> 活用記事 > Apple Music変換・DRM解除ソフトトップ3:TuneMobie VS Sidify VS TunePat

Apple Music変換・DRM解除ソフトトップ3:TuneMobie VS Sidify VS TunePat

分類:Apple Music変換・DRM解除|村上 優|2021年1月21日|一ヶ月ライセンス1980円からWindows版を購入 | macOS版を購入

概要

Apple MusicからダウンロードしたM4PファイルはDRMで保護されたものです。そのため、iPod Nano/Shuffle、ウォークマンやMP3プレーヤーで再生できません。SDカードやUSBメモリへのコピー、オーディオCDへの書き込み、動画編集ソフトでBGMとしての利用が不可能です。これらの制限を突破するに、Apple MusicのDRM保護を解除できて、Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換できるApple Music変換ソフトが必要です。この記事ではTuneMobie、SidifyとTunePatの三つの会社からのApple Music変換ソフトを紹介・比較します。結論から言えば、TuneMobie Apple Music Converterをおすすめします。

なぜApple Music変換・DRM解除ソフトが必要ですか

周知のように、Apple Musicは定額制のストリーミング音声サービスであり、Apple Musicからダウンロードされた音楽はDRMで保護されたM4Pファイルであり、Apple IDに関連付けられています。そのため、Apple Musicの曲はiPod Nano/Shuffle、PSP、ウォークマン(ストリーミングウォークマンを除く)と様々なMP3プレーヤーで再生できません。SDカード、USBメモリ、USB HDDにM4Pファイルをコピーしても、他のデバイスやソフトで認識できなくて、再生・利用できません。iMovie、Final Cut Pro X、Vivivideo、Cutecutなどの動画編集ソフト・アプリでBGM(バックグラウンド音楽)として利用不可です。様々な制限がありますね。

一般な録音ソフトを使って、Apple Musicを再生しながら、録音してMP3、M4Aなどとして保存するに、再生の開始・停止のクリックを繰り返す必要があり、曲の情報もちゃんと保持できません。一、二曲の録音はまだ簡単かもしれませんが、アルバム・プレイリストを丸ごと録音するのは、到底想像できない操作です。そのため、プロのApple Music変換・DRM解除ソフトが開発されました。

Apple Music Converter: Apple Music DRM解除

ソフトの名前を見れば、機能が分かれるようにするに、Apple Music変換・DRM解除ソフトの名前は一般に「○○ Apple Music Converter」となります。Apple Music Converterを名乗っているソフトも幾つかがありますが、ここではTuneMobie Apple Music Converter、Sidify Apple Music ConverterとTunePat Apple Music Converterを三つ紹介します。

ここでは、まずこの三つのApple Music Converterの共通機能を紹介します。

  • Apple Musicの曲からDRMを解除、一括でMP3、M4A、WAV、FLACなどに変換
  • タイトル(曲名)、アーティスト、アルバム、ジャンル、アートワーク、トラック番号などの情報を保持
  • 出力ファイルをアルバム、アーティスト、アーティスト・アルバムのフォルダに整理
  • 最新のWindowsとmacOSで動作可能、英語・日本語など主流な言語のインターフェースに対応

各社のApple Music Converterの基本機能は同じですが、他の機能、インターフェース、価格と注意事項も違います。まずそれぞれのインターフェースと機能をご覧ください。

TuneMobie Apple Music Converterの機能紹介

TuneMobie Apple Music ConverterはApple Music変換・DRM解除ソフトだけではなく、M4B/AA/AAXオーディオブックの変換、iTunes音声の相互変換、iTunes動画の音声抽出などの機能も搭載しています。

