> 活用記事 > Spotify音楽を音源としてSerato DJソフトに追加する方法

Spotify音楽を音源としてSerato DJ Lite/Proに追加

分類:Spotify変換ソフトの活用術|投稿者:丸山 正夫|2020年10月11日

概要

曲の加工や編集にDJソフトがよく使われています。様々なDJソフトの中に、Serato DJソフトは大人気があります。無料の入門用のSerato DJ LiteとプロのSerato DJ Proの両者もOggファイルを音源として追加できます。大人気のストリーミング音楽配信サービスのSpotifyプレミアムからダウンロードした曲もOgg形式ですが、暗号化されましたので、Serato DJ Lite/Proに追加できません。ただし、Spotify Music Converterを利用すれば、SpotifyフリーとSpotifyプレミアムの曲も汎用のMP3/M4A/WAVに変換できて、Serato DJソフトに追加できるようにします。

Serato DJ Lite/Proで音楽フォルダまたはMP3/M4Aなどの曲を追加する方法

Serato DJ Pro

デジタル音楽時代である今、パソコンでDJソフトを利用すれば、だけれも曲の加工、編集、合成などができます。もしくはDJにとって、DJソフトは不可欠な存在です。DJソフトがたくさんありますが、Serato DJソフトは業界のナンバーワンと言われています。Serato DJソフトは無料の入門用のSerato DJ Liteまたは有料でプロのDJ向けのSerato DJ Proに分けます。公式サイトの情報によると、いずれもMP3、OGG、ALAC(MacとWindows 10のみ)、FLAC、AIF、WAV、M4A、MP4、AAC(Macのみ)などの音楽形式に対応できます。

Serato DJ Lite或いはSerato DJ Proでは音楽サンプルが内蔵されましたが、音源としては足りない場合、パソコンでの音楽フォルダをSerato DJソフトのライブラリに追加しても可能です。パソコンでの音楽フォルダをSerato DJソフトのライブラリに追加すれば、曲を音源としての追加も便利になります。Serato DJ LiteまたはSerato DJ Proのインターフェースは少し違いがありますが、音楽フォルダをライブラリに追加する方法は同じです。ここではSerato DJ Proの例を挙げます。

Serato DJ Proを起動して、インターフェースの中部の右側に幾つかのボタンがあります。「ファイル」ボタンをクリックしたら、WindowsのエクスプローラーまたはMacのFinderが表示されます。エクスプローラーまたはFinderを通じて、音楽フォルダを選択して、左パネルにドラッグ&ドロップすれば、音楽フォルダをSerato DJソフトのライブラリに追加できます。

Serato DJ Proに音楽フォルダを追加

曲を音源として追加するのも簡単です。左パネルの音楽ライブラリからフォルダを選択して、或いはWindowsエクスプローラー・Mac Finderから曲を選択して、Serato DJの作業区域にドラッグ&ドロップすれば、音源として追加できます。

曲を音源としてSerato DJに追加

日本でSpotifyユーザーもかなり多いです。SpotifyプレミアムからダウンロードしたOggファイル形式はSerato DJソフトの対応可能の形式の一つであり、Spotifyの曲も簡単にSerato DJソフトに追加できると思ったユーザーも多いです。残念ですが、SpotifyプレミアムのOggファイルは暗号化されましたので、パソコンでSpotifyプレミアムの曲の保存先を参照して、OggファイルをSerato DJソフトにドラッグ&ドロップに追加しても反応がありません。

ただし、TuneMobie Spotify Music ConverterというSpotify音楽変換ソフトを利用すれば、SpotifyフリーとSpotifyプレミアムにかかわらず、Spotify音楽をSerato DJソフトに追加できるようにします。まずSpotify Music Converterの素晴らしい機能をご覧ください。

Spotify Music Converter:Spotify音楽をMP3、M4Aなどに変換できるソフト

TuneMobie Spotify Music Converter

TuneMobie Spotify Music ConverterはSpotifyフリー或いはSpotifyプレミアムを利用しても、Spotifyの曲、アルバム或いはプレイリストを一気に汎用のMP3、M4A、WAV、FLACなどの音楽形式に変換できるソフトです。ダウンロードした曲に曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号などの情報またはアートワーク(ジャケット)を丸ごと保持できます。Spotifyフリーの広告音声を完璧にスキップできて、SpotifyプレミアムのOggファイルの暗号化を簡単に解除できます。

