> 情報局 > Amazon Music UnlimitedとApple Musicの比較

Amazon Music UnlimitedとApple Musicの比較

分類:Apple Musicニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2020年3月14日

概要

定額制音楽配信サービスは我々の音楽を聴く習慣をすっかり変えました。Apple Music、Amazon Music Unlimitedなどの定額制音楽配信サービスは主流になって、曲やCDの購入に取って代わりました。何千万の曲の聴き放題が可能なのに、必要な料金を支払うだけで、いつでもどこでも音楽を聞けます。主流になるのも当然でしょう。この記事では、Apple Music(アップルミュージック)とAmazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)を徹底的に比較して、料金プラン、曲数、対応デバイス、音質、メリットとデメリットなどの違いを説明します。また、Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換できるApple Music Converter(無料体験版ダウンロード可能)というソフトも紹介します。

Apple MusicとAmazon Music Unlimitedの基本情報

Amazon Music Unlimited VS Apple Music

AmazonもAppleも大手IT会社であります。両者の重心は違いますが、ハードウェアとマルチメディアなどの業務エリアにおいては激しく競争しています。定額制ストリーミング音楽サービスなら、Amazon社のAmazon Music UnlimitedとApple社のApple Musicは互いにライバルとして競争しています。果たして、この二つのサービスを選択する場合、どちらが自分に合いますか。この記事では詳しく紹介します。

Amazon Music Unlimitedは、皆がよく利用している通販サイトAmazon(アマゾン)から提供する定額制ストリーミング音楽配信サービスです。2016年からアメリカでサービスの提供は開始されましたが、サービスは徐々に拡大されて、ついに2017年11月8日に日本に上陸しました。公式日本語サイトの情報によると、6500万曲以上の楽曲やプレイリスト、ラジオなどを聞けます。iOS、Android、PC、Mac、Fire TVとEchoシリーズのスマートスピーカーなどの端末で楽しめます。

Apple Musicは、IT巨人のApple社が提供する定額制ストリーミング音楽配信サービスです。2015年6月30日から、アメリカ、日本を始め、世界中100以上の国サービスを開始しました。現時点で曲数も6000万に至りました。Beats Oneインターネットラジオも用意されています。Apple MusicはiOS、Android、PC、Mac、Apple TV、Apple Watch、HomePodスマートスピーカーなどの端末で楽しめます。

Amazon Music Unlimited VS Apple Music:料金プランと無料体験期間

Apple Musicの料金プランは個人プラン、ファミリープランと学生プランに分けます。個人プランは月額980円です。2017年6月から個人プランは年額9800円を支払って、一年の契約期間を利用して、二月分の料金を節約できる選択肢を追加しました。2016年11月から月額480円学生プランの提供が開始されました。学生プランは480円です。これは2016年11月から提供が開始されましたが、UNiDAYSの学生証明サービスを通じて総合大学または単科大学に実際に在学しているかどうかの確認が必要です。また、ファミリープランは月額1480円で、最大家族の6人まで利用できます。ファミリープランは二人で利用するとお得になります。

Amazon Music Unlimitedの場合、個人プラン、ファミリープラン、学生プランとEchoプランの四つの料金プランが提供されています。個人プランも月額980円です。ファミリープランも1480円で、家族の6人まで利用可能です。学生プランの月額も480円であり、学生認証も可能です。学生プランは2019年9月25日から提供を開始しました。また、AmazonのEchoシリーズのスマートスピーカーのユーザーに対して、Echoプランが提供されて、月額は380円となります。さらに、Amazonのプライム会員の場合、月額780円または年額7800円の特別価格もあります。

Apple Musicの無料体験期間は三ヶ月です。Amazon Music Unlimitedのほうは30日しかありません。ただし、2019年9月25日~2020年1月6日23時59分までに、新規でAmazon Music Unlimitedの学生プランに登録すると、6カ月間Amazon Music Unlimitedが無料体験できます。

項目 Apple Music Amazon Music Unlimited
無料体験期間 3ヶ月 30日
学生プラン 月額480円 月額480円
個人プラン 月額980円/年額9800円 月額980円
ファミリープラン(6人) 月額1480円 月額1480円・年額14800円
Echoプラン - 月額380円
Amazonプライム会員 - 月額780円/年額7800円

