> 活用記事 > Apple Music DRM解除ソフトトップ3:TuneMobie VS Sidify VS Tuneskit

Apple Music DRM解除ソフトトップ3:TuneMobie VS Sidify VS Tuneskit

分類:DRM解除ソフトの活用術|投稿者:村上 優|2018年1月31日

概要

Apple Musicは日本でもかなりの人気があります。しかし、DRM保護のため、ダウンロードしたApple Musicの曲はiPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンと様々なMP3プレーヤーで再生できません。「どうすれば、Apple Musicの曲をMP3或はM4Aに変換しますか」という質問は絶えません。今、幾つかのApple Music DRM解除ソフトが現れ、一体どれを入手すべきですか?悩むことはありません。ここではTuneMobie Apple Music Converter、Sidify Apple Music ConverterとTuneskit Apple Music Converterなど三つのApple Music DRM解除ソフトを徹底的に比較します。結果から言えば、TuneMobie Apple Music Converterは最強です。

Apple Music DRM解除ソフトの共通機能、音声録音ソフトにより遥かに便利

「Apple Music Converter」と名づけているプログラムは、ダウンロードしたApple Musicの曲からDRM保護を解除して、曲の情報を保持したまま、Apple Musicの曲をMP3或はM4Aに変換することができます。そうでないと、「Apple Music Converter」と名づけては詐欺に過ぎません。Apple Music ConverterもよくApple Music DRM解除ソフトと呼ばれています。これらのApple Music DRM解除ソフトを利用すると、音声録音ソフトのように仮想のサウンドカードをインストールする必要がありません。音声録音ソフトはApple Musicの曲を再生しながら録音することによって、Apple MusicをMP3或はM4Aとして保存することも可能ですが、色々な不便さもあります。

例えば、録音の時、二つ或は複数の曲をちゃんと分割できなくて、一つの曲として保存することもよくあります。なお、録音ソフトはオンラインのデータベースから曲の情報を取得して、本体のID3タグと一致しない場合もよくあります。手動で一々チェックしたら、かんなり不便となります。なお、データベースにいない曲、インターネット接続のない場合、曲の情報を取得できないことになってしまいました。

Apple Music Converter: Apple Music DRM解除

という訳で、どのApple Music Converterを使っても、音声録音ソフトにより、遥かに便利です。ここでは、まずApple Music Converterの共通機能を見ましょう。

  • Apple Musicの曲からDRMを解除一括でMP3かM4Aに変換、iPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンと様々なMP3プレーヤーで制限なく自由自在に再生
  • 曲のタイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、アートワーク、トラック番号、ディスク番号などの情報を保持
  • 内蔵の検索ボックスを用意、素早く変換したいApple Musicの曲を探し出せる
  • Windows版もMac版もあり、最新のWindows 10とmacOS Mojaveに対応
  • iTunesと連動するため、iTunesのインストールが必要

Apple MusicをMP3、M4Aに変換にするのは基本的な機能です。しかし、オーディオブック変換、ID3タグ編集、曲の名前の変更、ほかの形式への変換などをしたい時もあります。ですが、Apple Music DRM解除ソフトと言っても、価格が近い場合、やはり機能の強いソフトを選択した方がいいではないでしょうか。

Apple Music DRM解除ソフトトップ3:TuneMobie VS Sidify VS Tuneskit

この記事では、TuneMobie Apple Music Converter、Sidify Apple Music ConverterとTuneskit Apple Music Converterなど三つのApple Music DRM解除ソフトを比較します。対応する入力と出力形式、ID3タグ関連機能、他の基本機能、変換スピードと価格から徹底的に比較します。まずこの三つのApple Music Converterのスクリーンショットをご覧ください。

TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

Sidify Apple Music Converter

Sidify Apple Music Converter

Tuneskit Apple Music Converter

Tuneskit Apple Music Converter

Apple Music DRM解除ソフトの対応する入力形式を比較

入力ファイル TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
Tuneskit
Apple Music Converter
ダウンロードしたApple Musicの曲と昔のDRM保護されたM4Pファイル Yes Yes Yes
iTunesライブラリに追加済、ダウンロードしていないApple Musicの曲 Yes No No
iTunesストアで購入したM4A曲 Yes Yes No
MP3、M4A、WAV、AIFFなどiTunesが対応する他の音声形式 Yes Yes No
保護されていないM4Bオーディオブック Yes Yes No
保護されたiTunes M4Bオーディオブック Yes Yes No
保護されたAudible AA/AAXオーディオブック Yes Yes No
保護されたiTunes M4Vムービー、テレビ番組とミュージックビデオ Yes No No
追加されたホームビデオ Yes No No

TuneMobieもSidifyもダウンロードしたApple Musicの曲、iTunesストアで購入したM4A曲と保護されたM4B/AA/AAXオーディオブックと追加した暗号化なしのM4Bオーディオブックを変換できます。ただし、TuneMobieは保護されたiTunes M4Vムービー、テレビ番組とミュージックビデオ及び追加されたMP4、MOV、M4Vなどのホームビデオから音声を抽出することも可能です。TuneskitはダウンロードしたApple Musicの曲と昔の古いM4Pファイルだけを変換できます。オーディオブックを変換するには、同社の他のソフトを購入する必要があります。

この三つのApple Music DRM解除ソフトの中に、TuneMobie Apple Music Converterだけはオンラインから直接にApple Musicを変換できます。好きなApple MusicをiTunesライブラリに追加して、安定なインターネット接続があれば変換可能です。わざわざと多くのApple Musicの曲をダウンロードする必要がありません。時間の大節約です。

選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter > Tuneskit Apple Music Converter

Apple Music DRM解除ソフトの対応する出力形式を比較

一般的に言えば、MP3とM4Aは日常使用に対するニーズを満たせます。しかし、他の音声形式を求める場合もあるかもしれません。ここでは、これらのApple Music DRM解除ソフトの対応する出力形式を見ましょう。

  • TuneMobie Apple Music Converter:MP3、M4A、AC3、AIFF、AU、FLAC、MKA
  • Sidify Apple Music Converter:MP3、M4A、FLAC、WAV
  • Tuneskit Apple Music Converter:MP3、M4A、AAC (*.aac)、FLAC、WAV、M4B

TuneMobie Apple Music Converterは八つの出力形式にも対応しています。その中に、M4R形式はiPhoneの着信音形式です。これで、好きなApple Musicの曲をiPhone着信音に設定することも可能にしました。WAV形式がなくてはちょっと残念ですが、殆どの場合は代わりにFLACを使用すればいいです。

選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Tuneskit Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter

Apple Musicの曲の情報(ID3タグ)の保存、編集と利用

ID3タグは、MP3ファイルの中に、曲名、アルバム、アーティスト、作成年、トラック番号、アートワーク等の情報を指します。ID3タグはiTunesストアで販売する音楽と動画にも広く使われています。ストリーミング音楽であるApple MusicもID3タグを利用しています。もしID3タグがなくなったら、音楽を聴く体験はめちゃくちゃになってしまいました。幸いなことに、全てのApple Musicの曲はID3タグを用意しています。Apple Music ConverterもID3タグを保持したまま、MP3とM4Aに変換できます。

ここではこの三つのApple Music DRM解除ソフトはID3タグに対するできることをご覧ください。

ID3タグ TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
Tuneskit
Apple Music Converter
出力MP3/M4Aの曲にID3タグを保持 Yes Yes Yes
変換する前にID3タグを編集 Yes No No
ID3タグを利用、出力の曲の名前を変更 Yes No No

変換する前に、TuneMobieは曲のID3タグを編集することができます。Apple Musicの曲に対して特にID3タグを編集する必要がありませんが、手動でiTunesライブラリに追加された他の音楽ファイルにID3タグは失ったり、間違ったりする場合、編集したら、出力ファイルのID3タグは正しくなることができます。

変換する前に、TuneMobieもID3タグとキャラクターを利用して、出力の曲を一括で分類と改名することができます。利用可能のID3タグは曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号とディスク番号などです。スラッシュ(/)或はバックスラッシュ(\)を利用して、フォルダの作成が可能です。スペース、ハイフンと下線などは出力ファイルの名前に利用可能です。

