> 情報局 > 定額制音楽配信サービスのSpotifyとApple Musicを徹底比較

定額制音楽配信サービスのSpotifyとApple Musicを徹底比較

分類:Apple MusicニュースとヒントSpotifyニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2018年3月21日

概要

定額制のストリーミング音楽配信サービスのナンバーワンはどれですか。Spotify或はApple Musicを答えるユーザーは非常に多いです。世界中から見ると、7100万の有料使用者を持って、無料使用者を合わせて、既に1億5900万を超えたSpotifyに違いません。ただし、アメリカでApple Musicの契約者数の増幅はSpotifyより高いため、今夏にも「Spotify」の契約者数を超える見通しだということです。どちらでも日本に上陸しました。ユーザーとして、どのサービスを選択すべきですか。この記事ではSpotifyとApple Musicを徹底的に比較します。また、Apple Music変換ソフトであるApple Music ConverterとSpotify変換ソフトであるSpotify Music Converterも紹介します。

Apple Music VS Spotify

二三年前、音楽を楽しむに、異なる音楽ストアから一曲一曲を支払ってダウンロードするのは皆の通常のやり方です。ただし、Spotify、Apple Musicなどの定額制音楽配信サービスが次々に登場して、皆の音楽ライフを変えていきます。定額制音楽配信サービスは、一定の料金を支払って、サービスの音楽ライブラリにある全ての曲を聴けます。Spotify Freeのような無料サービスもあります。聴き放題ですが、曲の所有権は使用者に属していません。レンタルのような感じです。SpotifyとApple Musicは、世界中でも最大級の定額制音楽配信サービスの二つであり、よく多くのユーザーに比較されます。SpotifyとApple Music、どちらがいいですか。ここでは音質、料金、デバイス、ファイル形式、制限などから徹底的に比較します。

Apple Music VS Spotify

1. 有料購読ユーザー:Apple Music 3800万 VS Spotify 7100万

2018年3月現在、Apple Musicを購読するユーザーは既に3800万を超えました。同時に、有料版のSpotify Premiumを購読するユーザーは既に7100万を超えました。また、Appleの副総裁のAddy Cue氏によると、Apple Musicの三ヶ月の無料トライアル期間を利用しているユーザーは800万もいます。Spotifyなら、Spotify公式サイトのプレスリリースによると、無料版のSpotify FreeユーザーとSpotify Premiumユーザーを合わせて、既に1億5900万を超えました。

2. Apple Music無料トライアル VS Spotify Free

Apple Musicは新入会のユーザーに三ヶ月の無料トライアル期間を提供しています。成功に入会するに、有効な支払い方法を入力する必要があります。三ヶ月後、Apple Musicは自動的に課金します。Apple Musicが気に入らない場合、三ヶ月の無料期間で解約すればいいです。解約しても、三ヶ月まで利用可能です。無料期間で、Apple Musicの全ての機能を利用できて、制限がありません。

Spotifyは無料版のSpotify FreeとSpotify Premiumなど二つのブランがあります。Spotify Freeなら、無料のままで利用し続けます。ただし、Spotify Premiumと比べれば、色々な制限があります。例えば、広告あり、オフライン聴き不可能、一部の新曲聴き不可能、有料版より低い音質などの制限があります。携帯で、無料で一週間のSpotify Premiumを利用することも可能です。

※ 日本でパソコンまたはタブレットを通じて、毎月15時間の制限があります。携帯と他の国でこのような制限がありません。どの国にいるのは、多分IPアドレスで判断するかもしれません。VPNを利用している方は、この制限を回避できるはずです。また、複数の無料アカウントを作ってもいいです。

3. 音質:Apple Music 256kbps VS Spotify Free 160kbps VS Spotify Premium 320kbps

Apple Musicの音質は256kbpsです。iTunesストアから購入したM4A音楽の音質と同じです。Apple Musicの音質はWindows、Mac、iOS、Apple TVとAndroidなどのデバイスで一切違いがありません。

Spotifyはアカウントの種類と利用中のデバイスによって違いがあります。WindowsとMacで、Spotify Freeは160kbps、Spotify Premiumは320kbpsです。Spotifyのウェブプレーヤーなら、Freeは128kbps、Premiumは256kbpsです。iPhone、iPadとAndroidデバイスで、Spotify Freeは設定とインターネット接続によって、96kbpsと160kbpsが可能です。Spotify Premiumなら、320kbpsが利用可能です。 Chromecastの場合、Spotify Freeは128kbps、Spotify Premiumは256kbpsです。

4. 同時聴き(個人プラン): Apple Music 1台 VS Spotify Premium 3台

一つのApple IDを利用して、複数のデバイスでサインインできますが、同時にApple Musicを聴けません。つまり、Apple Music個人プランは複数のデバイスで同時に聴くことができません。同時に聴くために、Apple Musicのファミリープランを利用する必要があります。

Spotify Premiumなら、同時に三台のデバイスで曲を聴くことができます。ただし、オンラインで聴けるデバイスは一台のみです。他のデバイスはオフラインモードに設定する必要があります。

5. オフライン曲数: Apple Music無制限 VS Spotify Premium 3,333曲

Apple Musicを利用すると、デバイスに容量がある限り、無制限で曲をダウンロードしてオフラインで聴けます。

Spotify Premiumなら、3つの異なるデバイスに、それぞれ最大3,333曲までダウンロードが可能です。

6. ファイル形式: Apple Music M4P VS Spotify Premium OGG

ダウンロードしたApple Musicの曲はDRM保護付きのAACファイル、拡張子は*.m4pです。Spotify Premiumでダウンロードした曲はDRM保護付きのOgg Vorbisファイル、拡張子は*.oggです。