比較表から見ると、Apple MusicとAmazon Music Unlimitedの個人プラン、学生プランとファミリープランの月額料金は同じです。ファミリープランなら、Amazon Music Unlimitedは年額を支払うことができて、二月の料金を節約できます。Amazon Echoのスマートスピーカーをしている方とAmazonプライム会員である方、料金から見ると、Amazon Music Unlimitedを選択するのはお得でしょう。学生なら、Amazon Music Unlimitedのキャンペーンを参加できる場合、Amazon Music Unlimitedのほうがお得です。参加できない場合、Apple Musicをおすすめします。個人なら、Apple Musicの三ヶ月の無料体験期間はAmazon Music Unlimitedの30日より長いですので、Apple Musicをおすすめします。

Amazon Music Unlimited VS Apple Music:聴ける曲数、音質とオフライン再生

Amazon Music UnlimitedもApple Musicも聴ける曲数は徐々に増えていきます。現時点で(2020年3月)、Apple Musicで聴ける曲数は6000万で、Amazon Music Unlimitedの曲数は6500万です。曲数から言えば、Amazon Music Unlimitedのほうが上です。邦楽なら、最初両者も少ないですが、日本国内の音楽サービスとの連携を展開して、豊富になっていきます。

Amazon Music Unlimitedの音楽形式は圧縮音源のMP3であり、音質は可変ビットレート(VBR)の256bkpsです。Apple Musicなら、圧縮音源のM4P形式(AACコーデック)であり、音質も256kbpsです。音質はほとんど同じです。ただし、AACはMP3の後継フォーマットとして策定されて、一般的に言えば、同程度のビットレートの場合、AACはMP3より高い音質を持っています。同じ携帯・タブレットと同じ再生デバイスの環境で、Apple Musicの音質はAmazon Music Unlimitedより少々高いですが、人の耳の制限のため、音質の差を聞き分けられないかもしれません。

どのサービスを利用しても、曲をWIFIの環境でダウンロードして、外出の時でもオフラインで再生できます。ファミリープランを除いたら、同時に利用可能の端末数も一つだけです。

Apple Music Music Unlimited
聴ける曲数 6000万曲 6500万曲
音楽形式 M4P(保護されたAAC) MP3
音質 256kbps 256kbps
オフライン再生 可能 可能

Amazon Music Unlimited VS Apple Music:対応できる端末・スマートスピーカー

Amazon Music UnlimitedもApple Musicも主流なiOS端末、Android端末、Windows/Macパソコンに対応しています。もちろん、対応できる端末の違いもあります。Amazon Music UnlimitedはAmazon Fire TV、FireタブレットとAmazon Echoシリーズのスマートスピーカーに対応しています。Apple Musicなら、自社のApple TV、HomePodスマートスピーカーとApple Watchにも対応しています。Apple MusicはSonosスマートスピーカーにも対応しています。さらに、一部の車はApple CarPlayに対応して、Apple Musicを車で再生できます。

Amazon Music UnlimitedもApple Musicもウェブプレーヤーを用意しています。Chrome、Firefox、SafariとMicrosoft EdgeなどのモダンブラウザーならOKです。

日本でiOSマーケットシェアは高いです。iPhoneとiPadなら、Apple Musicとの相性は他のデバイスより良いであるため、iOS端末を利用している方にはApple Musicをおすすめします。Fireタブレットを使っている方なら、相性の良いAmazon Music Unlimitedをおすすめします。

Apple Music Music Unlimited
iOS端末 iPhone、iPad、iPod Touch iPhone、iPad、iPod Touch
Android端末 Android携帯電話・タブレット Android携帯電話・タブレット
テレビ Apple TV Amazon Fire TV、Fire TV Stick
パソコン Windows、Mac、ウェブプレーヤー Windows、Mac、ウェブプレーヤー
スマートスピーカー HomePod、Sonos Echoシリーズ
スマートウォッチ Apple Watch --
その他 Apple CarPlayに対応する車 --

車或いはスマートスピーカーの場合、BlueToothを通じて、デバイスとペアリングすれば、Apple MusicもAmazon Music Unlimitedも再生できます。ただし、音質または使用体験は天然の対応と比べれば、劣っていることが明らかです。

