> 活用記事 > Apple Musicの曲をGarageBandに入れる方法

Apple Musicの曲をGarageBandに入れる方法

分類:Apple Music変換|森崎 直子|2020年12月29日|三ヶ月ライセンス2280円からWindows版を購入 | macOS版を購入

概要

GarageBandはMac、iPhone、iPadに対応する大人気音楽制作ソフトであります。GarageBandでは、内蔵した音源だけじゃなく、オーディオファイルも音源として入力して、使用できます。音楽配信サービスであるApple Musicも同じくアップル会社が開発されたので、Apple Musicの曲をGarageBandに入れたい方も多いです。ここでApple Music Converterを利用して、GarageBandに対応できるMP3、M4A、WAV形式に変換し、Apple Musicの曲をトラックとしてGarageBandで使う方法を紹介します。

MP3、M4Aを利用して、GarageBandで音楽を制作する方法

GarageBand(ガレージバンド)、元々はMac向けのフリー音楽制作ソフトであり、Mac版しか利用できませんでした。ただし、2011年から、iOS版のGarageBandをリリースしたため、iPhoneやiPadにも対応可能になりました。初心者でも気軽に作曲でき、プロの音楽家でも時々使用しています。まさに大人気とも言えます。

既存のMP3、M4A、WAVなどのファイルは素材として、GarageBandでの音楽制作に使えます。方法も簡単です。

GarageBandを起動して、「新規プロジェクト」にある「空のプロジェクト」をクリックし、プロジェクトを作成します。

GaageBandのプロジェクト作成画面

そうすると、「トラックのタイプを選択」インターフェースが表示されます。トラックのタイプは四つあります。GarageBandで内蔵した音源だけではなく、MP3、M4A、WAVオーディオファイルも音源として追加して、使用できます。オーディオファイルを入れたいなら、オーディオトラックにあるマイク仕様なボタンをクリックします。左下の「入力」と「音源の接続先」オプションを選択し、必要なら「演奏や録音中に自分の音源の音を聴く」をチェックして、「作成」をクリックします。

GaageBandのドラックのタイプを選択

トラック領域に新しいトラックが表示されます。ここではオーディオファイルをドラッグアンドドロップすることで、トラックに追加します。また、トラックヘッダの上の「+」(トラックを追加)ボタンをクリックし、トラックを追加することもできます。トラックタイプがソフトウェア音源を選択された場合、ライブラリーに楽器リストが表示されます。

iMovieでApple Musicを取り込めません

GarageBandに取り込み可能のオーディオフォーマットはMP3、M4A、WAV、AIFFなどとなります。そのため、iTunesライブラリに追加したMP3、M4A、WAV、AIFFなどの曲はGarageBandに入れます。しかし、ダウンロードしたApple Music音楽はDRM保護付きのM4Pフォーマットで、GarageBandでは利用できません。

ですので、お気に入りのApple Music音楽をGarageBandでトラックとして使えたいなら、GarageBandに対応できるMP3、M4A、WAV、AIFFなどの音声フォーマットに変換する必要があります。ここではApple Music Converterの出番です。Apple Music Converterを利用すれば、Apple Music音楽を簡単に変換できます。

Apple Music Converter:GarageBandでApple Musicの曲を追加可能

TuneMobie Apple Music Converterとは、iTunes・ミュージックの音楽ライブラリにあるApple Musicの曲からDRM保護を解除して、汎用のMP3、M4A、AIFF、WAVなどの音声形式に変換できるApple Music変換ソフトであります。そして、GarageBandの音源として利用できます。まずTuneMobie Apple Music Converterの素晴らしい機能をご覧ください。

TuneMobie Apple Music Converter

  • Apple Musicの曲をGarageBandに取り込み可能のMP3、M4A、AIFFの音声形式に変換
  • 必要の場合、Apple Musicの曲をAC3、AU、MKA、FLAC、WAVなどの音声形式にも変換可能
  • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号などのID3タグとアートワークを丸ごと保持
  • 256kbpsのApple Musicをロスレスで320kbps MP3と256bkps M4Aに変換
  • 曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号、ハイフン、スペースなどを利用、出力を一括で改名
  • 出力の音楽ファイルをアルバム、アーティスト、アーティスト/アルバムのフォルダに整理
  • WindowsとmacOS 10.12.6まで最大16倍高速変換、macOS 10.13以降では原速
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応

