> 活用記事 > Apple Music MP3変換のメリットと方法

Apple Music MP3変換のメリットと方法

分類:Apple Music変換|森崎 直子|2021年1月28日|三ヶ月ライセンス2280円からWindows版を購入 | macOS版を購入

概要

Apple Musicからダウンロードした曲は暗号化されたM4Pファイルであり、様々な制限があります。もしApple Musicの曲をMP3形式に変換できたら、制限を突破できて、様々なメリットを楽しめます。ただし、変換機能を搭載しているiTunes・ミュージックアプリではApple Musicの曲をMP3形式に変換できません。何かApple MusicをMP3に変換する方法があります。答えはプロのApple Music MP3変換ソフトであるTuneMobie Apple Music Converterです。この記事ではApple Music MP3変換のメリットと方法を紹介します。

Apple Musicの曲をMP3に変換するメリット

Apple MusicをMP3に変換

Apple Musicを利用するに、WindowsとmacOSではiTunes 12.2.2以降が必要です。携帯デバイスなら、iOS 8.4+またはAndroid 4.3+以降である必要があります。デバイスはApple IDに関連付けられる必要があります。また、Apple Musicからダウンロードした曲は暗号化されたM4Pファイルであるため、再生、書き込み、保存と利用などでは様々な制限があります。Apple Musicの制限を解除するに、汎用性の高いMP3形式に変換する必要があります。Apple Musicの曲をMP3形式に変換したら、下記のメリットがあります。

  • iPod Touch 4、iPod Nano/Shuffle、PSP/PS4/PS5、ウォークマン、MP3プレーヤー、DAPなど様々なデバイスで再生
  • SDカード、USBメモリ、USB HDDなどのストレージデバイスまたはGoogleドライブ、OneDriveなどのクラウドストレージで保存
  • オーディオCD、MP3 CDに書き込める
  • Seraro DJ、GarageBandなどの音声編集ソフト・アプリで音源として追加
  • iMovie、Final Cut Pro X、Vivavideo、Cutecutなどの動画編集ソフト・アプリでBGMとして追加
  • Apple Musicサービスを解約しても、お気に入りのApple Musicの曲を続いて再生

Apple Music MP3変換はそんなに多くのメリットがありますので、「どうすればApple Musicの曲をMP3形式に変換できるのか」のような質問は絶えません。iTunes・ミュージックアプリは音声変換機能を搭載しているため、iTunes・ミュージックアプリを使って、Apple MusicをMP3に変換しようとするユーザーも多いです。残念ですが、結論から言えば、iTunes・ミュージックはApple Musicの曲をMP3形式に変換できません。

変換機能を搭載するiTunes・ミュージックはApple MusicをMP3に変換できない

iTunes・ミュージックアプリは音声変換機能を搭載しています。ここではiTunes・ミュージックの音楽ライブラリにあるM4A或いは他の形式をMP3に変換する手順を従って、Apple Musicの曲をMP3に変換して見ましょう。こうすれば、iTunes・ミュージックアプリはApple Music MP3変換ができるかどうか、検証できます。

ステップ1:Windowsの場合、iTunesを起動して、メニューの「編集」>「環境設定」をクリックします。macOS Catalina 10.15以降の場合、ミュージックアプリを起動して、メニューバーの「ミュージック」>「環境設定」をクリックします。

ステップ2:iTunesなら、表示された一般環境設定のダイアログの「一般」タブで、「読み込み設定」ボタンをクリックします。ミュージックアプリの場合、「ファイル」タブで、「読み込み設定」をクリックします。

ステップ3:表示された読み込み設定のダイアログで、「読み込み方法」のリストから「MP3エンコーダ」を選択します。下の設定でMP3出力の音質(128kbps、160kbpsと192kbps)を選択できます。「カスタム...」をクリックする場合、MP3のビットレートを256kbps/320kbpsに設定しても可能です。「OK」ボタンをクリックして、設定を適用します。

iTunesのMP3エンコーダ設定

ステップ4:iTunes・ミュージックアプリの音楽ライブラリで、変換したいApple Musicのファイルを選択して、メニューの「ファイル」>「変換」>「MP3バージョンを作成」をクリックして、Apple Musicの曲をMP3に変換します。

iTunesでApple MusicをMP3に変換

はたして、結果はどうなるのか。残念ですが、「保護されたファイルは他のフォーマットに変換できないため、○○○は変換できませんでした」というエラーメッセージが表示されます。

iTunesでApple Music MP3変換の失敗

これで、iTunes・ミュージックアプリでの変換機能は暗号化されていない音楽向けのことが分かりました。ただし、この実験はApple Music MP3変換が不可能なことを意味していません。実は、Apple Musicの曲をMP3に変換するに、幾つかの方法もあります。

通常のApple Music MP3変換の方法

Apple Musicはストリーミング音楽配信サービスであり、MP3に変換するに、通常の方法はApple Musicの曲を再生しながら、Windows/macOSでの録音ソフトを利用して、録音をMP3に保存することです。

Windows或いはmacOSでApple Musicの曲を再生するに、一般に二つの方法があります。一つはiTunes・ミュージックアプリを利用することです。もう一つのChrome、Firefox、Safari、Microsoft Edgeなどのモダンなブラウザーを利用して、Apple Musicウェブプレーヤーで曲を再生することです。この二つの方法に応じて、二つの種類のApple Musicの録音ソフトもあります。

