TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterの操作ガイド

TuneMobie Apple Music Converterは使いやすいApple Music変換ソフトであり、iTunesライブラリに追加したApple Musicの曲のDRM保護を簡単に解除して、ロスレスでApple Musicの曲をMP3、M4A、WAVなどの普通の音声形式に変換できます。その他に、iTunes音楽、オーディオブックの変換、iTunes動画の音声抽出なども可能です。この操作ガイドではTuneMobie Apple Music Converterの詳しい使い方を紹介します。操作ガイドの最後にビデオガイドもあります。ぜひご参考ください。

ご注意:以下の操作ガイドは最新版に適用できます。古いバージョンなら、インターフェースまたは機能は違いがあるかもしれません。古いバージョンを利用している方は、最新版にアップグレードしてください。最新版のバージョン番号は動作環境ページで確認できます。最新版にアップグレードするに、下記のような二つの無料の方法を利用できます。どの方法を利用しても、ライセンスキーの再登録は不要です。

1. TuneMobie Apple Music Converterのメニューで、「ヘルプ」>「アップデートをチェック」をクリックして、表示されたアップデートのダイアログから最新版をダウンロードしてインストールします。

2. 機能一覧ページで「無料体験」ボタンをクリックして、最新版をダウンロードして、インストールして、古いバージョンを上書きすればいいです。無料体験ボタンは常に最新版にリンクしています。

ステップ1: TuneMobie Apple Music Converterを起動

インストール完了後、TuneMobie Apple Music Converterを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。その前、実行中のiTunesを閉じてください。iTunesライブラリで曲数が多い場合、最初の実行に数分間がかかるかもしれません。読み込みに時間がかかると、「更新する」ボタンをクリックしてください。

音楽(Apple Musicの曲、外部から追加した曲、iTunesストアで購入した曲)、ムービー、ホームビデオ、テレビ番組、ミュージックビデオ、ポッドキャスト、iTunes U、自分で作ったプレイリスト、Apple Musicプレイリスト、オーディオブックなどのメディアが左側パネルにプレイリストとして表示されます。

デフォルトでは、インターフェースに三つのパネルが表示されます。下図のように、左側パネル、右側パネルと下側パネルです。右上隅にある三つのボタンをクリックすると、パネルを表示・非表示にすることができます。

TuneMobie Apple Music Converterを起動

ステップ2: Apple Musicの曲を選択

左側パネルでプレイリストを選択すると、右側パネルにトラックの名前、長さ、アーティスト、状態、アルバム、タイプなどの情報が表示されます。楽曲をクリックすると、ジャンルと種類も表示されます。楽曲の名前欄の左端にチェックボックスがあり、チェックして楽曲を選択することができます。選択した曲は開始時間と停止時間を指定して変換することができます。

プレイリストにある全ての楽曲を選択したい場合では、情報バーにあるチェックボックスをチェックしてください。再度クリックすると、選択状態が解除することになります。

楽曲はどのプレイリストにあるかを忘れた場合、ツールバーにある検索ボックスを利用してください。音楽の曲名、アルバム、アーティストなどを入力して検索すると、すぐに条件に合う曲を探し出せます。

TuneMobie Apple Music Converterで曲を選択

ステップ3: 出力形式を選択

下側パネルで「出力設定」と「メタ情報」という二つのタブがあります。「出力設定」タブで「出力形式」のリストから出力形式を選択できます。「プロファイル」から音質を選択できます。また、出力形式のパラメータを変更またカスタマイズすることができます。Apple Music ConverterはMP3、M4A、WAV、AIFF、FLAC、AC3、AU、AACなどの出力音声形式を提供しています。一般的に言って、汎用性の最も高いMP3或いはM4Aをおすすめします。

出力形式を選択

場合によって、コーデック、ビットレート、サンプレート、およびチャンネルを変更することができます。これらのパラメータに詳しくない場合、プロファイルでHigh Quality(高音質)を選択することをおすすめします。また、このタブで出力フォルダを選択することができます。デフォルトの出力ファイルの名前は「曲名.mp3」となります。「オプション」で設定すると、出力ファイルの名前の一括変更と整理ができます。

「メタ情報」タブで、ファイルのタイトル(曲名)、アーティスト、アルバムおよびジャンルなどの情報を変更することができます。一般的に言って、iTunesストアから購入した曲とダウンロードしたApple Musicの曲なら、全ての音楽情報が付いていますので、ファイルの情報を変更する必要がありません。外部から追加した曲の情報は不完全な場合、ここで必要な情報を追加・変更することができます。

メタ情報を変更

もし設定に問題がなければ、直接に「変換」ボタンをクリックすると、変換が始まります。ただし、変換する前に、「オプション」での設定項目を見たほうがいいです。これらの設定項目を利用すれば、ソフトの機能を十分に発揮できて、便利さをもたらせます。

ステップ4:オプションを変更(必要の場合)

ツールバーにある「オプション」ボタンをクリックすると、環境設定ダイアログが表示されます。ここで、出力ファイルの音量は50%から200%まで調整できますし、変換スピードは1倍から16倍まで調整できます。速いスピードは一括変換に非常に役立ちますが、出力に品質の問題がある場合または「再生エラー」になった場合、変換スピードを下げる必要があります。

出力ファイルをフォルダに整理する方法のリストではなし、アーティスト、アルバムまたはアーティスト/アルバムのフォルダを選択できます。整理したくない場合はなしを選択すればいいです。

出力ファイルの改名ではなし、ハイフン(-)、スペース-スペース( - )、曲名、アルバム、アーティストとトラック番号などを利用して、出力ファイルを一括で改名することができます。ただし、ルールには曲名或いはトラック番号が必要です。さもないと、ルールが適用できません。もしフォルダに整理する方法をアルバムにして、改名方法をアーティスト、スペース-スペース、曲名に設定した場合、iTunesメディアフォルダにあるApple Musicの曲のパスとデフォルトの出力先にあるMP3ファイルのパスは以下のようになります。例はアーティストTaylor Swiftのアルバム1989 (Deluxe)にある6番目のShake It Offという曲です。

Apple Music
C:\Users\(ユーザーネーム)\Music\iTunes\iTunes Media\Apple Music\Taylor Swift\1989 (Deluxe)\06 Shake It Off.m4p
MP3出力
C:\Users\(ユーザーネーム)\TuneMobie Apple Music Converter\1989 (Deluxe)\Taylor Swift - Shake It Off.mp3

Apple Music Converter オプション

ステップ5: Apple Music変換を開始

出力設定とオプションの変更ができたら、インターフェースでの「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲は指定された音声形式に変換されます。ファイルが変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先が表示されて、出力ファイルを見つけられます。

Apple Musicの曲を変換

これで、Apple Musicの曲、オーディオブックとほかのソースはMP3、M4A或いはほかの指定の形式に変換できるようになりました。出力のMP3、M4Aの曲をiTunesライブラリに追加して、iPad、iPhone、iPod Touch、iPod Nano、iPod Shuffleなどへ転送できます。また、Androidスマホやタブレット、ウォークマン、MP3プレーヤー、Kindleリーダー、Amazon Fireタブレット、DAPなどに入れて再生できます。USBメモリ、USB HDD、SDカードへのコピー、オーディオCD或いはMP3 CDへの書き込み、音声・動画編集ソフト・アプリで音源としての追加などができるようになります。

TuneMobie Apple Music Converterのビデオガイド