> 情報局 > テイラー・スウィフトとApple Musicのストーリー

テイラー・スウィフトとApple Musicのストーリー

分類:Apple Musicニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2017年12月21日

概要

Apple Musicは3ヶ月の無料トライアル期間と発表済み、テイラー・スウィフトが無料トライアル期間の楽曲使用料が支払われないことに不満を表明しました。これを受けて、Apple Musicは方針を変更しました。2015年12月、テイラー・スウィフトの1989ワールドツアーのドキュメンタリー映像をApple Musicで独占配信しました。2016年4月、Apple Musicの広告動画にテイラー・スウィフトが出演しました。この記事では、テイラー・スウィフトとApple Musicのストーリーが掲載されます。ちなみに、テイラー・スウィフトの音楽をどこでも楽しみたいと、下記のソフトウェアを利用してください。

テイラー・スウィフトは誰?

テイラースウィフトが世界最大のポップスターの一つです。テイラー・スウィフトには、多くのレーベルがあります。例えば、音楽業界で最も賢いビジネス・ウーマンであり、今日の若い世代をカントリー・ミュージックに納得させる主な理由の一つであり、 歴史で最も多才で賢い作詞者の一つなどです。

公開情報によって、テイラースウィフトは1989年12月13日に生まれ、個人の生活についての歌でよく知られています。テイラー・スウィフトをGoogleで検索したら、もっと情報を見えます。

テイラースウィフト

この記事では、テイラースウィフトのApple Music活動について掲載します。ハリウッドムービーほど素晴らしいです。もしもApple Musicが男になったら、テイラースウィフトとApple Musicの間にはラブストーリーが存在するはずです。タイムラインの詳細を見てみましょう。

2015年6月:テイラースウィフトがApple Musicの無料トライアルに不満

Appleがユーザーを引き付けるために、3ヶ月の無料トライアル期間と発表しました。また、アーティストがそのストリームのロイヤリティを見せないとレコード会社にこっそり言いました。テイラースウィフトは午前4時にApple Musicへの手紙を公開しました。以下は手紙の二つの部分です。

"I’m sure you are aware that Apple Music will be offering a free 3 month trial to anyone who signs up for the service. I’m not sure you know that Apple Music will not be paying writers, producers, or artists for those three months. I find it to be shocking, disappointing, and completely unlike this historically progressive and generous company."

"But I say to Apple with all due respect, it’s not too late to change this policy and change the minds of those in the music industry who will be deeply and gravely affected by this. We don’t ask you for free iPhones. Please don’t ask us to provide you with our music for no compensation."

上記の英語部分の大体の意味は以下です。

「Apple Musicは全ての登録者に3ヶ月の無料体験の提供と存じしていると思いますが、Apple Musicはこの三ヶ月の無料体験に作者、プロデューサーとアーティストに何も支払っていないことはご存知ですか。これは本当に不快で失望させました。これは歴史上革新的で物惜しみしない会社と完全に違います。失礼ながらAppleに言いたいのは、このポリシーの変更、この音楽インダストリアルに深刻な影響を与える考えの変更、まだ遅くではありません。我々は無料のiPhoneを求めていませんので、我々の音楽も報酬なく提供するを求めないでください!」

手紙の内容に興味があれば、Googleに「テイラースウィフト Apple Music letter」で検索してください。その数日後、Appleは無料期間中もアーティスト、レコード会社、出版社にストリーム使用料を支払うことと発表しました。

2015年6月:テイラースウィフトのアルバムがApple Musicで配信

Apple Musicは3ヶ月の無料トライアル期間と発表しました後、テイラースウィフトはTwitterで、Apple Musicで「1989」を配信し、バックカタログと一緒に初めてストリームを流すことに決めましたと発言しました。

Taylor Swift アルバム 1989 アートワーク

“After the events of this week, I've decided to put 1989 on Apple Music...and happily so.” — Taylor Swift (@taylorswift13) June 25, 2015

通訳:「今週のイベントの後、喜んで1989をApple Musicに登録することを決定しました」

“This is simply the first time it's felt right in my gut to stream my album. Thank you, Apple, for your change of heart.” — Taylor Swift (@taylorswift13) June 25, 2015

通訳:「これは初めて心から私のアルバムをストリームすることは正しいことと感じました。Appleの心からの変更を感謝しました」

また、テイラースウィフトは、「1989」をApple Musicで契約上の独占配信ではなく、ただ他のサービスにアルバムを載せたくないと説明しました。実際に長い間、Apple Musicで独占配信していました。

2015年12月:テイラースウィフトの26歳の誕生日&Apple Musicの最初の独占配信

26歳の誕生日であった2015年12月13日、テイラー・スウィフトが、1989ワールドツアーを追ったドキュメンタリー映像をApple Music で独占配信すると発表しました。実際、1989ワールドツアーは2015年5月に始まり、ちょうど2015年12月12日に誕生日の1日前に終了しました。本当に完璧なタイミングでした。

