> 情報局 > 定額制音楽配信サービスのSpotifyとApple Musicを徹底比較

定額制音楽配信サービスのSpotifyとApple Musicを徹底比較

分類:Apple MusicニュースとヒントSpotifyニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2019年8月26日

概要

今、世界中に大人気を持っている音楽ストリーミングサービスは第一位と第二位をめぐって競い合う「Spotify」と「Apple Music」です。同じ音楽を耳に澄ませるストリーミング音楽サービスであり、その違いはなんですか?メリットとデメリットは?料金または聞ける楽曲は?いろいろなことを考えているあなたに、この記事ではAppleMusicとSpotifyの2つの音楽サービスを料金や曲数など基本的なところから、それぞれの強みなどのところを比較します。また、Apple Music変換ソフトであるApple Music ConverterとSpotify変換ソフトであるSpotify Music Converterも紹介します。

「Apple Music」「Spotify」両方も使いやすいストリーミング音楽アプリケーションです。どちらをりようするかを迷っている方が多いと思います。本文は、徹底的に比較して、どちらの方が自分のニーズに応じるかを紹介いたします。

Apple Music VS Spotify

SpotifyとApple Music 料金比較

定額制音楽配信サービスは、一定の料金を支払って、サービスの音楽ライブラリにある全ての曲を聴けます。下記は、Apple MusicとSpotifyの料金比較です。

料金 Apple Music Spotify Premium
学生プラン 月額480円 月額480円
個人プラン 月額980円 月額980円
個人プラン(年間) 年額9800円 年額9800円
ファミリープラン(6人) 月額1480円 月額1480円

料金からみれば、両方も同じです。強いて言えば、Spotifyはフリープランがあり、課金しなくても聞けます。もちろん、いろいろな制限が掛かられています。

  • 一部の曲聞けなく、再生に広告が入る
  • 1時間6回だけスキップ可能
  • 低音質再生(160kbps)
  • オフライン再生ができない
  • シャッフル再生のみ
  • Spotify connectが利用できない
  • デバイスによって再生時間に制限がある

Spotifyは無料版があるため、試しやすいという利点があります。試用時間を構わずいつでも試用できます。一方、Apple Musicには三ヶ月の無料体験期間があり、三ヶ月間、月額ユーザーと同じくすべての機能が利用できますが、三ヶ月後なら再試用ができません。

SpotifyとApple Music ユーザー数比較

2019年六月の記録によりますと:

利用者数 Apple Music Spotify
6000万以上(無料期間中のユーザーも含まれる) 2億7000万人(9600万人は有料会員)

全世界の利用者数、SpotifyとApple Musicでかなりの差がありますが、ユーザー数だけでどちらのほうが優れるのが語られません。それでは次の比較に入ります。

SpotifyとApple Music 楽曲比較

Spotifyの公式サイトに「配信曲数は4000万曲以上」と書いてあります。一方、Apple Music「5,000万曲を広告なしでストリーミング」と記されてあります。しかし、曲の数量だけで何もわかりません。人生で4,000万という数の楽曲を全て聴く人は多分いないでしょう。5,000万曲なんてなおさらです。それではジャンルからその違いを説明します。

洋楽:God's Plan / Drake、The Middle / Zedd、Maren Morris & Grey、Freaky Friday / Lil Dicky ft. Chris Brownのようなトップ洋楽なら、Apple Music/Spotify両方も聞けます。差はありますが、想像より小さいと思います。

邦楽なら、日本を代表する女性アーティストー西野カナさんですが、彼女の楽曲は現在のところApple musicでは全曲配信されていますが、Spotifyではごく一部の曲しか配信されていません。Apple musicでしか配信されていない邦楽ミュージシャンがいます。

Apple Music-西野カナ

邦楽を重視する方には、Apple Musicの方がふさわしいと思います。

Spotify-西野カナ

Apple MusicとSpotifyの比較でなにが大事かと言ったら「自分が聴きたい曲が聴けるのか」ということです。どちらかを利用する前に、検索してみた方がいいです。

SpotifyとApple Music 音質比較

Apple Musicの音質は256kbpsです。iTunesストアから購入したM4A音楽の音質と同じです。Apple Musicの音質はWindows、Mac、iOS、Apple TVとAndroidなどのデバイスで一切違いがありません。

