> 活用記事 > Apple Musicの曲をCute CutにBGMとして入れる方法

Apple Musicの曲をCute CutにBGMとして入れる方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2019年10月10日

概要

Cute Cutはビデオ編集ソフトの一つです。自分に属する唯一なムービーを作りたいなら、Cute Cutは役立ちます。元々はIOS版だけリリースされましたが、今ならAndroid、IOS、Mac三つのバージョンがありますので、人気が盛り上がっていきます。動画編集する時、お気に入りの曲をビデオに追加することが極めて普通です。しかし、Apple Musicからダウンロードした曲はCute Cutに入れることができません。本文は、Apple Music ConverterというApple Music変換ソフトを利用して、Cute Cutが対応可能のMP3などの音声形式に変換して入れる方法を紹介します。

Cute Cutの紹介

Cute Cutとは、多機能な動画編集ができる動画編集アプリです。Cute CUTは普通のビデオ編集機の機能を持っているほかに、予想以外の喜ばせる機能も持っています。Cute Cutならではの機能は、ムービーに直接描くことができます。自分のペン/指で個性あふれるテキスト、落書きがビデオに入れられます。描くことはともかく、動画編集ソフトにあるべき機能も欠けません。カット、エフェクト調整、画像などの追加、オリエンテーション/解像度の調整もできます。Cute Cutはシンプルで充実な動画編集アプリです。

Cute Cut

Cute Cutは無料版と有料版が販売されています。無料版には、Cute Cutのウォーターマークが強制的に粘り付き、ファイル出力時間もわずかな30秒という二つの制限があります。無料版でも全機能が使えますもで、まずは体験してみることをおすすめします。有料版の名は「Cute Cut Pro」と言います。

Apple Musicの曲をCute Cutに追加できませんか

Cute Cutを使って、動画と写真を並んで一つのムービーに作成できます。バックグラウンド音楽(BGM)の追加などに対応しています。「ライブラリ」にはアプリ内のに決められたメロディーで、「iPod」にはiPodにある音楽を選択できて、「共有ファイル」には今使っているデバイスの音楽が選択できます。

Cute CutにBGM追加

Apple Musicからダウンロードした曲は、「共有ファイル」に所属するはずですが、残念ながら利用できません。ダウンロードしたApple Musicの曲はDRM保護付きのM4Pファイルです。保護されたファイルなので、「ミュージック」というアプリしか認識できません。ですから、Cute CutはダウンロードしたApple Musicの曲はそのまま使えません。お気に入りのApple Musicの曲をCute Cutで使うために、Cute Cutが対応可能のMP3などの形式に変換する必要があります。

TuneMobie Apple Music Converterを利用して、簡単にApple Musicの保護付き音声ファイルの保護を打ち破り、気楽にCute CutにBGMとして使えるようにします。有料版のCute Cut Proも適用されます。

Apple Music ConverterでApple Musicの曲をCute Cut対応の形式に変換可能

TuneMobie apple Music Converterとは、iTunesライブラリにあるApple Musicの曲からDRMを解除して、汎用のMP3、M4A、AIFF、FLACなどの八つの音声形式に変換できます。iTunesライブラリに追加するだけで変換可能です。TuneMobie Apple Music Converterならではの多彩な機能を搭載しています。

TuneMobie Apple Music Converter

  • ·Apple Musicの曲をCute Cutに取り込み可能のMP3などに変換
  • ·Apple Musicの曲をAC3、AU、MKA、FLACなどの音声形式にも変換可能
  • ·曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号及びディスク番号などのID3タグを保持
  • ·256kbpsのApple Musicをロスレスで320kbps MP3と256bkps M4Aに変換
  • ·ID3タグとハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力の音楽を分類・改名
  • ·時間を節約するために、最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括で変換
  • ·最新のWindows 10、macOS CatalinaとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をCute Cutに入れる方法

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterをインストールして実行すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesライブラリはソフトの左パネルでプレイリストが表示されます。Apple Musicの曲なら、「ミュージック」プレイリストと別々のApple Musicプレイリストにあります。今はApple Music Converterインタフェースに「リフレッシュ」アイコンを押し、これはiTunesと同期化させるために欠かせないステップです。変換を行う前に前もって曲をリストに追加のがおすすめします。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

プレイリストをクリックして、Apple Musicの曲のチェックボックスを入れて、曲を選択できます。変換したいApple Musicトラックを見つけない時に、ソフトにサーチ機能もありますので、生かせれば役立ちます。曲のタイトル、アーティスト或はアルバム名前で検索してみてください。

ステップ3:Cute Cut対応可能の出力形式を選択

Apple Music Converterは八つの出力音声形式を用意しました。MP3、M4AなどはCute Cutが対応可能です。Cute CutのBGMとして取り込む時、いずれを選択しても良いですが、本ガイドは、M4Aを例にして説明します。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:Apple Musicの曲を変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲から指定の出力への変換が始まります。変換完了後、「出力先を開く」をクリックして出力の音楽ファイルが表示されます。ファイルの場所をよく忘れる方にもご心配なくうまく使えます。

変換完了

ステップ5:変換されたApple Musicの曲を転送

パソコンに曲を変換した後、Android側はケーブルを使ってスマホに転送できます。IOS側には少々ややこしいですが、iCould/iTunesを通じないとうまく転送できません。

ステップ6:Cute CutでBGM付きの動画を作成

インタフェースに「+」をタップして「音楽」に先変換された曲を選択すれば、スムーズに追加できます。

変換されたApple Musicの曲をCute CutにBGMとして使用

これで、Apple Musicの音楽もCute CutにBGMとして使えるようにしました。ビデオの編集が終わった後、アルバムにエクスポート、または直接にYoutube、Facebookにシェアできます。しかし、Apple Musicの音楽を使う時に、著作権にご注意ください。

Cute Cutで編集した動画をシェア

DRM保護されたApple Musicの曲は、Apple Music Converterを使って、Cute CutでBGMとして取り込むことが可能です。変換した曲は、そのままでほかのソフトウェア(Filmora、Adobe Premiere Elementsなど)でも利用できます。繰り返し変換はいらないので、便利です。まだどうすればCute Cutに音楽を追加して編集できるようになると迷っている方、ぜひお試しください。

Apple Music Converterの製品活用記事

ニュースとヒント