

概要

iMovieとは、アップルの提供する無料動画編集・作成ソフトであり、iOSまたはMacで使えます。iMovieを使って、BGMを入れて、写真やビデオクリップを驚くほど美しい映画や予告編に作成することが可能です。しかし、一部のiMovieユーザーは気に入りのApple Musicの曲をiMovieプロジェクトにバックグラウンド音楽として入れようと、失敗しました。これはApple MusicのDRM保護のためです。Apple MusicをiMovieに取り込むには、Apple Music Converterを利用して、iMovieが対応可能のMP3、M4AとAIFFなどの音声形式に変換する必要があります。

Apple Musicの曲を直接にiMovieプロジェクトのBGMとして取り込むのは不可能

iMovie

Appleが無料で提供する動画編集ソフトのiMovieはMacでもiOSでも使えます。最近YouTubeとニコニコ動画の盛り上がりのため、自分で動画を作成したいユーザーも増える一方です。従って、iMovieを利用して、動画を作成して、皆と共有する人も増えてきます。

iMovieを使って、動画と写真を並んで一つのムービーに作成できます。また、予告編の作成、字幕の挿入、写真と動画の重ね、バックグラウンド音楽(BGM)の追加などに対応しています。BGMと言ったら、iTunes(macOS Mojave 10.14まで)・ミュージック(macOS Calinta 10.15以降の場合)ライブラリ、サウンドエフェクトとGarageBandなどが利用可能です。しかし、iTunes・ミュージックの音楽ライブラリにあるApple Musicの曲なら、iMovieのオーディオタブをクリックすれば、エラーメッセージが表示されます。macOS Mojave 10.14.6までは「xxx個のファイルが保護されていて、利用できません」というメッセージがあります。macOS Catalina 10.15以降の場合、「xxx個のファイルが再生できず、利用できません」という警告になります。いずれもライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲を指しています。つまり、Apple Musicの曲はiMovieプロジェクトのBGMとして取り込むのは不可能です。

iMovieでApple Musicを取り込めません

iPhoneまたはiPadの場合、iMovieのプロジェクトに、BGM音楽を追加するに、プレビューウィンドウの下にある「+」ボタンをタプして、「オーディオ」をタップして、「サウンドトラック」、「マイミュージック」、「サウンドエフェクト」が表示されます。「サウンドトラック」と「サウンドエフェクト」はAppleが用意したものです。自分の音楽ライブラリからお気に入りの曲を追加するに、「マイミュージック」をタップして、プレイリスト、アルバム或いは曲のリストから曲を選択しましょう。

iMovieで音楽を追加するステップ

曲のリストで、Apple Musicの曲には禁止された雲のようなアイコンが表示されています。あるApple Musicの曲をタップすると、「曲が利用できません」、「この曲はDRMで保護されているため、iMovieでは使用できません」というエラーメッセージが表示されています。ただし、普通のMP3/M4Aをタップすると、曲が再生されて、追加ボタンが表示されます。

iMovieで音楽を追加

iMovieに取り込み可能のオーディオ形式は、MP3、M4A、WAV、AIFFなどです。ですので、他のソースからiTunes・ミュージックライブラリに追加したMP3とM4A形式の曲、iTunesストア購入した曲(M4A形式)などはiMovieプロジェクトのBGMとして使用可能です。しかし、ダウンロードしたApple Musicの曲はDRM保護付きのM4Pファイルです。iMovieはApple MusicのDRM保護を検出できて、利用することを許可していません。

だから、お気に入りのApple Musicの曲をiMovieで使うために、iMovieが対応可能のMP3、M4A、AIFFなどの形式に変換する必要があります。幸いなことに、TuneMobie Apple Music ConverterというApple Music DRM解除ソフトを利用したら、簡単にApple Musicの曲をiMovieのBGM形式に変換できます。

Apple Music Converter:Apple Musicの曲をiMovie対応のBGM形式に変換可能

TuneMobie Apple Music Converterは、iTunes・ミュージックの音楽ライブラリにあるApple Musicの曲からDRMを解除して、MP3、M4A、AIFF、WAVなどの汎用の音声形式に変換できます。iMovieはiTunes・ミュージックアプリの音楽ライブラリを読み込めますので、Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAV、AIFFなどに変換して、iTunes・ミュージックに追加すれば、iMovieでBGMとして使えるようになります。まず、TuneMobie Apple Music Converterの素晴らしい機能をご覧ください。

