> 情報局 > PCとタブレットでスポティファイフリーの15時間制限とその突破方法

PCとタブレットでスポティファイフリーの15時間制限とその突破方法

分類:スポティファイ音楽変換|長谷川 雄|2020年7月22日|Windows版を購入 | macOS版を購入

概要

周知のように、スポティファイは無料プランのスポティファイフリーと有料プランのスポティファイプレミアムを提供しています。Spofityフリーの場合、広告付き、強制シャッフル再生、スキップ制限、ダウンロード不可、低音質と一部の曲再生不可などの制限は世界中の全てのユーザーに適用できます。ただし、パソコンとタブレットを使ってスポティファイフリーを利用する場合、日本だけでは30日あたり15時間の制限があります。この記事ではスポティファイフリーの15時間制限の情報と突破方法を紹介します。特にスポティファイフリーを利用しても、スポティファイ音楽をMP3/M4Aに保存できるスポティファイミュージックコンバーターをおすすめします。

スポティファイフリーとスポティファイプレミアムの違いのまとめ

Spotify

今は定額制のストリーミング音楽配信サービスが流行っている時代です。世界中から見れば、スポティファイは間違いなく、一位を占めています。2020年6月まで、公開されたデータによると、スポティファイは2.86億のユーザーがいます。その中に、1.56億のフリーユーザーと1.30億の有料ユーザーがいます。スポティファイはこれほど多くのユーザーを取得できるのは、無料版のスポティファイプリーと有料版のスポティファイプレミアムを提供しているのも一つの原因です。無料版のスポティファイフリーを利用しても、スポティファイで配信されている5000万曲が聴き放題可能で、本当にありがたいです。ただし、有料版のスポティファイプレミアムへのアップグレードを促進するために、様々な制限は設置されました。

スポティファイフリーは、全世界中の無料ユーザーに対して、広告付き、ダウンロード不可、スキップ制限、強制シャッフル再生、低音質と一部の曲再生不可などの制限を設置しています。ただし、日本のユーザーなら、これらの制限の上、パソコンとタブレットでスポティファイフリーの利用は30日あたり15時間の制限もあります。

比較項目 スポティファイフリー スポティファイプレミアム
広告 付き なし
再生モード 強制シャッフル 好きなまま
スキップ 一時間6回 無制限
音質 最大160kbps 最大320kbps
ダウンロード(オフライン再生) 不可能 可能
聴ける曲の範囲 大部分 全部
30日間パソコンとタブレットでの時間制限 日本で15時間(海外で無制限) 無制限

実際にパソコン或いはタブレットで聞けば、15時間は少ないです。一日あたり半時間ぐらいです。一曲4分で計算すると、7 - 8曲に過ぎません。この記事ではこの15時間の制限を説明して、また15時間の制限を突破する方法をまとめて紹介します。

スポティファイフリーの15時間の制限を説明

スポティファイフリーの15時間の制限をわかりやすく説明するに、Q & Aの形式で説明します。

Q:15時間の制限は日本だけですか
A:はい、日本だけです。他の国と地区では同じ制限がありません。

Q:15時間の制限はどんなデバイスに適用しますか
A:現在、WindowsとMacのパソコン、iPadとAndroidタブレットなどのデバイスに適用します。携帯電話でスポティファイアプリを使うに、15時間の制限がありません。

Q:15時間の制限に達すると、どうなりますか
A:15時間の制限に達すると、スポティファイ音楽を再生できません。「スポティファイは現在オフラインモードです」、「タイムリミットです」などのメッセージが表示される可能性があります。Google HomeやChromecastなどのスマートスピーカーでも再生できなくなります。

Q:15時間の制限のリセットはいつですか
A:30日あたり15時間の制限は一般的な言い方です。実際にはアカウントの作成日に関わります。30日の基準ではなく、毎月の同じ日付にリセットされることがわかりました。例えば、1月1日にアカウントを作成したら、今後のリセット日は毎月の1日になります。そうすれば、次の三つのリセット日は2月1日、3月1日と4月1日になります。計算すると、間隔は31日、28日(閏年29日)と31日になります。