ID3タグを利用、出力ファイルを分類・改名

例えば、テイラー・スウィフトのアルバム「1989 (Deluxe Edition)」にある“06 Shake It Off.m4p”という曲をMP3に変換したら、SidifyもTuneskitも出力の名前を変更できなくて、“06 Shake It Off.mp3”となっています。曲の名前を“Taylor Swift – Shake It Off.mp3”に変更するには、手動で操作する必要があります。

TuneMobieを利用したら、変換する前に、出力のファイルの名前を{album}\{artist} – {title}に設定したら、出力の曲は"Taylor Swift – Shake It Off.mp3"となって、「1989 (Deluxe Edition)」というフォルダに保存されます。

選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter > Tuneskit Apple Music Converter

Apple Music Converterの他の基本機能を比較

他の基本機能 TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
Tuneskit
Apple Music Converter
チャプターを保持したまま、オーディオブックをM4Aに変換 Yes No No
内蔵された検索ボックス Yes Yes Yes
出力音声音質プリセット(ビットレートを選択) Yes Yes Yes
サンプルレート、チャンネルなどのパラメーターを設定 Yes No Yes
日本語、英語などの多言語のインターフェース Yes Yes Yes

TuneMobieもSidifyもオーディオブックをM4Aに変換できますが、TuneMobieだけはチャプターの情報を出力のM4Aに保持できます。チャプターを利用すると、すぐにオーディオブックのある時点に飛ぶことができます。オーディオブックを楽しめるには不可欠な機能と言えます。

など、TuneMobieもTuneskitも出力音声のパラメーターを設定できます。Sidifyには、サンプルレートとチャンネルに対する設定項目がありません。

インターフェースの言語なら、この三つのApple Music DRM解除ソフトは全部日本語を始め、多言語に対応しています。

選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Tuneskit Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter

Apple MusicをMP3に変換するスピードと使った時間を比較

どのApple Music Converterでも速い変換スピードをソフトの利点として宣伝しています。

スピード & 変換テスト TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
Tuneskit
Apple Music Converter
宣伝された最大スピード 16X 20X 30X
スピードを調整するオプション Yes No No
5曲の変換に使った時間
(合計再生時間:00:20:05)
00:01:20 00:02:31 00:02:37
アルバム全体16曲の変換に使った時間
(合計再生時間:01:01:12)
00:04:01 00:05:10 00:05:55

TuneMobieだけは変換スピードを調整するオプションを提供しています。原速から16倍速まで自由に調整できます。SidifyもTuneskitも変換スピードを調整できませんので、20倍速とか30倍速とか、所詮ほらを吹くことに過ぎません。

選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter > Tuneskit Apple Music Converter

Apple Music DRM解除ソフトの価格一覧と最終選択

これらのApple Music DRM解除ソフトは全部無料体験版を提供しています。購入する前に体験版を試用することをお勧めします。体験版の制限なら、TuneMobie Apple Music ConverterもSidify Apple Music Converterも曲ごとに三分まで変換できますが、Tuneskit Apple Music Converterは曲ごとに三分の一を変換します。

この三つのApple Music Converterの価格リストをご覧ください。

価格リスト TuneMobie
Apple Music Converter
Sidify
Apple Music Converter
Tuneskit
Apple Music Converter
一年購読 2280円 No No
永久ライセンス 4580円 5000円 34.95ドル(約3800円)
ホームライセンス(パソコン5台) 8980円 No No
製品有効期間での無料アップデート Yes Yes Yes

TuneMobieだけは柔軟な価格を提供しています。パソコン1台の一年ライセンス、パソコン1台の永久ライセンス、パソコン5台のホームライセンスなどが利用可能です。必要に応じて、便利に選択できます。

選択の優先順位:TuneMobie Apple Music Converter > Tuneskit Apple Music Converter > Sidify Apple Music Converter

上記の比較から見たら、機能も価格もTuneMobie Apple Music Converterが最強です。Apple Musicの曲とオーディオブックからDRMを解除して、MP3かM4Aに変換したい場合、TuneMobie Apple Music Converterを購入するにはかしこいやり方です。

Apple Music DRM解除ソフトの最終選択:TuneMobie Apple Music Converter

Apple Music Converterの製品活用記事