Spotifyはアカウントの種類と利用中のデバイスによって違いがあります。WindowsとMacで、Spotify Freeは160kbps、Spotify Premiumは320kbpsです。Spotifyのウェブプレーヤーなら、Freeは128kbps、Premiumは256kbpsです。iPhone、iPadとAndroidデバイスで、Spotify Freeは設定とインターネット接続によって、96kbpsと160kbpsが可能です。Spotify Premiumなら、320kbpsが利用可能です。 Chromecastの場合、Spotify Freeは128kbps、Spotify Premiumは256kbpsです。

「320kbps」はMP3のビットレートで一番CDに近い音質とされています。音質に少々こだわりがある方には、Spotifyをおすすめします。

SpotifyとApple Music ラジオ機能比較

ラジオの機能において、SpotifyとApple Musicには大きな違いがあります。Apple Musicのラジオステーションは、毎日も全世界100カ国以上にライブが放送されます。番組は「Beats 1」というApple Incが所有および運営する24時間年中無休の音楽ラジオ局から放送されます。心地のよい音楽を流すだけではなく、音楽文化そのものを注目するトピックに関する議論、インタビューも放送されます。音楽を放送するだけで物足りなく、音楽文化も皆さんの心に届くという感じです。

ラジオ機能

Spotifyにはライブ放送のラジオ機能がありません。お気に入りのアーティスト、ジャンル、楽曲、プレイリスト、アルバムに基づいてステーションを作成すれば、その好みに合った楽曲が検索できます。簡単に言えば、Spotifyのラジオ機能はプレイリストを作成することと大いなる差がありません。

本物のラジオを楽しみたい方には、ぜひApple Musicを試してみてください。

本文のまとめ

ストリーミング音楽サービス自体は強弱がありません。一番大事なのは、どんな曲を聴きたいですか。Apple Musicと言えば、洋楽、邦楽も強くて、全部そろったという気がします。

Spotifyときたら、日本に上陸から数年も経って、今も驚くほどのスピードで成長していきます。ですが、邦楽は少々弱く、洋楽は圧倒的にイメージがします。Spotifyには充実したプレイリスト機能や各国のトップ50のランキング、ユーザーの好みを探すという探索性が一番印象的に残されます。Apple Musicには、こういう機能が少々不足だと思います。

ここで、両方のサービスも試すことをおすすめします。きっと一番お気に入りのストリーミング音楽サービスが見つけられます。

Apple Music/Spotifyをもっと楽しみに

Apple Music ConverterとSpotify Music Converterともストリーミング音楽をあらゆるデバイスで聴けるために、開発されたソフトです。時には別の端末に音楽を聴きたく、または別の形式に利用したいなら、きっとお役に立ちでしょう。

Apple Music ConverterはiTunesライブラリにあるApple Musicの曲、M4B/AA/AAXオーディオブックと他のiTunes対応可能の音声形式をMP3、M4A、AIFF、FLAC、AC3、AU、MKAなどの音声形式に変換できます。出力のMP3とM4Aには曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、トラック番号とアートワークなどの曲の情報を保持できます。ダウンロードしたApple Musicはもちろんです、iTunesライブラリに追加して、まだダウンロードしていない曲の直接変換も可能です。最大16倍速の変換スピードに対応しています。また、ID3タグとキャラクターを使用して、出力ファイルの名前を一気に改名することもできます。

Apple Music Converterは最新のWindows 10とmacOS Catalinaに対応しています。Apple Music ConverterはiTunesと連動する必要があります。常に最新のiTunesに対応しています。下記ではApple Music Converterのインターフェースです。

Apple Music Converter

Spotify Music ConverterはSpotifyの曲、プレイリストとアルバムをMP3、M4A、WAVとFLACの音声ファイルとしてパソコンで保存できます。もちろん、曲名、アルバム、アーティストとアートワークなどの曲の情報も保持できます。Spotifyから曲、プレイリストとアルバムをSpotify Music Converterにドラッグしたり、Spotifyで右クリックして取得したリンクをSpotify Music Converterにコピペーしたり、変換ボタンをクリックすると、Spotify音楽は指定の形式として保存できます。このSpotify音声変換ソフトは無料版のSpotify Freeと有料版のSpotify Premiumとも対応しています。

Spotify Music Converterも最新のWindows 10とmacOS Catalinaに対応しています。Spotify Music ConverterはSpotifyと連動する必要があります。常に最新のSpotifyに対応しています。下記ではSpotify Music Converterのインターフェースです。変換した曲は、いつでもどこでもオフライン状態で聞けるようになります

Spotify音楽を変換中

もし上記のSpotifyとApple Musicの比較は定額制音楽配信サービスの選択の時に参考になれば、幸いです。また、Apple MusicとSpotify音楽をiPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンとMP3プレーヤーで楽しみたい方にも役に立てると思います。