ちなみに、アカウント作成日は、Twitterのスポティファイサポート(SpotifyCaresJP)にメッセージを送ると教えてもらえます。

Q:残りの利用可能時間を確認できますか
残念ですが、残りの利用可能時間を確認できません。自分で把握する必要があります。

上記の情報から見ると、スポティファイフリーの15時間の制限を突破するに、携帯電話でスポティファイアプリを利用するのは最も簡単な方法です。しかし、携帯電話を利用しても、パソコンとタブレットでの制限を回避できません。ここでは、スポティファイフリーの15時間制限を突破する方法を三つ紹介します。

スポティファイフリーの15時間制限を突破する方法

15時間制限を突破する方法1:複数のアカウントを作る

スポティファイの無料アカウントを作成するに、メールアドレスまたはFacebookアカウントで登録することが可能です。複数のFacebookアカウントを持つのは珍しいですから、複数のメールアドレスで登録することをお勧めします。複数のスポティファイフリーを作成する前に、複数のメールアドレスを作成する必要があります。

スポティファイフリーアカウントを作成する手順は以下です。異なるメールアドレスで手順を繰り返せば、複数のアカウントを作成できます。

ステップ1:スポティファイの登録ページ https://www.spotify.com/jp/signup/ にアクセスします。

ステップ2:メールアドレスを入力します。

ステップ3:確認のためにメールアドレスを再度入力してください。

ステップ4:パスワードを設定します。

ステップ5:アカウントにオリジナルのプロフィール名を設定したい場合は、「ニックネームは何にしますか?」欄に名前を入力します。(注:プロフィール名を使ってログインすることはできません。)

ステップ6: その他の詳細情報を入力して、利用規約に同意して、「I'm not a robot」をチェックします。

ステップ7:登録するボタンをクリックします。

スポティファイフリーアカウントを作成

一つのアカウントで15時間の制限に達した時、「タイムリミットです」というメッセージが表示されます。その時、利用中のアカウントをログアウトして、別のアカウントでログインします。

この方法で30日あたり15時間の制限を突破できますが、音楽とプレイリストの管理またはアカウント情報の管理には不便です。

15時間制限を突破する方法2:VPNを利用して、海外アカウントを取得

スポティファイ無料会員の30日間/15時間再生までという制限は日本だけです。日本にいるかどうか、IPアドレスで判断します。ですので、パソコンのIPアドレスを海外のIPアドレスに変更したら、海外のスポティファイフリーアカウントを作ったら、15時間までの制限も突破できます。

スポティファイフリーの海外のアカウントを作成するに、VPNを起動したまま、上記の方法1での手順を従ってアカウントを作成すればいいです。利用中のスポティファイアカウントのプロファイルを編集しても、お住いの国設定を変更して、海外のアカウントに変更できます。

ステップ1:VPNに接続したまま、スポティファイを起動して、右上のアカウントの隣にあるVボタンをクリックして、アカウントをクリックすれば、ブラウザーでアカウント情報ページが表示されます。

ステップ2:アカウント情報ページでアカウントをログインします。

ステップ3:「プロフィールを編集」をクリックします。

ステップ4:「国」の登録欄が表示されるまで下にスクロールし、ドロップダウンリストから滞在先の国を新たに選択します。注:実際に滞在している国名のみリストに表示されます。

ステップ5:「プロフィールを保存」をクリックします。

スポティファイの国を変更

これで、スポティファイの海外のアカウントの作成、或いは既存のアカウントの国設定の変更で海外のアカウントへの変更ができました。

スポティファイ公式サイトで、「国の設定」を説明するページに、「スポティファイフリー のお客さまは、ライセンス契約により、お住いの国以外でのご利用は最長14日間となります。」という記述があります。

スポティファイフリーの海外のアカウントを利用するに、ずっとVPNに接続する必要がありません。VPNに接続して、パソコンのIPアドレスを変更したまま、一度スポティファイフリーにログインすればいいです。ログインした後、VPN接続をすぐに切っても、14日間まで利用可能です。14日間に達したら、スポティファイフリーのアカウントは自動的にログアウトされます。再度VPNに接続して、海外のIPアドレスに変更した後、ログインすればいいです。これでも簡単に30日あたり15時間の制限を突破できます。VPNサービスはたくさんありますので、無料体験可能のVPN或いは有料のVPNでも構いません。