TuneMobie Apple Music Converter

  • Apple Musicの曲をMP3、M4A、AIFF、WAV、AC3、AAC、FLACなどの音声形式に変換
  • M4B、AA、AAX形式のオーディオブックの変換、iTunes音声の相互変換に対応
  • iTunesのムービー、ミュージックビデオ、テレビ番組、ホームビデオの音声を抽出
  • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号とアートワークなどのID3タグを保持
  • オーディオブックからM4Aへの変換ではチャプター情報を保持
  • 曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号、ハイフン、スペースなどを利用、出力を一括で改名
  • 出力のファイルをアルバム、アーティスト、アーティスト/アルバムのフォルダに整理
  • ID3タグ編集機能を内蔵、曲名、アーティスト、アルバム、ジャンルとアートワークの編集に対応
  • WindowsとmacOS 10.12まで最大16倍速で変換、macOS 10.13以降では原速
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

TuneMobie Apple Music Converterの長所と短所

長所:様々な入力・出力形式に対応、充実した曲の情報の保持、編集と利用機能を搭載、最大16倍速で高速変換、必要に応じて変換スピードの調整に対応。Apple Musicをダウンロードしなくて、ライブラリに追加すれば変換可能。

短所:iTunes・ミュージックアプリ(macOS 10.15以降)と連動する必要がある


Sidify Apple Music Converterの機能紹介

Sidify Apple Music ConverterはApple Music変換・DRM解除とオーディオブックの変換を統合しています。

Sidify Apple Music Converter

  • Apple Musicの曲をMP3、M4A、AIFF、WAV、FLACの音声形式に変換
  • M4B、AA、AAX形式のオーディオブックの変換
  • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号とアートワークなどのID3タグを保持
  • 曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号などを利用、出力を一括で改名
  • 出力のファイルをアルバム、アーティスト、アーティスト/アルバムのフォルダに整理
  • WindowsとmacOS 10.12まで最大10倍速で変換、macOS 10.13以降では原速
  • 普通の音声形式の相互変換機能を内蔵
  • CD書き込み、OneDriveへのアップロードの機能を用意
  • ID3タグ編集機能を用意
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応

Sidify Apple Music Converter

Sidify Apple Music Converterの長所と短所

長所:CD書き込み機能を内蔵、別にCD書き込みソフトのインストールは不要。変換にiTunes・ミュージックアプリの起動は不要。

短所:iTunes・ミュージックアプリでの設定項目を正しく設定していない場合、ソフトを起動できない。変換前にタグ編集が不可能。最大10倍速と宣伝、変換スピードは1Xのオプションだけを用意。


Tunepat Apple Music Converterの機能紹介

Tunepat Apple Music ConverterはApple Music変換・DRM解除の機能しか搭載されていません。

Tunepat Apple Music Converter

  • Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAV、FLACの音声形式に変換
  • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号とアートワークなどのID3タグを保持
  • 出力のファイルをアルバム、アーティスト、アーティスト/アルバムのフォルダに整理
  • 最大10倍速でApple Musicの曲、アルバムとプレイリストを録音
  • 最新版のWindowsとmacOSに対応

Tunepat Apple Music Converter

TunePat Apple Music Converterの長所と短所

長所:使いやすい。iTunesをインストールしなくても変換可能。

短所:機能が少ない。Apple Musicウェブプレーヤーと連動する必要がある。TunepatのソフトでApple IDとパスワードの入力が必要。出力の改名が不可能。ID3タグ編集機能がない。インターネットに接続できない場合、変換できない。遅いインターネットの接続スピードは変換の邪魔になる。


Apple Music変換・DRM解除ソフトの対応の入力・出力形式を比較

比較項目 TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
TunePat
Apple Music Converter
入力形式
ダウンロードしたApple Musicの曲 Yes Yes No
ライブラリに追加したApple Musicの曲 Yes Yes Yes
iTunes M4A音楽、他のiTunes音声形式 Yes No No
保護されていないM4Bオーディオブック Yes No No
保護されたM4B/AA/AAXオーディオブック Yes Yes No
ホームビデオと保護されたiTunes M4V動画 Yes No No
出力形式
MP3、M4A、WAV、FLAC Yes Yes Yes
AIFF Yes Yes No
AU、AAC、AC3 Yes No No

