> 情報局 > Spotify Web Playerの使用、メリット、デメリットをまとめ

Spotify Web Playerについて紹介

分類:Spotifyニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2019年9月25日

概要

パソコン、スマホ、タブレットのアプリ以外にも、Web Playerを使えば、お使いのブラウザでSpotifyを楽しめます。スマホのように、気軽に持ち運び、通勤中に音楽を流すと言うわけにはいきませんが、Spotify Web Playerには、独自の魅力があります。Spotify Web Playerはあまり知られていないようですが、本文は、そのSpotify Web Playerの使用方法、メリットとデメリットを皆さんに説明します。また、Spotify Music ConverterというSpotify変換ソフトを利用して、より快適に音楽を楽しむ方法も紹介します。

Spotify Web Player主な機能紹介

Web Playerでも、Spotify の全ての楽曲にアクセスでき、アプリと同じ機能を使えます。使える機能は以下の通りです。

  • アーティスト、アルバム、曲、プレイリストの検索
  • おすすめのコンテンツ、ニューリリース、ジャンル&気分などの Browse 機能
  • My Libraryに保存したプレイリスト、曲、アルバム、アーティストなどへのアクセスや編集
  • アーティストページの確認

こう見れば、アプリ版のSpotifyとほとんど差がありません。Web PlayerはChrome、Firefox、Edge、Operaという四つのブラウザで使用できます。ほかのブラウザは使えないというわけではないですけど、うまく行けるのかまだ知りません。

Spotify Web Player操作ガイド

Web Playerをリンクしてください。利用する前に、Spotifyアカウントが必要です。アカウントお持ちでない方は、登録してください。アカウントをログインしないと、再生しようする時、ログインアラートが表示されます。

Spotify Web Playerログインアラート

「ログイン」を押すと、自分のアカウントをログインしたら、Web Playerが使えます。

Spotify Web Playerログイン

ログインした後、自分のプレイリストなどがアプリ版のように左側に表示されます。

Spotify Web Playerインタフェース

ブラウザのWeb Playerを利用して音楽を聴く場合には、このままブラウザ上で音楽を選択してクリックして、音楽の再生が始まります。

Spotify Web Playerのメリット

曲、プレイリストより快適

スマホは大きさの制限によって、たとえ今のスマホのスクリーンは日々大きくなっていくとしても、大きさは一定的な程度に抑えられています。小画面に操作するのがやや不便です。Web版のSpotifyなら、画面はモニターに映るので、スマホと比べてはるかに見やすく、曲の管理もよりやさしいです。スマホのように、何度も指の操作で画面を切り替えることが、Web版Spotify Web Playerはその必要がありません。

インストール不要

仕事または別のことのため、別のPCに切り替える時、わざわざ「Spotify」というアプリをインストールしたくない時(特に会社用のパソコン)、Web Playerがあれば心強いです。ブラウザとインターネット環境さえあれば、どんなパソコンにでも聞けます。

Spotify Web Playerー仕事

Spotify Web Playerのデメリット

Web版Spotify Web Playerには、スマホ版のSpotify Playerにはないメリットがあることを確認しました。では、デメリットの方はどうですか。次は、デメリットを説明します。

ダウンロード不能

スマホなら、曲をダウンロードして、オフラインでもさいせいできます(プレミアムプランのみ)が、Web Playerの方は、ダウンロード機能がサポートされません。いざという時、ネットとの接続が切られたり回線のステータスが悪くなったりのような時、ほぼパニックに陥ってしまいます。

タッチと違う操作方式

Spotify Web Player タッチ操作

スマホまたはタブレットをすでに慣れた方にとって、スライド、フリック、タッチのような操作は簡単ですが、パソコンの場合はマウス、キーボードなので、PCを使いこなせなければ、Web版Spotify Web Playerを使いこなすことができません。

アドバタイズメン表示(無料プランのみ)

すでに知っていたかもしれませんが、無料プランなら、広告は一曲の再生完了から次の曲の再生開始の隙間で放送されます。大体3曲~4曲を聞いたら、10秒から15秒まで、たまにも30秒ほど長い広告が出ます。Web Playはそれ以上、ピクチャ形式の広告も表示されます。

Spotify Web Playr 広告

どんな場合でもSpotify音楽を聞ける方法

TuneMobie Spotify Music Converter

TuneMobie Spotify Music ConverterはSpotifyと連動して、Spotify音楽の曲、アルバムとプレイリストを高音質のMP3、M4A、FLACまたはWAVとしてダウンロードして、パソコンに保存するSpotify音楽変換ソフトです。Spotify無料(Free)もSpotify有料(Premium)もダウンロードできます。更に、ダウンロードしたSpotify音楽は、曲名、アーティスト、ジャンル、アルバムとアートワークなどの情報を丸ごと保持することができます。

TuneMobie Spotify Music Converterは使いやすいインターフェースを持って、Spotify音楽を高音質のMP3、M4Aに保存するに、Spotifyから音楽の追加、出力形式の選択と変換の開始など幾つかのクリックだけで十分です。Spotifyから音楽をソフトに追加するに、Spotifyで曲、アルバムとプレイリストのURLをコピーしてソフトにペーストして、或いはSpotifyから曲、アルバムとプレイリストをSpotify Music Converterにドラッグ&ドロップして追加できます。とても便利です。

Spotify Music Converterは常に最新のSpotifyバージョンに対応可能です。また、最新のWindows 10またはmacOS Catalinaも対応しています。Windows版なら、5倍速の変換も可能です。無料体験版は曲ごとに3分まで変換できます。ぜひダウンロードして試してください。

ステップ1:Spotify Music Converterを実行すると、Spotifyも自動的に起動されます。音楽ダウンロードの完了まで、Spotifyを閉じないでください。また、Spotifyで音楽を勝手に再生しないでください。

ステップ2:「追加」をクリックして、下記の画面が表示されます。Web Playerからドラッグ&ドロップまたはリンクのコピペーで曲、アルバムとプレイリストを追加できます。

Spotify音楽を追加

ステップ3:追加された曲は全てチェックされます。お気に入らない曲は、チェックを外せばいいです。

ステップ4:既定の出力形式は高音質の320kbps MP3です。オプションをクリックして、出力先と出力形式の変更が可能です。

ステップ5:変換ボタンをクリックして、Web Playerからドラッグ&ドロップまたはリンクのコピペーで追加されたSpotifyの曲、アルバムとプレイリストはMP3、M4Aなどに変換されます。

Spotify音楽を変換中

変換完了後、履歴ボタンをクリックして、フォルダアイコンをクリックして、出力先を開けます。これで、SpotifyアプリまたはWeb Playerも要らず、Spotifyの曲を自由に聞けます。インターネットがなければWeb Playerが利用不可というデメリットが解決しました。

Spotify Music Converterの動画操作ガイド

Spotify Music Converterを利用して、Spotifyフリー或いはSpotifyプレミアムと連動して、音楽を高音質のままでダウンロードして、MP3・M4Aに変換する手順は以下です。詳しい操作は動画で確認できます。

Spotify Music Converterの製品活用記事