> 活用記事 > Apple WatchでSpotify音楽を聴く方法

Apple WatchでSpotify音楽を聴く方法

分類:Spotify変換ソフトの活用術|投稿者:丸山 正夫|2019年7月5日

概要

Apple Watchはアップル会社が開発したウェアラブルコンピュータであり、スマートウォッチに相応しい色んな機能を搭載しています。イヤホンに接続したら、音楽を再生することもできます。さらに、Spotifyアプリにもリリースしています。この記事はApple Watchで音楽を再生する方法やSpotifyの曲を聴く方法と、Spotify Music Converterを使って、iPhoneから離れても聴ける方法を紹介します。

音楽を再生できるApple Watch

Apple Watch

アップル会社が開発された腕時計型ウェアラブルコンピュータであるApple Watchは、2015年から世の中に販売が開始されます。シリーズ4になった今、スマートウォッチに相応しく、時計にトランシーバーや、iPhone探し、ワークアウトサポートなど様々な機能を搭載しています。

Apple Watchでスピーカーも搭載していますが、残念ながら、そのスピーカーは音楽再生には利用できません。とは言え、Bluetooth機能もあるため、ヘッドフォンまたはスピーカーと繋げれば、音楽を再生することができます。

iPhoneの音楽の再生

前に言った通り、音楽再生にはBluetoothヘッドフォンまたはスピーカーをペアリングに接続する必要があります。まずはヘッドフォンまたはスピーカーの検出モードを開けます。その後、Apple Watchで「設定」アプリを開く、「Bluetooth」をタップして、表示された設備をタップします。

Apple MatchをBluetoothヘッドフォンまたはスピーカーに接続する

そして、Apple Watchの「ミュージック」アプリを開く、画面の一番上までスクロールして、「iPhone上」をタップします。プレイリスト、アーティスト、アルバム、または曲などをタップしたら、再生始まります。

こうすれば、iPhoneでも音楽を再生する状態となり、Apple WatchはiPhoneのリモコンように働きます。運動中など様々の場合は、iPhoneを操作することは難しいになるので、Apple Watchから操作したら便利になるでしょう。だが、あくまではリモコンみたいなものなので、iPhoneとペアリングする必要があり、iPhoneに遠く離れることはできません。そもそも運動をしよう時には、iPhoneを携帯することも面倒になるから、この方法を使用できない場合もかなり多いです。

Apple Watchに音楽を追加してからの再生

この方法ならリモコンとは違って、iPhoneを携帯しなくても、どこにいても音楽を楽しむことができます。

まずはApple Watchを充電します。その後、iPhoneでApple Watchアプリを開く、「マイウォッチ」をタップして、「ミュージック」をタップします。「プレイリストとアルバム」の下にある「ミュージックを追加」をタップし、アルバムやプレイリストを選択してApple Watchに追加します。

音楽を削除したい場合、「編集」をタップして、要らない項目の横にある「-」ボタン(削除ボタン)をタップすれば完成します。Apple Watchで削除した音楽はiPhoneに残っていますが、iPhoneから同期した音楽を削除すれば、次にApple Watchを電源に接続した時、Apple Watchにも自動的に削除しますので、注意してください。

曲を追加した後、Bluetoothヘッドフォンまたはスピーカーとペアリングして、Apple Watchの「ミュージック」アプリを開く、Digital Crownを回し、アルバムアートワークをスクロールして、プレイリストまたはアルバムをタップすれば、音楽を再生します。

Spotify音楽の再生

Spotify

2018年11月、SpotifyもApple Watchでアプリをリリースしました。このアプリを利用したら、Apple Watchから音楽の再生をコントロールすることができるようになりました。

そう、Apple Watchはまたリモコンとなります。今回は、曲やポッドキャストの再生、一時停止、スキップ、音量の調節、再生中の楽曲情報の表示、最近再生した曲の再生、お気に入りの保存、Spotify Connectを使って他のデバイスの操作などができます。もちろん、iPhoneとBluetoothでペアリングする必要があり、つまりApple WatchがiPhoneの近くにある必要もあります。

リモコンなんだから、Spotifyの曲がiPhone上のままで再生します。そうすると、Spotifyのプランから色々な影響を受けます。Spotify Free(無料版)とSpotify Premium(有料版)の違いはこちらでチェックしてください。Premiumから退会すれば、Freeの制限もかかって、オフラインで音楽を再生するができません。

