> 活用記事 > HomePodで音楽とApple Musicを聴く方法

HomePodで音楽とApple Musicを聴く方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2019年9月16日

概要

HomePodは2018年2月から販売されたから一年半、2019年8月で遂に日本でも上陸しました。スマートスピーカーであるHomePodは、音響性能に関してはスピーカーらしく高音質に力を致します。AirPlayとブルートゥースを搭載しているため、簡単に他のデバイスと連携できます。その他、Apple Musicでも再生できます。この記事はHomePodでApple Musicや他のソースの音楽を聴く方法と、Apple Music Converterを使ってApple Musicを解約後でも聴ける方法を紹介します。

HomePodでApple Musicや他のソースの音楽を再生

HomePod

2018年2月、アップル会社が開発されたスマートスピーカーであるHomePodは、アメリカなどの地区で販売が開始されます。その後一年半過ぎた2019年8月、日本での販売も開始されました。AirPlayを経由して、HomePodは家にある家電をコントロールできます。Siriを加えたらより一層便利になります。

また、同じくアップル会社のApple Music、iTunes及びiCloudミュージックライブラリなどの音楽を再生できます。さらに、AirPlayで、iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Macなどのデバイスからのストリーミングや、Spotifyなどのコンテンツのオーディオストリーミングを対応しています。

iPhoneの音楽を再生

iPhoneとHomePodを同一Wi-Fiまたはブルートゥース環境下に置いて、iPhoneをHomePodに近づくに置きます。iPhoneはHomePodを検索できれば、ペアリングします。ペアリング完了後、iPhoneで「ミュージック」などの音楽アプリを開きます。オーディオ出力変更ボタンをタップして、HomePodを選択します。そうしたら、iPhoneで再生中の音楽がHomePodから出力されて、iPhoneとHomePod両方とも再生をコントロールできます。

iPhoneの出力をHomePodに変更

同じ操作で、出力デバイスをiPhoneに切り戻すことができます。

HomePodでApple MusicやiTunesミュージックライブラリの曲を再生

まず、Apple Musicの曲を聴きたい場合は、Apple Musicに登録する必要があります。iTunesミュージックライブラリの音楽なら、Apple Musicの登録、iTunes Matchの登録、iTunesで購入した曲の中一つ以上が必要です。HomePodで搭載しているSiriを利用すれば、簡単にApple MusicやiTunesミュージックライブラリの音楽を探し出せて再生できます。

また、Apple Musicを汎用化すれば、簡単にiPhoneなどのデバイスに入れて、HomePodでストリーミング再生できます。

Apple Music Converter:Apple Music音楽を変換

TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterを利用したら、iTunesライブラリに追加しているApple Musicの曲を全部MP3、M4AやAIFFなどの形式に変換できます。曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号、アートワークなどの情報は出力の音楽ファイルで完全に保持して、希望に合わせて、ビットレートなどの音質も設定することができます。

Apple Music ConverterはiTunesと連動する必要があります。常にiTunesや、Windows 7/8/8.1/10、またはMac OS 10.9 - 10.15などのOSの最新版に対応しています。最大16倍速の高速変換が可能であり、一括で多いのApple Musicの曲を変換できます。

更に、Apple MusicのID3タグを使用して、ハイフン、スラッシュ、下線などの特殊文字を繋げる、出力のファイルを一気に改名・分類することができます。

Apple Music音楽をMP3などに変換してHomePodで再生

ステップ1:Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterをインストールして、実行したら、iTunesも自動的に起動されます。ソフトの左パネルで、iTunesライブラリのプレイリストが表示されています。Apple Musicの曲は、「ミュージック」プレイリストまたは他のApple Musicプレイリストにあります。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

プレイリストをクリックして、右で曲がリストされます。Apple Musicの曲のチェックボックスを入れて、曲を選択できます。トップにあるチェックボックスを入れたら、曲を全て選択します。また、変換したいApple Musicトラックを見つけない時に、内蔵された検索ボックスに曲のタイトル、アーティストまたはアルバム名などで検索したら、すぐに探し出せます。

ステップ3:出力フォーマットを選択

Apple Music Converterは幾つかの出力音声形式を用意しました。その中、MP3やM4Aなどの汎用フォーマットに変換するのはオススメです。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:Apple Musicの曲を変換

「変換」ボタンをクリックしたら、Apple Musicの曲から指定の出力形式への変換が始まります。変換完了後、「出力ファイルを開く」をクリックすれば、出力先が表示されます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

ステップ5:変換したApple Musicの曲をiPhoneに転送します

一般的に、変換したApple Music音楽をiPhoneに転送するには、iPhone転送ソフトとiTunesからの転送の二つの方法があります。どっちを利用しても、まずはApple Music ConverterとiTunesを一度閉じるから行います。iPhone転送ソフトを使用すれば簡単に転送できるでしょう。iTunesを経由するには、出力の音声ファイルをiTunesライブラリに追加し、USBケーブルでパソコンに接続して、転送すればいいです。

ステップ6:変換した曲をHomePodから再生します

前文のように、iPhoneとHomePodをペアリングして、HomePodを出力端末として、変換したApple Musicの曲を再生します。そして、Apple Musicから解約しても、続けて聴けます。

Apple Music Converterを利用すれば、Apple Musicを変換して、簡単にHomePodで高音質の音楽を楽しめます。ぜひ試してください。

ビデオでApple Music Converterの操作ガイドを見る

Apple Music Converterの製品活用記事

ニュースとヒント