Spotify Music Converterは出力ファイルをアーティスト、アルバムまたはアーティスト/アルバムのフォルダに整理できます。また、曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号またはスペースを利用して、出力ファイルを一括で改名できます。

Spotify Music ConverterはSpotifyアプリケーションと連動する必要があります。常に最新のSpotifyバージョンに対応可能です。スタンドアローン版のSpotifyとMicrosoft Store版のSpotifyのどっちにも対応しています。それに、Spotify Music Converterは最新のWindows 10またはmacOS Catalinaに対応しています。Windows版なら、更に5倍速のダウンロードも可能です。無料体験版では曲毎に3分まで変換可能となります。

Spotifyの曲を音源としてSerato DJ Lite/Proに入れたい方は、ぜひ無料体験版をダウンロードして試してください。

Spotify音楽をMP3/M4Aに変換して、Serato DJ Lite/Proの音源として追加する方法

Spotify Music Converterは非常に使いやすいです。幾つかのクリックでSpotifyの曲、アルバムとプレイリストをMP3、M4A、WAV、FLACなどSerato DJソフトの対応可能の音声形式に変換できます。下記の手順をご参考ください。必要の場合、Spotify Music Converterの操作ガイドのビデオもご覧ください。

ステップ1:TuneMobie Spotify Music Converterを起動

Spotify Music Converterを起動すると、Spotifyも自動的に起動されます。Spotify音楽変換の完了まで、Spotifyを閉じないでください。

Spotify Music Convererのインターフェース

ステップ2:Spotify音楽を追加

Spotify Music ConverterにSpotifyの音楽を追加するに、ドラッグ&ドロップとリンクのコピペーの二つの方法があります。

ドラッグ&ドロップ:Spotifyを手前に表示して、Spotifyからお気に入りの曲、プレイリストとアルバムをSpotify Music Converterにドラッグ&ドロップして追加することができます。

Spotifyから音楽をSpotify Music Converterにドラッグ

リンクのコピペー:Spotify Music Converterのインターフェースで「追加」をクリックして、表示された画面の左下でSpotifyの曲、プレイリストとアルバムのリンクをコピーしたリンクをペーストします。リンクを取得するに、Spotifyを手前にして、Spotifyの曲、プレイリストとアルバムを右クリックして、表示されたメニューのシェアに移動すれば、「曲のリンクをコピー」、「プレイリストリンクを全部コピー」、「アルバムリンクをコピー」などをクリックすればいいです。

Spotifyアルバムリンクをコピー

いずれにしても、Spotifyプレイリストとアルバムにある全ての曲は検出されて、チェックされた状態でリストされます。変換したくない曲があったら、チェックを外して、残りの曲だけを追加することもできます。

Spotifyの曲を選択

ステップ3:Serato DJソフト対応可能の形式を選択

Spotify Music ConverterはMP3、M4A、WAV、FLACなどの出力形式を用意しました。Serato DJソフトはMP3、M4A、WAV、FLACなどに対応できますので、いずれを選択してもOKです。既定の出力形式は320kbps MP3です。他の形式に変更したい場合、オプションをクリックして、上級タブで変更できます。

TuneMobie Spotify Music Converterの出力形式と変換スピード

ステップ4:Spotify音楽の変換を開始

インターフェースに戻って、「変換」ボタンをクリックすれば、Spotify音楽の変換が始まります。履歴ボタンをクリックして、変換した音声ファイルが表示されます。フォルダーアイコンをクリックしたら、出力先を開けます。

Spotify音楽の変換中

ステップ5:出力先をSerato DJソフトのライブラリに追加

Spotify Music ConverterのWindows版のデフォルトの出力先は C:\Users\(Username)\Music\TuneMobie Spotify Music Converter\Converted です。Mac版なら、/Users/(username)/Documents/TuneMobie/TuneMobie Spotify Music Converter/Converted です。出力先を変更したことがあったら、相応しい出力先を選択すればいいです。後、Serato DJソフトで内蔵のWindowsのエクスプローラー或いはMac Finderでフォルダを選択して、左パネルにドラッグ&ドロップすれば、出力先をSerato DJ Lite/Proのライブラリに追加できます。

Serato DJ Lite或いはSerato DJ Proを利用して、Spotifyの曲をSerato DJソフトの音源として追加したい方、ぜひSpotify Music Converterの無料体験版をダウンロードして試してください。