Taylor Swift 1989 ワールドツアー

テイラー・スウィフトは、作品を宣伝する時に@AppleMusicすることも忘れませんでした。

“Thank you so much for all the birthday wishes. I have a little surprise for you. #1989WorldTourLIVE @applemusic https://t.co/actZbWBt4R” — Taylor Swift (@taylorswift13) December 13, 2015

通訳:「全ての誕生日の祈りに感謝します。あなたたちに驚喜を用意しました。」

“Celebrate with us December 20 on @AppleMusic #1989WorldTourLIVE pic.twitter.com/oksxT1q6pM” — Taylor Swift (@taylorswift13) December 17, 2015

通訳:「12月20日Apple Musicで我々と一生に祝いましょう。」

2016年4月:テイラースウィフトがApple MusicのCM動画に出演

4月1日の朝、テイラースウィフトはApple Musicの短いCM動画をツイートしました。「本当にあったことに基いてます」という説明しましたが、多くの人はそれが本当だと思いませんでした。それはエイプリルフールの日だったのですが、おそらくテイラースウィフトは誰を騙す必要はありませんでした。

Taylor Swift Apple Music CM動画

CM動画では、テイラースウィフトは、ランニングの準備をしていました。彼女はApple Musicで「#GYMFLOW」と呼ばれるプレイリストを選び、ドレイク&フューチャーの最近のミックステープ「What a Time To Be Alive」の「Jumpman」を再生するところから始まりました。歌詞に合わせて左手を振り上げたところでバランスを崩して転倒してしまいました。

それが本当であり、或はApple Musicを宣伝するためのことを信じていましたか?以下はテイラー・スウィフトのツイートです。

“Based on true events. #TAYLORvsTREADMILL @applemusic @Drake @1Future https://t.co/ryUY3Yz7Pr https://t.co/1eIHjoVIFU” — Taylor Swift (@taylorswift13) April 1, 2016

通訳:「真実の事を基づく」

2017年6月:Apple Musicがテイラースウィフトの音楽の独占配信権を失った

テイラースウィフトの全てのカタログがSpotify、Pandora、Google Playミュージックで収録されました。以前、「1989」以外のテイラースウィフトの音楽がTidalで配信されていました。今、「1989」もTidalにも追加されました。

上記の通り、テイラースウィフトはApple Musicの無料トライアル期間の楽曲使用料が支払われないことに反対しましたが、今はSpotifyの無料音楽サービスを許可しました。テイラースウィフトの最新動向がApple Musicにとってきっと大きな打撃を与えました。

とにかく、テイラースウィフトはApple Musicに多くのファンを引き付けました。私たちが、音楽業界で最も賢いビジネス女性の一人であるテイラー・スウィフトの利益を最大限に引き出す行動に批判することはできません。

Apple Musicの購読者向けのソリューション、テイラースウィフトの楽曲を様々なデバイスで楽しむ

あなたがApple Musicの購読者であれば、また「1989」と他のテイラースウィフトの曲やアルバムをライブラリに追加しました。ダウンロードした曲をiPod Nano、iPod Shuffle、iPod Touch 4に同期しようとすると、「Apple Musicの曲をiPodにコピーできない」というメッセージが表示されます。また、MP3プレイヤーまたはPSPは、DRMで保護された* .m4p拡張子のApple Musicトラックを認識できません。

ここでは、上記の問題を解決するために、TuneMobie Apple Music Converterを紹介します。Apple Music Converterを使用すれば、Apple Musicの購読者はテイラースウィフトの楽曲をiPod shuffle、iPod Nano、PSP、PS3、Xbox及びMP3プレイヤーで簡単にを楽しむことができます。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

以下は、TuneMobie Apple Music Converterの素晴らしい機能です。

  • Apple MusicトラックをMP3、M4A、AC3、AIFF、FLAC、AU、MKAに変換
  • タイトル、アルバム、アーティスト、ジャンル、アートワーク、トラック数などのIDタグを出力のMP3やM4Aに保持
  • Apple Musicの曲を指定された形式に変換し、16倍までの変換速度で変換
  • IDタグとキャラクタを使用して出力ファイル名とフォルダのルールを指定
  • M4Vムービー、テレビ番組、ミュージックビデオ、ホームビデオからオーディオを抽出
  • 内蔵された検索ボックスで曲を簡単に検索
  • PCにダウンロードせずに、ライブラリに追加されたApple Musicの曲、アルバム及びプレイリストを変換
  • 非常に使いやすいインターフェース、iTunesライブラリとプレイリストを統合
  • 最新のWindows 10、macOS SierraとiTunesに完全対応

以下のガイドに興味があるかもしれません。

Apple Music Converterの製品活用記事