Apple Music Converterの無料体験版は曲ごとに三分まで変換できます。Apple Musicの曲を変換して、GarageBandに追加したい方はぜひダウンロードして試しましょう。

Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAVなどに変換、GarageBandのトラックとして使用

Apple Music Converterは非常に使いやすいです。たった幾つかのクリックで、Apple Musicの曲を汎用のMP3、M4A、WAVなどに変換できます。下記の手順を参考して、Apple Musicの曲をGarageBandに追加しましょう。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterを実行すると、iTunes或いはミュージックアプリ(macOS 10.15 Catalina以降の場合)も自動的に起動されます。iTunes・ミュージックの音楽ライブラリはソフトの左パネルでプレイリストとして表示されます。Apple Musicの曲なら、「ミュージック」プレイリストと別々のApple Musicプレイリストにあります。曲の変換完了まで、iTunes・ミュージックを操作しないで、閉じないでください。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

プレイリストをクリックして、Apple Musicの曲のチェックボックスを入れて、曲を選択できます。なお、変換したいApple Musicの曲を見つけない時に、内蔵された検索ボックスに曲のタイトル、アーティスト或はアルバム名前で検索したら、すぐに探し出せます。プレイリスト全体を選択したい場合、プレイリストトップにあるチェックボックスを入れればいいです。

ステップ3:GarageBand対応可能の出力形式を選択

Apple Music Converterは幾つの出力音声形式を用意しました。その中に、MP3、M4A、WAV、AIFFなどはGarageBandが対応可能です。GarageBandのトラックに入れる時、いずれを選択しても良いですが、非圧縮のAIFF形式をおすすめします。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:Apple Musicの曲を変換

「変換」ボタンをクリックすれば、Apple Musicの曲から指定の出力への変換が始まります。変換完了後、「出力先を開く」をクリックして出力の音楽ファイルが表示されます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

ステップ5:変換されたApple Musicの曲をGarageBandで使う

前文のように、出力のMP3、M4AまたはAIFFのファイルをトラック領域にドラッグアンドドロップすれば、トラックとして使えます。

iOS版のGarageBandなら、ミュージックアプリから暗号化の曲を読み込めますが、Apple Musicの曲も読み込めません。iPhone/iPadでGarageBandにApple Musicの曲を入れたい場合、Apple Music Converterの出力ファイルをiTunes・ミュージックアプリに追加して、iTunes・ミュージックアプリを通じて、出力のファイルをiPhone、iPadに転送する必要があります。

出力ファイルを音楽ライブラリに追加するに、ソフトによって、少々違いがあります。iTunesの場合、メニューの「ファイル」>「ファイルをライブラリに追加」を通じて追加できます。macOS Catalina 10.15以降でミュージックアプリの場合、メニューの「ファイル」>「読み込む」を通じて追加できます。

Apple Music Converterの出力ファイルをライブラリに追加

ステップ6:GarageBandで作成された曲を共有

ソフトウェアで内蔵した楽器なども使用して、曲を作成します。曲を作成した後、メニューの「共有」からiTunes・ミュージックアプリに送信して、タイトル、アーティスト、作曲者、アルバムなどの情報を入力して、音質を選択して、「共有」をクリックすれば、音楽の作成と共有ができます。また、同じく「共有」からメディアブラウザで共有や、macOSとiOSのGarageBand間の送信もできます。

作成した曲をミュージックアプリに送信

これで、Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAVなどに変換できて、GarageBandの音楽制作に使えます。もちろん、出力ファイルはGarageBandだけではなく、他のDJ・音声制作・音声編集ソフトにも使えます。GarageBandもApple Musicも利用している方は、ぜひこのApple Music変換ソフトの無料体験版をダウンロードして試しましょう。