TuneMobie Apple Music Converter

  • Apple Musicの曲をiMovieに取り込み可能のMP3、M4A、AIFF、WAVの音声形式に変換
  • 必要の場合、Apple Musicの曲をAC3、AU、MKA、FLACなどの音声形式にも変換可能
  • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号などのID3タグとアートワークを丸ごと保持
  • 256kbpsのApple Musicをロスレスで320kbps MP3と256bkps M4Aに変換
  • 曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号、ハイフン、スペースなどを利用、出力を一括で改名
  • 出力の音楽ファイルをアルバム、アーティスト、アーティスト/アルバムのフォルダに整理
  • WindowsとmacOS 10.12.6まで最大16倍高速変換、macOS 10.13以降では原速
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応

TuneMobie Apple Music Converterの無料体験版は曲ごとに三分まで変換できます。iMovieにお気に入りのApple Musicの曲を追加したい方は、ぜひ無料体験版をダウンロードして試しましょう。

Apple Musicの曲をMP3、M4A、AIFFなどに変換してからiMovieでBGMとして使う

TuneMobie Apple Music Converterは非常に使いやすいです。Apple Musicの曲をiMovieのBGM形式のMP3/M4A/AIFFなどに変換するに、手順も簡単です。下記の説明をご覧ください。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterをインストールして実行すると、iTunes或いはミュージックアプリ(macOS 10.15 Catalina以降の場合)も自動的に起動されます。iTunes・ミュージックライブラリはソフトの左パネルでプレイリストとして表示されます。Apple Musicの曲なら、「ミュージック」プレイリストと別々のApple Musicプレイリストにあります。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

プレイリストをクリックして、Apple Musicの曲のチェックボックスを入れて、曲を選択できます。なお、変換したいApple Musicトラックを見つけない時に、内蔵された検索ボックスに曲のタイトル、アーティスト或はアルバム名前で検索したら、すぐに探し出せます。

ステップ3:iMovie対応可能の出力形式を選択

Apple Music Converterは汎用の出力音声形式を用意しました。その中に、MP3、M4A、WAVとAIFFはiMovieが対応可能です。iMovieのBGMとして取り込む時、いずれを選択しても良いですが、非圧縮のAIFF形式はお勧めします。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:Apple Musicの曲を変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲から指定の出力への変換が始まります。変換完了後、「出力先を開く」をクリックして出力の音楽ファイルが表示されます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

ステップ5:変換されたApple Musicの曲をiMovieで使う

iMovieは自動的にiTunes・ミュージックライブラリを読み込めますので、出力のMP3、M4A、WAV或はAIFFのファイルをiTunes・ミュージックライブラリに追加すると、iMovieで表示されて利用できるようになります。iTunesの場合、メニューの「ファイル」>「ファイルをライブラリに追加」から出力ファイルをライブラリに追加できます。ミュージックアプリケーションの場合、メニューは「ファイル」>「読み込む」となります。後、曲を作業区域の音声トラックにドラッグして、BGMとして取り込むことが可能です。必要の場合、曲の位置の調整とカットなどができます。

変換されたApple Musicの曲をiMovieでBGMとして使用

ヒント:出力ファイルはID3タグを保持できるため、元のApple Musicの曲と同時にiTunes・ミュージックライブラリに共存すると、重複のファイルの様子がします。変換されたApple Musicの曲はiTunesライブラリから削除したほうがいいかもしれません。削除したくない場合、iMovieで同じ名前のファイルが二つ表示されますが、BGMとして利用可能の曲は出力のファイルと判断できます。元のApple Musicの曲をドラッグ&ドロップしても反応がありません。

変換されたApple Musicの曲をiTunes・ミュージックアプリに追加したら、iCloudミュージックライブラリの同期によって、iPhone/iPadでの音楽ライブラリに反映されます。iPhone/iPadでiMovieの音楽追加のステップを従って、変換されたApple Musicの曲を追加すればいいです。iOS版のiMovieでは、簡単に追加できる音楽を判別できます。音楽の追加後、音楽トラックはムービーの下に表示されます。音楽をタップすると、分割、フォアグラウンド、倍速、音量などの編集が可能です。

BGM付きのiMovieプロジェクト

BGMの追加、ムービーの編集、テーマの適用などの作業が完了したら、iMovieでムービーを作成できます。ビデオとして保存、Instagram、他の編集アプリへの送信などが可能です。これで問題なくApple Musicの曲がiMovieプロジェクトに使用されて、生き生きしたムービーを作成できます。

結論とヒント

暗号化されたApple Musicの曲は、Apple Music Converterを通じて、汎用のMP3、M4A、AIFFなどに変換すると、iMovieでBGMとして取り込むことが可能です。もちろん、iMovieだけではなく、Filmora、Sony Vegas、Final Cutなど様々なビデオ編集ソフトでもBGMとして使用可能です。Apple Musicの曲をiMovieのBGMとして取り込みたい方は、ぜひApple Music Converterをダウンロードして試しましょう。