Amazon Music Unlimited VS Apple Music:メリット・デメリット

メリット

Amazon Musc UnlimitedもApple Musicも過去の再生履歴に基づいて、アルゴリズムによって、自分の音楽テーストに一致する曲を推薦してくれます。もちろん、アルゴリズムの違いもあります。

Amazon Music Unlimitedは再生履歴だけではなく、Amazonでの購入履歴をアルゴリズムの対象になっています。一般に、購入した曲も使用者が好きになった曲ですから、Amazon Music Unlimitedの推薦の精度はApple Musicより高いみたいです。また、Amazon Music UnlimitedにはAmazonならではの「Side by Side」というサービスが提供されています。「Side by Side」とはアーティストが自身の音楽に対するコメントです。アーティスト本人は楽曲に関するエピソードや制作時の感想を30秒くらいで説明します。好きな曲に関する話をアーティストから直接に聞けるようになりますが、今「Side By Side」に参加しているアーティストは少ないです。今後この機能はどうなるのは観察し続ける必要があります。

Apple Musicなら、iCloudミュージックライブラリというAppleならではの機能はすごく便利です。パソコンでiTunesライブラリに取り込んだ楽曲は、iCloudの同期を通じて、スマホやタブレットでも聞けるようになります。また、「Beats 1」とインターネットラジオは毎日24時間が放送されています。また、Apple Musicには「My New Music Mix」、「My Favorites Mix」、「My Chill Mix」などの個性化のプレイリスト機能が提供されています。

デメリット

Amazon Music Unlimitedは特に注意すべきデメリットがありませんが、機能はあんまり充実ではないイメージがあります。

Apple Musicなら、Beats 1ラジオは全く英語の曲で、日本ユーザーに魅力がありません。また、PCに取り込んだ曲、iTunesストアから購入した曲とダウンロードした曲がライブラリに混ざっているため、やや混乱です。Apple Musicを解約した場合、PCに取り込んでiCloudミュージックライブラリにアップロードした曲も消えてしまった報告もあります。

Apple MusicをMP3、M4Aに変換できるソフト - Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music ConverterはiTunesライブラリに追加しているApple Musicの音楽を全部MP3、M4AやAIFFなどに変換できます。出力の音声ファイルは、タイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号、アートワークなどの情報を完全に保持できます。希望なら、出力の音声ファイルのビットレートやサンプルレートなども自由に設定できます。

Apple Music ConverterはiTunesと連動する必要があります。常に最新のiTunesバージョン及びWindows 7/8/8.1/10、またはMac OS 10.9 - 10.15などのOSに対応しています。最大16倍速の高速変換が可能で、多いのApple Musicの曲を一括で変換できます。

更に、曲のID3タグを使用して、ハイフン、スラッシュ、下線などの特殊文字をルールとして設定して、出力のファイルを改名・分類することもできます。使用手順は以下で紹介します。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

Apple Music Converterをインストールして実行したら、iTunesも自動的に連動して起動されます。iTunesライブラリはソフトの左パネルで表示されます。Apple Musicの曲は、「ミュージック」プレイリストまたは別々のApple Musicプレイリストにあります。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

プレイリストをクリックして、変換したい曲のチェックボックスを入れて、選択します。また、変換したい曲を見つけない時に、内蔵された検索ボックスに曲のタイトル、アーティストまたはアルバム名前を入力して検索すれば、すぐに探し出します。

ステップ3:フォト対応可能の出力形式を選択

Apple Music Converterは幾つかの出力音声形式を用意しました。その中に、MP3とM4Aは一番汎用なフォーマットです。320kbps MP3または256 kbps M4Aに変換するのはオススメです。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:Apple Musicの曲を変換

「変換」ボタンをクリックすれば、Apple Musicの曲から指定の出力形式への変換が開始します。変換完了後、「出力ファイルを開く」をクリックしたら、出力の音楽ファイルが表示されます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

これで保護されたApple Musicの曲を汎用化して、他のデバイスやアプリで無制限に利用できるようになりました。Apple MusicまたはAmazon Music Unlimitedのどちらの利用を考える時、音楽を活用できるかどうかも考えましょう。Apple Musicの場合、Apple Music Converterを利用したら、Amazon Music Unlimitedより便利です。Apple Music Converterの無料体験版は曲ごと三分まで変換できるので、早速ダウンロードして試してみましょう。

ビデオでApple Music Converterの操作ガイドを見る