> 情報局 > 2019年Apple Musicの有料会員数とApple Music Converter

2019年Apple Musicの有料会員数とApple Music Converter

分類:Apple Musicニュースとヒント|投稿者:長谷川 雄|2019年4月13日

概要

Appleが提供するApple Musicという定額制のストリーミング音楽サービスは日本でも大人気があります。Apple Musicは2015年6月8日に発表され、6月30日からサービスが100以上の国で開始されました。2019年4月、報道によると、アメリカでApple Musicの有料会員数は既にSpotifyの有料会員数を超えました。この記事ではApple Musicの有料会員数の顕著な成長をまとめて紹介します。また、全てのApple Musicユーザーに、Apple Musicの曲をロスレスでMP3、M4Aに変換できて、あらゆるデバイスでApple Musicを聞けるようにしたApple Music Converterという神アプリも紹介します。

Apple Musicの知るべき豆知識

Apple Musicは日本で最も人気のある定額制のストリーミング音楽サービスの一つに違いません。Apple Musicの有料会員数も増え続けています。ただし、Apple Musicの入会の前に、Apple Musicに関する豆知識を知ったほうがいいと思います。もちろん、これらの豆知識はApple Musicの会員になっても、Apple Musicの知識を勉強していないユーザーに適用します。

Apple Music

  • Apple Musicの有料会員になったら、所在国の全てのApple Musicの曲を聴けますが、曲の所有権を持っていません。
  • 所在国でApple Musicが利用可能で、有効な支払い方法があったら、Apple Musicは三ヶ月の無料体験期間を参加できます。
  • Apple Musicが利用可能のデバイスはWindows 7以降、Mac 10.9.5以降、iOS 8.4以降、Android 4.3以降とApple TV 4代目以降です。
  • ダウンロードしたApple Musicの曲はDRM保護付きのM4Pファイルであり、お使いのApple IDに関連付けられています。
  • Apple Musicの三つのプラン:学生プラン(月額480円)、個人プラン(月額980円或いは年額9800円)、ファミリープラン(1480円)
  • Apple Musicのファイル拡張子は *.m4p、音声コーデックはAAC、音質は256kbpsです。ロスレスではありません。
  • 対応するデバイスで、Apple Musicの曲をダウンロードしたら、オフライン再生が可能です。
  • 自社のiPod Shuffle/Nano/Classic、iPod Touch 4または他社のウォークマン、PSP、Kindle Fire、MP3プレーヤーなどに未対応です。
  • Apple Musicの曲を直接にオーディオCD或いはMP3 CDに書き込めません。
  • 動画編集ソフト・アプリ、DVD・ブルーレイのオーサリングソフトに、Apple MusicをBGMとして使えません。
  • Apple Musicのサブスクリプションをキャンセルして、有効期間が切ったら、ダウンロードしたApple Musicの曲またはプレイリストはiTunesライブラリまたはお使いのデバイスから消えます。
  • Apple Musicでダウンロード可能の曲は、iTunes Storeで販売されていない可能性があります。逆に、iTunes Storeで購入できる曲は、Apple Musicでダウンロードできるわけではありません。
  • 国によって、提供する曲も違います。

Apple Musicの有料会員数の成長履歴

米Appleは2015年6月8日(現地時間)、音楽ストリーミングの新サービス「Apple Music」を発表しました。6月30日に100以上の国でサービスを開始しました。

2015年12月、Apple Musicの有料会員数が1,000万人を突破しました。

2016年12月、Apple Musicの有料会員数が2,000万人を突破しました。

2017年9月、Apple Musicの有料会員数が3,000万人を突破しました。

2018年4月、Apple Musicの有料会員数が4,000万人を突破しました。

2018年5月、Apple Musicの有料会員数が5,000万人を突破しました。

2018年12月、Apple Musicの有料会員数が5,600万人を突破しました。

2019年6月27日、Appleの幹部エディー・キュー氏はフランスのニュースサイトNumeramaのインタビューで明かされた結果として、Apple Musicの有料会員数が6,000万人を突破しました。また、2019年4月5日、Wall Street Journalの報道によると、2019年2月に、アメリカでApple Musicの有料会員数は2,800万となって、Spotifyの有料会員数の2,600万を超えました。ただし、Spotifyの無料会員数も計算すると、アメリカででも、全世界でも、Apple Musicの会員数はまだまだSpotifyの会員数に及びません。

Apple Music Converter:Apple MusicをMP3、M4Aに変換、あらゆるデバイスで再生

TuneMobie Apple Music Converter

多くのApple Music会員は音楽を楽しんでいますが、iPod Nano、iPod Shuffle、ウォークマン或いはMP3プレーヤーでApple Musicの曲を再生しようと、再生できない問題に合いました。或いはオーディオCDに書き込めない問題、バックグラウンド音楽として使えない問題もあります。上記の豆知識から見ると、直接にApple Musicをこれらの場合に使うのは不可能です。そのため、Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換できるApple Musicコンバーターが必要なのです。

幸いなことに、TuneMobie Apple Music ConverterというApple Musicコンバーターがあります。このApple Music ConverterはiTunesライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲をロスレスでMP3、M4A、AIFF、FLAC、AU、AC3、MKAなどの音声形式に変換できます。出力の音楽ファイルは曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、トラック番号またはアートワークなどの音楽情報を丸ごと保持できます。更に、ID3タグとキャラクターを利用して、出力の音楽ファイルを一括で整理したり、改名したりすることができます。

TuneMobie Apple Music ConverterはWindows 7/8/8.1/10またはMac OS X 10.9.5以降などのOSで完璧に動作できます。最大16倍速で変換できます。更に、AA/AAX/M4Bオーディオブックの変換、オーディオブックチャプターの保持、iTunesムービー、テレビ番組、ミュージックビデオとホームビデオからの音声抽出も可能です。

Apple Music Converterは非常に使いやすいです。初心者のApple Music会員もすぐに使い慣れます。

ステップ1:Apple Music Converterを起動して、iTunesも自動的に起動されます。変換完了まで、iTunesを閉じないでください。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:変換したいApple Musicの曲を選択します。必要の場合、内蔵の検索ボックスを使って、素早く曲を探し出せます。

ステップ3:下部の出力形式リストからMP3かM4Aを選択します。プロファイルリストから音質を選択できます。

ステップ4:変換ボタンをクリックすると、Apple Musicの変換が始まります。出力先も簡単に開けます。

Apple Music変換中

Apple Music Converterは正にApple Music有料会員向けの天来の福音です。Apple Musicを利用している方、ぜひ試してください。

ビデオでApple Music Converterの操作ガイドを見る

Apple Music Converterの製品活用記事

ニュースとヒント