Premiumからダウンロードされた曲があれば、Spotify Music Converterを使用して、Freeへ移行した後でも、オフラインで音楽を再生する方法があります。まだPremiumであれば、ぜひ好きな曲をダウンロードして、この方法を試してください。

Spotify音楽を変換して、Apple Watchで聴く

TuneMobie Spotify Music Converter

Spotify Music ConverterはダウンロードしたOGGファイルのDRM保護を解除でき、MP3、M4A、WAVなどの音声形式に変換できます。無料版のSpotify Freeと有料版のSpotify Premiumを問わず、Spotifyの曲、アルバムとプレイリストをパソコンで一気にダウンロードして、MP3、M4AとWAVなどのフォーマットとして保存します。ダウンロードした曲の曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、アートワークなどの情報も保持します。

Spotify Music ConverterはSpotifyアプリケーションと連動する必要があります。常に最新のSpotifyバージョンに対応可能です。スタンドアローン版のSpotifyまたはMicrosoft Store版のSpotifyにも対応して、最新のWindows 10またはmacOS Catalinaに対応しています。Windows版なら、更に5倍速のダウンロードも可能です。無料体験版は曲毎に3分まで変換可能となります。

Apple WatchでSpotify音楽を再生したいなら、ぜひ無料体験版をダウンロードして試してください。

Spotify音楽を変換して、Apple Watchで聴く

下記の操作手順を従えば、簡単にSpotifyの曲、プレイリストとアルバムをMP3、M4A、WAVとFLACなどに変換して、Apple Watchで聞けます。変換する手順は動画で確認ので、ぜひ確認してください。

ステップ1:TuneMobie Spotify Music Converterを起動

Spotify Music Converterを実行すれば、Spotifyも自動的に起動されます。Spotify音楽のダウンロードと変換には、Spotifyを閉じてはいけません。

Spotify Music Convererのインターフェース

ステップ2:Spotify音楽を追加

Spotify Music Converterに音楽の追加は二つの方法があります。

その一つはドラッグ&ドロップです。Spotifyを手前に表示して、Spotifyからお気に入りの曲、プレイリストとアルバムをSpotify Music Converterにドラッグ&ドロップして、追加することができます。

Spotifyから音楽をSpotify Music Converterにドラッグ

もう一つはSpotify Music Converterのインターフェースで「追加」をクリックして、表示された画面の左下でSpotifyの曲、プレイリストとアルバムのリンクを貼り付ける必要があります。Spotifyを手前にして、Spotifyの曲、プレイリストとアルバムを右クリックして、表示されたメニューのシェアに移動したら、「曲のリンクをコピー」、「プレイリストリンクをコピー」、「アルバムリンクをコピー」などをクリックして、リンクを取得できます。

Spotifyアルバムリンクをコピー

どっちにしても、Spotify Music ConverterはすぐにSpotifyプレイリストとアルバムにある全部の曲を検出することができます。デフォルトでは全部チェック状態ですが、チェックを外して、残りの曲のみを追加することができます。

ステップ3:変換形式を選択

Spotify Music Converterが提供した出力形式はMP3、M4A、WAVとFLACなどです。既定の出力形式は320kbps MP3ですが、必要の場合、オプションをクリックして、出力形式を変更することができます。

TuneMobie Spotify Music Converterの出力形式と変換スピード

ステップ4:Spotify音楽の変換を開始

インターフェースに戻って、「変換」ボタンをクリックすれば、Spotify音楽の変換が始まります。履歴ボタンをクリックして、変換した音声ファイルが表示されます。フォルダアイコンをクリックして、出力先を開けます。

Spotify音楽の変換中

ステップ5:変換したApple Musicの曲をiPhoneに転送します

変換したApple Musicの曲をiPhoneに転送するには、主にiPhone転送ソフトとiTunesからの転送の二つの方法があります。iPhone転送ソフトを使用すれば簡単に転送できるでしょう。iTunesを経由するには、iTunesを開く、出力の音声ファイルをライブラリに追加し、USBケーブルでパソコンに接続して、転送すればいいです。

ステップ6:変換した曲をApple Watchで再生します

前文のように、Apple Watchを電源に接続して、変換した曲をApple Watchに追加し、再生します。これで、どこでも、いつまでも、iPhoneを離れてApple WatchでSpotify音楽を再生できます。

Apple Musicで音楽を再生

Spotify Music Converterを利用すれば、Spotify音楽を変換して、Apple Watchで楽しめます。ぜひ試してください。

Spotify Music Converterの製品活用記事