> 情報局 > M4Pフォーマットとは?M4Pフォーマットの豆知識と変換方法

M4Pフォーマットとは?M4Pフォーマットの豆知識と変換方法

分類:Apple Musicニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2018年9月19日

概要

2015年7月Apple Musicという定額制ストリーミング音楽サービスの提供以来、M4Pフォーマットに関する質問も増えています。簡単に言えば、パソコンまたはiPhone、iPad、Android携帯電話にダウンロードしたオフラインで聴けるアップルミュージックはM4Pファイルです。現時点M4PフォーマットもApple Musicだけに使われています。ただし、2009年3月の前に、AppleもM4Pフォーマットを採用したことがあります。この記事ではM4Pフォーマットの豆知識と変換する方法を紹介します。M4Pを変換できるのはApple Music Converterというソフトです。

M4Pフォーマットの豆知識

M4P(*.m4p)はAppleの音楽形式に使われている拡張子の一つです。通常に使ったM4A(*.m4a)ともAACコーデックでエンコードされました。M4Pという拡張子で、M4はMPEG-4を指して、PはProtected(保護された)或いはProtection(保護)を指しています。つまり、M4Pとは保護されたMPEG-4音声形式です。これで、「M4PとM4Aの違いは何だ」という質問にも答えられます。

ダウンロードしたApple MusicのM4Pファイルは使用中のApple IDに関連付けられています。たとえダウンロードしたM4Pファイルを他人に送っても無意味です。もしApple Musicをキャンセルして、有効期間を終了する前に、M4PファイルをUSBメモリ、SDカード、USB HDDドライブなど他の場所に移行・コピーしても無意味です。

M4P音楽フォーマット

現時点、M4P形式はApple Musicのフォーマットだけとして使われて、他のアプリとプログラムに使われていません。WindowsまたはMacのiTunesライブラリにApple Musicの曲をダウンロードしたら、ダウンロードしたM4PファイルはiTunesメディアフォルダのApple Musicフォルダのアーティストのフォルダの中にアルバムのフォルダに保存されます。一般にApple MusicのM4Pファイルのファイル名は「トラック番号 曲名.m4p」となっています。

例をあげましょう。仮にiTunesメディアフォルダは「D:\iTunes Library」に設定した場合、アーティストDrakeの「More Life」のアルバムでの第3曲「Passionfruit」をダウンロードしたら、「03 Passionfruit.m4p」というM4Pファイルは「D:\iTunes Library\Apple Music\Drake\More Life」に保存されるとなります。iTunesメディアフォルダはiTunesのメニュー「編集」 > 「環境設定」 > 「詳細」タブで変更可能です。

M4PフォーマットはApple Musicから初めて使うことではありません。2009年3月AppleはDRM保護されていないM4Aフォーマットの音楽の販売を開始した前に、iTunesストアで販売された音楽もM4Pフォーマットでした。でも、同じM4P拡張子を利用しても、異なる点も多いです。

iTunesストアのM4P音楽とApple MusicのM4Pファイルの異同

M4Pフォーマット

昔のiTunesストアのM4P音楽は一曲ずつ或いはアルバムずつを購入する必要があります。一曲の価格は150円 ~ 250円です。購入したら、所有権は自分に属します。オーディオCDに書き込むことが可能です。iPod Shuffle/Nano/Classic、iPhoneとiPadで聞けますが、Android携帯電話で聞けません。

今のApple MusicのM4P音楽は、月額980円(学生プラン480円)或いは年額を支払ったら、所在地に提供している曲を無制限でダウンロードできます。したし、ダウンロードしたM4Pファイルは使用権だけです。購読の期間は聞けますが、購読をキャンセルして、有効期間が終了したら、iTunesライブラリから消えます。もちろん、オーディオCDにも書き込めません。iPod Nano/Shuffle/Classicで利用不可ですが、Android携帯電話でApple Musicアプリをインストールしたら、利用可能です。

共通点から言えば、いずれもAACコーデックでエンコードされ、256kbpsの音質で、DRM保護がかかっています。いずれもPSP、ウォークマン、他のMP3プレーヤーで聞けません。ただし、いずれもApple Music Converterを通じて、MP3/M4Aに変換できます。下記でiTunesストアのM4P音楽とApple MusicのM4Pファイルの異同です。

M4Pソース iTunesストア(2009年3月の前) Apple Music(2015年7月以降)
提供中 Yes Yes
DRM保護付き Yes Yes
256kbps音質 Yes Yes
AACコーデック Yes Yes
iPhone/iPad/iPod Touchに対応 Yes Yes
iPod Shuffle/Nano/Classicに対応 Yes Yes
Android携帯に対応 Yes Yes
Androidタブレットに対応 Yes Yes
MP3プレーヤーに対応 Yes Yes
CDに書き込む Yes Yes
所有権あり Yes Yes
ストリーミング再生 Yes Yes
価格 一曲150 ~ 250円 個人月額980円(学生480円)
Apple Music Converterで変換 Yes Yes

M4Pフォーマットを簡単にMP3、M4Aに変換する方法

Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterは専門のM4P変換ソフトであります。iTunesストアから購入のM4P音楽でも、iTunesライブラリにダウンロードしたApple MusicのM4PファイルでもロスレスでMP3、M4Aなど汎用の音楽形式に変換できます。どのM4Pフォーマットでも、曲名、アルバム、アーティスト、アルバム、アートワーク、トラック番号などの音楽情報を保持できます。これで、M4Pファイルを簡単にiPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマン、Android携帯電話とタブレット、Kindle Fire、様々なMP3プレーヤーで聴けます。

また、Apple Music Converterはオーディオブックの変換、ミュージックビデオとホームビデオの音声抽出、曲のメタデータの編集、一括で出力の改名と分類など多くの実用的な機能を搭載しています。

Apple Music Converterは非常に使いやすいです。最新のWindowsとMac OS Xに対応しています。WindowsとMac 10.9 - 10.12では最大16倍速(Mac 10.13では原速)でM4Pを変換できます。無料体験版はM4Pファイルごとに3分まで変換可能です。無料体験版をダウンロードして試しましょう。

Apple Music Converterを利用して、M4PファイルをロスレスでMP3、M4Aに変換する手順は以下です。

ステップ1:Apple Music Converterを起動します。すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesライブラリは読み込まれて、プレイリストとして左パネルとして表示されます。変換完了まで、iTunesを操作しないで、閉じないでください。

Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:M4Pファイルを選択します。内蔵の検索ボックスを利用して、曲をすぐに探し出せます。

ステップ3:出力形式リストからMP3、M4A或いは他の必要な形式を選択します。ロスレスで変換するに、320kbps MP3或いは256kbps M4Aをお勧めします。

ステップ4:変換ボタンをクリックして、M4P変換が始まります。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすると、出力先を開いて、出力のMP3、M4Aファイルが表示されます。

Apple Musicを変換中

これで、どのM4Pファイルも簡単に汎用のMP3、M4Aに変換できます。今Apple Music Converterをダウンロードして試しましょう。

Apple Music Converterの製品活用記事