> 活用記事 > Apple Musicの音楽をMP3に変換して、あらゆるMP3プレーヤーで聴く方法

Apple Musicの音楽をMP3に変換して、あらゆるMP3プレーヤーで聴く方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2018年3月11日

概要

MP3プレーヤーは軽量で携帯に便利で、音楽鑑賞、語学勉強、緊急録音、スポーツなど様々な場合で利用可能です。殆どの音楽ファンはMP3プレーヤーを手に入れました。しかし、最近の音楽の提供方式がすっかりかわりました。皆も定額制の音楽聴き放題サービスの話題を検討しています。代表的なサービスはAppleが提供するApple Musicです。ただし、Apple Musicの音楽はデバイスに対する制限があり、MP3プレーヤーでは聞けません。Apple MusicをMP3プレーヤーに入れて聴くに、Apple Musicの音楽をMP3に変換する必要があります。ここでApple Music MP3変換ソフトとその使い方を紹介します。

直接MP3プレーヤーでApple Musicの音楽の再生が不可能

軽量で持ち歩いても音楽を楽しめるMP3プレーヤーは、時にもデジタルオーディオプレーヤー、ポータブルメディアプレーヤーと呼ばれています。皆のデジタル生活に色々な便利さをもたらします。MP3プレーヤーのメーカーが色々です。AppleのiPod Nano/Shuffle、ソニーウォークマン、AGPtEK MP3プレーヤー、ONKYOデジタルオーディオプレーヤー、OuLe mp3プレーヤー、アイリバーAstell&Kernなどの評判が高くて、人口に膾炙しています。

メーカーとモデルによって、MP3プレーヤーの機能も異なっています。一般にはMP3プレーヤーは8GBと16GBが多いですが、32GB、64GBと128GBまでも珍しくないです。Bluetooth、録音、ラジオ、步数计など様々な機能を搭載する可能性があります。音楽の再生なら、一曲リピート、全曲リピート、順番再生、ランダム再生などの再生モードが利用可能です。

MP3プレーヤー

MP3プレーヤーと言っても、MP3形式のみに対応するわけではありません。モデルによって、M4A、WMA、WAV、FLAC、APE、AIFF、OGG、DSFなど形式に対応する可能性もあります。しかし、iPod Touch、iPhoneとAndroid携帯を除く場合、あらゆるMP3プレーヤーは話題になったApple Musicに対応していません。これはApple MusicにDRM保護がかかっているためです。しかし、せっかくApple Musicに参加したのに、お持ちのMP3プレーヤーで楽しめないのはむかつくことでしょう。

もしApple Musicの音楽をMP3に変換できたら、あらゆるMP3プレーヤーでApple Musicの曲を再生できます。Apple Music MP3変換ソフトがありますか。答えはイエスです。TuneMobie Apple Music Converterはこんな問題を解決できるApple Music MP3変換ソフトです。

Apple Music MP3変換ソフトであるTuneMobie Apple Music Converterの紹介

TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterは、iTunesライブラリに追加した全てのApple Musicの音楽をMP3に変換できます。出力のMP3ファイルはApple Musicの曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号、アートワークなどの曲の情報を完璧に保持することができます。ニーズに応じて、出力のMP3のビットレートも自由に設定することができます。

このApple Music MP3変換ソフトのWindows版は、iTunesライブラリに追加して、ダウンロードしていないApple Musicの曲の変換が可能です。ですが、お気に入りのApple Musicの曲またはプレイリストを存分にiTunesライブラリに追加することがいいです。先にダウンロードする必要もありません。とても便利です。

Apple Music ConverterはiTunesと連動する必要があります。常に最新のiTunesバージョンに対応可能です。また、Apple Music ConverterはWindows 7/8/8.1/10またはMac OS 10.9 - 10.14などのOSに対応しています。最大16倍速の高速変換が可能で、大量のApple Musicの音楽を一気にMP3に変換することができます。

更に、Apple MusicのID3タグとハイフン、スラッシュ、下線などのキャラクターを利用して、ルールを設定して、一括で出力のMP3ファイルを改名・分類することができます。

Apple Musicの音楽をMP3に変換して、あらゆるMP3プレーヤーで聴く方法

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

このApple Music MP3変換を実行すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesライブラリにある音楽、Apple Musicの曲、オーディオブック、ムービー、テレビ番組、Apple Musicプレイリストなどはプレイリストとして左パネルとして表示されます。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:MP3に変換したいApple Musicの音楽を選択

iTunesライブラリに追加したApple Musicは、ミュージックプレイリストまたは別々のApple Musicプレイリストにあります。Apple Musicプレイリストはプレイリストの名前で左パネルで表示されます。MP3プレーヤーに入れたいApple Musicの曲を選択します。なお、内蔵の検索ボックスを利用したら、すぐに多くの曲からお気に入りの曲を探し出せます。

ステップ3:MP3出力と音質を設定

Apple Music Converterの既定の出力形式はMP3です。ただし、他の形式に変換したことがあったら、出力形式リストから再度MP3を選択する必要があります。プロファイルのリストではプリセットを用意しました。256kbpsのApple Musicに対等するMP3のビットレートは320kbpsです。Apple Musicを320kbps MP3に変換したら、音質はロスレスです。必要に応じて、出力MP3のビットレートを好きに調整することが可能です。

Apple Musicの出力形式を選択

必要の場合、オプションをクリックして、Apple Musicの変換スピード、出力MP3ファイルの名前などを設定することができます。

ステップ4:Apple Musicの曲をMP3に変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Music MP3変換が始まります。16倍速の超高速変換のおかげで、短い時間の内に多くのApple MusicをMP3ファイルに変換できます。「出力先を開く」をクリックすると、出力のMP3ファイルを見つけることができます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

ステップ5:出力MP3ファイルをMP3プレーヤーに入れて聴く

一般的に言えば、USBケーブルを使って、MP3プレーヤーをパソコンに接続して、Apple Musicから変換したMP3ファイルをMP3プレーヤーのMuSICにコピーすれば、お気に入りのApple MusicをMP3プレーヤーで再生することを実現できます。

iPod Nano/Shuffle/Classicを利用している場合、iTunesを通じて、MP3ファイルをiPodに同期すれば、iPodでApple Musicの曲を楽しめます。iPod転送ソフトを使って、曲を直接iPodに転送することも可能です。

MP3プレーヤーによって、コピー先は異なる可能性があります。MP3ファイルの入れる方法も異なる可能性もあります。詳しい方法はMP3プレーヤーの説明書を従ってください。

結論とヒント

Apple Music MP3変換は想像ほど難しいことではありません。Apple MusicをMP3に変換したら、MP3プレーヤーで再生可能になったのはもちろんですが、動画編集ソフトのBGMとして使用することも可能になりました。なお、Apple Music MP3変換によって、Apple Musicを聴くにはもうiPad、iPhone、iPod TouchとAndroid携帯に限っていることではなく、これらのデバイスのバッテリー駆動時間を延ばすことも可能になりました。

このApple Music MP3変換ソフトは有料ソフトですが、無料で入手する方法も幾つかがあります。詳しい方法はサポートページをご覧ください。今、Apple Music Converterをダウンロードして、Apple Musicの音楽をMP3に変換することを試しましょう。

Apple Music Converterの製品活用記事