ただし、スポティファイ音楽の配信は、国によって異なります。海外のアカウントは、洋楽は豊富ですが、邦楽は日本のアカウントより少なくなります。一部の邦楽は聞けなくなる可能性もあります。

15時間制限を突破する方法3:スポティファイミュージックコンバーターで変換

TuneMobieスポティファイミュージックコンバーター

スポティファイミュージックコンバーターとは、スポティファイ音楽から曲、アルバムとプレイリストをダウンロードして、MP3、M4A、WAVとFLACなどの汎用の音楽形式として保存できるスポティファイ変換ソフトであります。出力ファイルには曲名、アーティスト、ジャンル、アルバムとアートワークなどの曲の情報を丸ごと保持できます。

スポティファイミュージックコンバーターは利用のスポティファイプランに関わらず、無料版のスポティファイフリーと有料版のスポティファイプレミアムでもOKです。スポティファイフリーの場合、広告音声を完璧にスキップできます。

スポティファイミュージックコンバーターの利用方法も非常に簡単です。スポティファイから曲、アルバムとプレイリストのURLを取得して、ソフトに追加すれば、ダウンロードと変換が可能です。スポティファイで右クリックしてリンクをコピーしてソフトに貼り付けたら、または直接にスポティファイからスポティファイミュージックコンバーターにドラッグ&ドロップして、曲、アルバムとプレイリストの追加が可能です。

スポティファイミュージックコンバーターは出力ファイルをアーティスト、アルバムまたはアーティスト/アルバムのフォルダに整理できます。また、曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号またはスペースを利用して、出力ファイルを一括で改名できます。

スポティファイミュージックコンバーターはスポティファイアプリケーションと連動する必要があります。常に最新のスポティファイバージョンに対応可能です。スタンドアローン版のスポティファイまたはMicrosoft Store版のスポティファイにも対応しています。また、スポティファイミュージックコンバーターは最新のWindows 10またはmacOS Catalinaに対応しています。無料体験版は曲ごとに3分まで変換できます。

スポティファイから音楽をダウンロードしたら、様々なメディアプレーヤー再生できます。次回の15時間で、これらの音楽はスポティファイで再生する必要がありませんので、より多くの音楽を聴くことができます。

スポティファイミュージックコンバーターを利用して、スポティファイフリー或はスポティファイプレミアムから音楽を保存する手順は以下です。スポティファイミュージックコンバーターの操作ガイドのYouTubeビデオもありますので、ぜひ参考してみてください。

ステップ1:スポティファイミュージックコンバーターを起動して、スポティファイも自動的に起動されます。操作完了まで、スポティファイを閉じないでください。

ステップ2:「追加」をクリックして、スポティファイから曲、アルバムとプレイリストをスポティファイミュージックコンバーターにドラッグ&ドロップして追加します。或はスポティファイで右クリックして、リンクをコピーして、スポティファイミュージックコンバーターの左下にペーストします。

スポティファイ音楽を追加

ステップ3:曲を選択して追加します。デフォルトでは全ての曲がチェックされますが、ダウンロードしたくない曲のチェックを外せばいいです。後、右下の追加ボタンをクリックします。

スポティファイ音楽を選択

ステップ4:既定の出力形式は320kbps MP3です。オプションをクリックして、出力先と出力形式の変更が可能です。

ステップ5:変換ボタンをクリックして、追加されたスポティファイの曲、アルバムとプレイリストは指定の形式として保存できます。

スポティファイ音楽を変換中

変換完了後、履歴画面にあるフォルダアイコンをクリックして、出力先を開けます。

スポティファイミュージックコンバーターは方法1或いは方法2を合わせて使えば、スポティファイからお気に入りの曲を存分にダウンロードできます。また、保存したMP3、M4Aなどのファイルは、iPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンとMP3プレーヤーでも制限なく再生できます。

スポティファイ無料版で30日間15時間の制限に悩んでいる方、これらの制限の突破方法が役に立てば、幸いです。