> 活用記事 > Apple Musicの3ヶ月の無料期間の終了後、購読しなくてもダウンロードした曲を聴ける方法

Apple Musicの無料期間の終了後、購読しなくてもダウンロードした曲を聴ける方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2018年1月7日

概要

Apple Musicは新会員に対して三ヶ月の無料トライアル期間を提供しています。それで、広告なしでiPad、iPhone、iPod Touch、Mac、PCまたはAndroid携帯でApple Musicを楽しめます。もしApple Musicが気に入らないなら、Apple Musicの無料期間を終了する前に、自動課金をオフにしたら、Apple Musicの購読はしません。もしダウンロードした曲を購読しなくても、無料期間の終了後も聴けたいなら、Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換すればいいです。

Apple Music会員ではありませんか?三ヶ月の無料期間を体験しましょう

Billboardによると、2017年9月28日はAppleの定額制音楽配信サービス「Apple Music」の有料会員数が3000万人を突破した事が分かりました。Apple Music会員を登録したいユーザーも増える一方です。良いニュースはApple Music会員登録にはすぐに料金を支払う必要がありません。AppleはApple Musicの新しい会員に対して、三ヶ月の無料トライアル期間を提供しています。

Apple IDを持って、iTunesギフトカードを始め、有効な支払い方法を持っている方は、Apple Musicの三ヶ月の無料期間を体験できます。三ヶ月の体験なら、Apple Musicに気にいるかどうか、十分で判断できるはずです。もし、Apple Musicに気に入らない場合、注意したいのはトライアル期間終了後、自動的に課金される仕組みになっていることです。無料トライアル期間を終了する前に、購読をオフにすればいいです。iPad、iPhone、Android、PC、MacでもApple Musicを解約できます。詳しい情報はApple Musicの解約方法をご覧ください。

Apple Music三ヶ月の無料トライアル

無料期間終了後、購読しないとダウンロードしたApple Musicの曲はどうなりますか

Apple Music M4P形式

ダウンロードしたApple Musicの曲はオフライン再生に対応しても、Apple Music会員でないと聞けません。無料トライアル期間を終了して、自動購読を無効にしたら、ダウンロードしたApple Musicの曲とプレイリストへのアクセスは失って、iTunesライブラリから消えます。ダウンロードしたApple Musicの曲は*.m4p拡張子のファイルで、DRM保護付きです。たとえダウンロードしたApple Music M4Pファイルをバックアップして、他の場所に移行しても、DRMで保護されたため、全てのメディアプレーヤーは認識できません。もちろん、再生も不可能です。

これも理解しやすいことです。期間終了後でも聴けるなら、誰でもApple Musicの無料トライアル期間で大量の曲を一気にダウンロードして保存できます。これでApple Musicはストリームサービスとしての意義も失いました。

Apple Musicに気に入らなくて、購読しなくても気に入った曲を期間終了後でも聴けるなら、iTunesストアでDRM保護なしのM4A曲を購入すればいいです。しかし、多くの曲を購入するには、費用が多すぎかもしれません。なお、一部の曲はApple Musicでしかストリームできません、iTunesストアでの購入は不可能です。

この問題を完璧に解決するには、TuneMobie Apple Music Converterをお勧めします。

無料期間中、Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換できるソフトソリューション

TuneMobie Apple Music Converterは曲の情報を保持したまま、再生可能のApple Musicの曲をMP3、M4Aに変換できます。出力のMP3、M4Aファイルは、無料期間終了後でも制限なくiPod Nano、iPod Shuffle、ウォークマンと様々なMP3プレーヤーで再生できます。ご注意したいのは、Apple Musicを再生できないと、Apple Music Converterも変換できません。無料期間終了まで変換する必要があります。

Apple Music ConverterはApple Music変換ソフトだけではなく、iTunesストアで購入したM4Bオーディオブック及びAudibleで購入したAAとAAX形式のオーディオブックからDRMを解除して、チャプターを保持したままM4Aに変換できます。他のiTunesの対応する音声形式の変換も可能です。iTunes M4Vムービー、テレビ番組とミュージックビデオから音声の抽出も可能です。

TuneMobie Apple Music Converterは最新のWindows 10、macOS Mojaveと最新のiTunesに対応できます。無料体験版ではApple Musicの曲毎に三分まで変換可能です。

Apple Musicの無料期間終了後、購読しなくてもダウンロードした曲を楽々と聴く

下記のステップを従って、Apple Musicの曲をロスレスでMP3或はM4Aに変換できます。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

このApple Music変換ソフトを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。ダウンロードしたApple Musicの曲はミュージックプレイリスト、または別々のApple Musicプレイリストにあります。Windowsの場合、Apple Musicの曲をiTunesライブラリに追加した上、ダウンロードしなくても変換可能です。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

Apple Musicの曲の隣でチェックボックスをチェックすると、曲は変換リストに追加されます。情報バーでのボックスをチェックすると、プレイリストにある全ての曲は選択されます。もちろん、内蔵の検索ボックスでも素早く曲を探し出せます。

ステップ3:MP3或はM4Aの出力形式を選択

Apple Music変換ソフトはMP3、M4A、FLAC、AU、AC3、MKAとAIFFなどの出力形式を提供しています。汎用性を考えたら、MP3またはM4Aをお勧めします。曲の情報とメタデータは保持したままで変換しますから、ファイル名不明な問題を防げます。必要な場合は、オプションボタンをクリックして、変換スピードと出力ファイル名のルールを設定できます。

出力形式を選択

ステップ4:変換を開始

変換ボタンをクリックすると、変換が始まります。「出力先を開く」をクリックすると、出力のMP3、M4Aファイルを見つけます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

後、Apple Musicから変換したMP3或はM4Aファイルを様々なデバイスで楽しめます。これで、無料期間終了後、購読をしない場合、無料期間でダウンロードしたApple Musicの曲を続けて聴けます。

結論

もちろん、無料期間終了後、Apple Musicを解約していない場合、購読中のApple Musicの曲をMP3、M4Aに変換することも可能です。解約する前に、お気に入りのApple Musicの曲の変換も可能です。また、iTunesストアレンタル・購入したiTunesムービーとテレビ番組は、M4V Converter Plusを通じて、ロスレスでMP4に変換すれば、様々なデバイスでの再生も可能です。Apple Musicの変換もM4V動画の変換も必要である場合は、Apple Music ConverterとM4V Converter Plusから組んだiTunes変換バンドルをお勧めします。別々の購入により、割引で入手できます。

Apple Music Converterの製品活用記事