いずれもDRM保護付きのため、認証していないデバイスで再生できません。もしApple Musicの曲或はSpotify Premiumの曲をiPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンとMP3プレーヤーなどのデバイスで再生したい場合、DRM保護を解除して、MP3或はM4Aに変換する必要があります。それぞれはApple Music ConverterSpotify Music Converterを利用する必要があります。

7. 対応デバイス:Apple Music VS Spotify

Apple MusicまたはSpotifyを快適に使用するために、動作環境を満たす必要があります。Apple MusicとSpotifyが対応可能のデバイスの比較表をご覧ください。

対応可能のデバイス Apple Music Spotify
iPhone iPhone 4S以降、iOS 8.4以降 iPhone 4S以降、iOS 9以降
iPad iPad 2以降、iOS 8.4以降 iPad 2以降、iOS 9以降
iPod Touch iPod Touch 5以降、iOS 8.4以降 iPod Touch 5以降、iOS 9以降
Apple TV Apple TV 4以降、tvOS 9.0以降 --
Android携帯 Android OS 4.3以降 Android OS 4.0.3以降
Androidタブレット -- Android OS 4.0.3以降
Windows Windows 7以降、iTunes 12.2.2以降 Windows 7以降、Spotifyアプリケーション
Mac Mac 10.9.5以降、iTunes 12.2.2以降 Mac 10.9以降、Spotifyアプリケーション
ウェブプレーヤー -- Chrome、Firefox、Edge & Opera

比較表から見ると、Spotifyの方は対応可能のデバイスが多いです。Androidタブレットとウェブでストリーミン音楽を再生したい方は、Spotifyを選択してください。現在、Apple TV向けのSpotifyアプリがありません。スマートデバイスではないiPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンとMP3プレーヤーはApple MusicとSpotifyのいずれにも対応していません。ただし、Apple Music変換ソフトであるApple Music ConverterとSpotify変換ソフトであるSpotify Music Converterを通じて変換したら、出力のMP3、M4Aファイルをこれらのデバイスに入れて聴けます。

8. 対応国と地域:Apple Music 115 VS Spotify 51

2018年3月現在、Apple Musicは115個の国と地域で利用可能です。詳しい情報はApple Musicの国/地域別の提供状況をご覧ください。

Spotifyなら、今51個の国と地域で利用可能です。詳しい情報はSpotifyの使える国と地域をご覧ください。

9. 音楽ライブラリ曲数: Apple Music 4500万 VS Spotify 4000万

2018年3月現在、Apple Musicの日本語公式サイトで、「3か月無料で、4,500万曲の世界へ」という言葉があります。

Spotifyの日本語公式サイトで、「配信曲数は4000万以上。 無料なのに全曲フルアクセス・フル尺再生」という言葉があります。

10. Apple Music価格 VS Spotify Premium価格

Apple Musicの三ヶ月の無料トライアル期間の完了後でも利用し続けたい場合、或はSpotify Premiumに登録するに、料金を支払う必要があります。Apple MusicとSpotifyとも学生プラン、個人プライン、個人プラン(年間)とファミリープランを提供しています。価格も同じです。

料金 Apple Music Spotify Premium
学生プラン 月額480円 月額480円
個人プラン 月額980円 月額980円
個人プラン(年間) 年額9800円 年額9800円
ファミリープラン 月額1480円 月額1480円

Apple Music Converter VS Spotify Music Converter

Apple Music ConverterとSpotify Music Converterともストリーミング音楽をあらゆるデバイスで聴けるために、開発されたソフトです。

Apple Music ConverterはiTunesライブラリにあるApple Musicの曲、M4B/AA/AAXオーディオブックと他のiTunes対応可能の音声形式をMP3、M4A、AIFF、FLAC、AC3、AU、MKAなどの音声形式に変換できます。出力のMP3とM4Aには曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、トラック番号とアートワークなどの曲の情報を保持できます。ダウンロードしたApple Musicはもちろんです、iTunesライブラリに追加して、まだダウンロードしていない曲の直接変換も可能です。最大16倍速の変換スピードに対応しています。また、ID3タグとキャラクターを使用して、出力ファイルの名前を一気に改名することもできます。

Apple Music Converterは最新のWindows 10とmacOS Mojaveに対応しています。Apple Music ConverterはiTunesと連動する必要があります。常に最新のiTunesに対応しています。下記ではApple Music Converterのインターフェースです。

Apple Music Converter

Spotify Music ConverterはSpotifyの曲、プレイリストとアルバムをMP3、M4A、WAVとFLACの音声ファイルとしてパソコンで保存できます。もちろん、曲名、アルバム、アーティストとアートワークなどの曲の情報も保持できます。Spotifyから曲、プレイリストとアルバムをSpotify Music Converterにドラッグしたり、Spotifyで右クリックして取得したリンクをSpotify Music Converterにコピペーしたり、変換ボタンをクリックすると、Spotify音楽は指定の形式として保存できます。このSpotify音声変換ソフトは無料版のSpotify Freeと有料版のSpotify Premiumとも対応しています。

Spotify Music Converterも最新のWindows 10とmacOS Mojaveに対応しています。Spotify Music ConverterはSpotifyと連動する必要があります。常に最新のSpotifyに対応しています。下記ではSpotify Music Converterのインターフェースです。

Spotify音楽を変換中

もし上記のSpotifyとApple Musicの比較は定額制音楽配信サービスの選択の時に参考になれば、幸いです。また、Apple MusicとSpotify音楽をiPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンとMP3プレーヤーで楽しみたい方にも役に立てると思います。