> 活用記事 > ChromebookでSpotifyの曲を再生する方法

ChromebookでSpotifyの曲を再生する方法

分類:Spotify変換ソフトの活用術|投稿者:丸山 正夫|2019年8月15日

概要

Chromebook(クロームブック)は、Googleが開発しているオペレーティングシステム「Google Chrome OS」を搭載しているノートパソコンのシリーズです。Windows/Macと違い、Google Chrome OS(グーグル・クローム・オーエス)が搭載されています。ブラウザをめぐって、様々な機能が次々と生み出されていきます。本文は、Google Chrome OSが搭載されたChromebookでどのようにSpotifyの曲を楽しめるかを皆さんにご紹介いたします。

Chromebook/Google Chrome OSはなんですか

Chromebook(クロームブック)は、Googleが開発しているオペレーティングシステム「Google Chrome OS」を搭載しているノートパソコンのシリーズです。その特徴は、長く使っても購入時と変わることなく動作します。ですから、同スペックのWindows機と比較して動作が軽く実現できたり、ウイルス対策する必要がなかったりなど、Chromebookならではの便利さがあります。むろん、プリンタを直接接続できなく、あるいはHTML5(Javascript)やAdobeFlashなどで構成されたWebアプリのみ動作できるため、Windows/Macにあるアプリケーションはほとんど使えなくなるという欠点もあります。

chromebook

「Google Chrome OS」は、Linuxカーネルをベースにしており、Google Chromeウェブブラウザをメインのユーザインタフェース (UI) として使用しています。簡単に説明すれば、Chromeブラウザそのものがオペレーティングシステムになります。そのゆえ、デスクトップやファイルブラウザなどがなく、すべてのアプリケーションはウェブアプリケーションという形でGoogle Chromeにインストールされ、実行されます。その特性を生かして、アンドロイドスマホ/タブレットでしか作動できないアプリケーションも、「Google Chrome OS」が搭載されるパソコンで利用可能になります。

Chromebookで音楽を再生する方法

MacやWindowsでは専用のアプリから楽しむ仕組みとなっていますが、Chromebookなら、下記の通りに、二つの方式で聞けます。

方法1:AndroidアプリのSpotifyを使う

android版のSpotifyをインストール

chromeブラウザを開いて、Googleストアから「Spotify」を検索してインストールすると、スマホにすでにインストールしたSpotifyのように、聞けるようになりました。しかし、この方法は新型のChromebookしか使えません。旧機種なら、あの時androidアプリとの互換性がまだ対応できないので、AndroidアプリのSpotifyはインストールしようもないんです。こういう場合なら、方法2へ見てみましょう。

方法2:ウェブ版のSpotifyを利用

ほとんどの人が知らなかったかもしれないと思いますが、実はウェブ版のSpotifyが存在しています。Chromeブラウザでさえ好きな曲を流させることができます。ウェブ版Spotifyへ

ちなみに、「ウェブストア」に「Spotify」を検索したら、「Spotify - Music for every moment」という拡張機能が見られますが、この拡張機能は、ウェブ版Spotifyと同じものです。違うところほとんどありません。

ウェブストアにSpotify検索

ウェブ版/拡張機能版のSpotifyを利用する場合なら、ログインして、音楽を再生しようとしても再生ができない場合があります。以下のエラーメッセージが表示されるのが多いと思います。

Please enable Flash to use the Spotify web player. Click here to find out now.