TuneMobie Apple Music Converterが対応できる入力ファイルと用意した出力形式は一番多いです。一般的に言えば、MP3とM4Aは日常使用に対するニーズを満たせます。しかし、他の音声形式を求める場合もあるかもしれません。入力・出力形式の対応からApple Music Converterを選択すれば、TuneMobie Apple Music Converterをおすすめします。

入力・出力の選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter > TunePat Apple Music Converter


各社のApple Music Converterの機能と変換スピードの比較

入力・出力形式の対応は重要ですが、各社のApple Music Converterで利用できる機能も重要です。ここではこの三つのApple Music DRM解除ソフトに搭載されている機能を比較します。

比較項目 TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
TunePat
Apple Music Converter
出力でID3タグを保持 Yes Yes Yes
ID3タグの編集 Yes Yes No
出力ファイルの改名 Yes Yes No
出力ファイルをフォルダに整理 Yes Yes Yes
内蔵の検索機能 Yes Yes Yes
変換スピード 1Xから16倍速まで調整 1X、10倍速 1X、10倍速
変換スピードの調整 Yes No No
出力の音量の調整 Yes No No
トリム機能 Yes No No
CD書き込み No Yes No
OneDriveへアップロード No Yes No
オンライン変換 Yes Yes Yes
オフライン変換 Yes Yes No

TuneMobie Apple Music Converterの変換スピードは一番速いです。また、必要に応じて、変換スピードの調整も可能です。また、出力音量の調整、トリムなど実用的な機能も搭載しています。Sidify Apple Music Converterならソフトの内部で出力をCDに書き込めますが、CD書き込みの機能も非常に簡単で、iTunes・ミュージック、Windows Media PlayerなどのCD作成機能に匹敵できません。OneDriveへのアップロードの機能も鶏肋に過ぎません。TunePat Apple Music ConverterはApple Musicウェブプレーヤーを利用する必要があるため、インターネットに接続できない場合、完全に利用できなくなります。

機能面から言えば、TuneMobie Apple Music Converterの機能は充実で実用で、他の二つのApple Music Converterと比べれば、TuneMobie Apple Music Converterをおすすめします。TunePat Apple Music Converterの機能は少ないですから、おすすめしません。

機能の選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter > TunePat Apple Music Converter

Apple Music変換・DRM解除ソフトの価格一覧

これらのApple Music DRM解除ソフトは全部無料体験版を提供しています。購入する前に体験版を試用することをお勧めします。体験版の制限なら、三つのApple Music Converterも三分しか変換できません。完全版を利用するに、ライセンスキーの購入が必要です。この三つのApple Music Converterの価格リストをご覧ください。

価格リスト(税抜き) TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
TunePat
Apple Music Converter
月間ライセンス 1980円 1980円 1980円
三ヶ月ライセンス 3980円 No No
年間ライセンス 7980円 7980円 7980円
永久ライセンス 14980円 17980円 17980円
ファミリーライセンス(パソコン5台) 28980円 No No
無料アップデート Yes Yes Yes
日本語サポート Yes Yes Yes
購入後の返金日 全部30日内 5日、5日、30日内 5日、5日、30日内

Apple Musicの無料体験期間も三ヶ月です。月間プランはあんまり実用ではありません。年間・永久ライセンスの方はTuneMobie Apple Music Converterを安くて入手できます。複数のパソコン向けのファミリーライセンスも用意ししています。Sidify Apple Music ConverterとTunePat Apple Music Converterの価格リストは同じく高すぎます。価格から見ても、TuneMobie Apple Music Converterをおすすめします。

価格の選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter > TunePat Apple Music Converter

上記の比較から見たら、機能も価格もTuneMobie Apple Music Converterが最適です。Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲のDRM保護を解除して、MP3、M4Aなどの汎用の音声形式に変換したい場合、TuneMobie Apple Music Converterの購入をおすすめします。

Apple Music DRM解除ソフトの最終選択:TuneMobie Apple Music Converter

ビデオでApple Music Converterの操作ガイドを見る