一つはLeawo Music Recorder、Apowersoftストリーミング音声録音などの録音ソフトです。手動でApple Musicの曲の再生と停止を繰り返してクリックして、録音ソフトで録音ボタンをクリックして、録音を開始・停止する操作で、Apple Musicの曲をMP3ファイルとして録音します。しかし、この方法では曲の情報をよく保持できません。また二つの曲が結合された欠点もあります。変換スピードも遅くて、時間がかかります。

iTunesでApple Music MP3変換の失敗

もう一つの方法はApple Musicウェブプレーヤーを内蔵のブラウザーで録音することです。TunePat Apple Music Converterはこの仕組みを利用しています。しかし、サードパーティーのソフトに内蔵されたブラウザーで大切なApple IDとパスワードを入力するのは、本当に安全でしょうか。また、インターネットに接続できない時、Apple Musicウェブプレーヤーも利用できないため、Apple Music MP3変換は全然不可能になります。

この二つのApple Music MP3変換は中途半端なやり方と言っても過言ではありません。幸いなことに、TuneMobie Apple Music ConverterというプロのApple Music変換ソフトを利用すれば、Apple Music MP3変換も想像より容易なことになります。

TuneMobie Apple Music Converter:最強Apple Music MP3変換ソフト

TuneMobie Apple Music ConverterはiTunes・ミュージックアプリと連動するApple Music変換ソフトであり、iTunes・ミュージックアプリに追加・ダウンロードしたApple Musicの曲、アルバムとプレイリストをわずかのクリックで一気にMP3、M4A、WAVなどに変換できます。iTunes・ミュージックアプリと連動するため、Apple IDとパスワードの入力は不要で、Apple Musicの曲の情報と丸ごと保持できます。正に完璧なApple Music MP3変換のソリューションです。TuneMobie Apple Music Converterの素晴らしい機能をご覧ください。

TuneMobie Apple Music Converter

  • Apple Musicの曲、アルバムとプレイリストを最高の互換性のあるMP3形式に変換
  • M4A、WAV、AIFF、AC3、FLAC、AUなどの出力形式を用意
  • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号などのID3タグとアートワークを丸ごと保持
  • 256kbpsのApple Musicをロスレスで320kbps MP3と256bkps M4Aに変換
  • 曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号、ハイフン、スペースなどを利用、出力を一括で改名
  • 出力の音楽ファイルをアルバム、アーティスト、アーティスト/アルバムのフォルダに整理
  • 安定のインターネット接続があれば、Apple Musicの曲をダウンロードしなくても変換可能
  • WindowsとmacOS 10.12.6まで最大16倍高速変換、macOS 10.13以降では原速
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応

TuneMobie Apple Music Converterの無料体験版は曲ごとに三分まで変換できます。Apple Music MP3変換の方法を探している方、ぜひ無料体験版をダウンロードして試してください。

Apple Music Converterを使って、Apple Musicの曲をMP3形式に変換する手順

TuneMobie Apple Music Converterを使って、Apple Musicの曲をMP3に変換するのは、非常に安いです。Apple Music MP3変換を開始すると、変換完了まで待つことだけです。下記の手順をご覧ください。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterを実行すると、iTunes或いはミュージックアプリ(macOS Catalina 10.15以降の場合)も自動的に起動されます。音楽ライブラリは読み込まれて、プレイリストとして、左パネルで表示されます。Apple Music MP3変換完了まで、iTunes・ミュージックアプリを操作しないで、閉じないでください。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

左パネルでプレイリストをクリックすると、ぞれぞれのApple Musicの曲のチェックボックスが表示されます。複数のApple Musicの曲を選択したい時に、チェックボックスを入れればいいです。プレイリストのトップにあるチェックボックスをいれると、プレイリスト全体を選択できます。変換したいApple Musicの曲を見つけない時に、内蔵された検索ボックスに曲名、アーティスト或はアルバムを検索したら、結果がすぐに表示されます。

ステップ3:出力形式をMP3にする

Apple Music Converterのデフォルトの出力形式はMP3です。もしMP3は選択されていない場合、下部のパネルにある出力形式リストで「MP3 - MPEG-1 Audio Layer 3」を選択してください。ロスレスでMP3ファイルに変換したいと、「MP3 - High Quality (48000Hz, Stereo, 320kbps)」を選択してください。

Apple Musicの出力形式を選択

必要の場合、オプションをクリックして、Apple Music MP3変換のスピード(Windows版のみ)、出力の音量、改名方法と整理方法などを設定できます。

ステップ4:Apple Music MP3変換を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲からMP3への変換が始まります。変換が完了した後、「出力ファイルを開く」をクリックする、出力先が表示されて、出力先にあるMP3ファイルを見つけられます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

Apple Musicの曲をMP3に変換したら、様々な制限を突破できて、様々なメリットを楽しめます。ただし、Apple Music MP3変換をうまく行えるに、正しいソフトを選択する必要があります。TuneMobie Apple Music Converterは最強なApple Music変換ソフトにちがいません。Apple Musicの曲をMP3に変換したい方、ぜひTuneMobie Apple Music Converterの無料体験版をダウンロードして試しましょう。

ビデオでApple Music Converterの操作ガイドを見る