この問題の解決策は「Flash Playerを有効化」ということです。

スクリーンショットのように、Chromeのアドレスバーには、パズルの欠片みたいなアイコンがあります。

アドレスバー

このアイコンをクリックして、「https://play.spotify.comのプラグインを常に許可する」を選択して、これで聞けるようになりました。要するには、Flash Playerからhttps://play.spotify.comに対するブロックを解除するということです。

ブロック解除

Spotifyの曲Chromebookに入れる方法

TuneMobie Spotify Music Converter

時には、出張しに行くところはWIFIがなくて、Spotifyの曲を聴こうとしたら、通信料のことを心配でならないことがありますか。または、フリープランを利用している方にとって、ランダム再生プラス広告、時間制限などなんだかうっとうしいと思ったことがありますか。こういう場合なら、TuneMobie Spotify Music Converterというソフトがおすすめします。このソフトで変換した曲は、無制限でオフライン状態でも聞けるようになります。

TuneMobie Spotify Music ConverterはSpotifyの曲、アルバムとプレイリストを高音質のMP3、M4A、FLACまたはWAVとしてダウンロードして、パソコンに保存させるSpotify音楽変換ソフトです。使っているSpotifyプランを問わず、フリープランもプレミアムプランも対応しています。更に、ダウンロードしたSpotify音楽は、曲名、アーティスト、ジャンル、アルバムとアートワークなどのID3情報を丸ごと保持できます。

TuneMobie Spotify Music Converterは使いやすいインターフェースが搭載され、Spotify音楽を高音質のMP3、M4Aに保存するに、Spotifyから音楽の追加、出力形式の選択と変換の開始など幾つかのクリックだけで完了となります。Spotifyから音楽をソフトに追加するに、Spotifyで曲、アルバムとプレイリストのURLをコピーしてソフトにペーストして、或いはSpotifyから曲、アルバムとプレイリストをSpotify Music Converterにドラッグ&ドロップして追加できます。とても便利です。

Spotify Music Converterは常に最新のSpotifyバージョンに対応可能です。また、最新のWindows 10またはmacOS Catalinaも対応しています。Google Chrome OSに作動できないとは言え、変換した曲は無制限でChromebookに聞けます。Windows/Macのお持ち方はぜひダウンロードして試してみてください。

Spotify Music Converterを利用して、Spotifyフリー或いはSpotifyプレミアムと連動して、音楽を高音質のままでダウンロードして、MP3・M4Aに変換する手順は以下です。分からないところがあれば、ぜひ動画で確認してください。

ステップ1:Spotify Music Converterを実行すると、Spotifyも自動的に起動されます。音楽ダウンロードの完了まで、Spotifyを閉じないでください。また、Spotifyで音楽を勝手に再生しないでください。

ステップ2:「追加」をクリックして、下記の画面が表示されます。ドラッグ&ドロップまたはリンクのコピペーで曲、アルバムとプレイリストを追加できます。

Spotify音楽を追加

ステップ3:追加された曲は全てチェックされます。お気に入らない曲は、チェックを外してください。

ステップ4:既定の出力形式は高音質の320kbps MP3です。オプションをクリックして、出力先と出力形式の変更が可能です。

ステップ5:変換ボタンをクリックして、Spotifyの曲、アルバムとプレイリストは汎用で高音質のMP3、M4Aに変換されます。

Spotify音楽を変換中

変換完了後、「履歴」にフォルダアイコンをクリックして、出力先を開きます。出力の高音質のMP3、M4AファイルをiPhone、iPad、Androidデバイス、iPod Nano/Shuffle、ウォークマン、MP3プレーヤーまたはChromebookなどに転送したら、いつでもどこでも高音質のSpotify音楽を楽しめます。

ステップ6:変換した曲をChromebookに入れる

Chromebookでは、ドキュメント、PDF、画像、メディアなど、さまざまな形式のファイルが開けます。ですから、変換したSpotifyの曲も開けます。USBメモリのような外部ストレージデバイスを利用して、変換した曲は全部Chromebookに入れることができます。まずは外部ストレージデバイスを接続して、画面の隅のランチャー次に上矢印を選択します。

ファイルを開く

後は、ファイルアイコンを開いて、左側でファイルの保存場所を選択します。ファイルを見つけて、目的の曲ダブルクリックすれば再生を開始します。これで、どんな場合でも自由に聞けます。TuneMobie Spotify Music Converterは無料体験版が提供されています。ぜひダウンロードして試してみてください。

Spotify Music Converterの製品活用記事