> 活用記事 > Apple Musicの曲をGoogle Play Musicにアップロードする方法

Apple Musicの曲をGoogle Play Musicにアップロードする方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2018年6月22日

概要

Google Play Musicも定額制のストリーミング音楽配信サービスの一員です。Apple MusicまたはSpotifyほどの人気がありませんが、使っているユーザーの数も少なくないです。Google Play Musicの一つの魅力的な機能は、無料ユーザーでも最大5万の自分のパソコンに保存した音楽ファイルをGoogleクラウドにアップロードして、Google Playアプリを通じて、ストリーミング再生とオフライン再生が可能です。Apple Musicの曲もGoogle Play Musicにアップロードしたいですか。Apple Musicの曲はDRM保護付きのため、Google Play Musicにアップロードするに、Apple Music変換ソフトを使って、先にApple MusicをMP3に変換する必要があります。

Google Play Musicに知るべきの知識

調査によると、日本で定額制のストリーミング音楽配信サービスの人気と言ったら、Apple MusicとSpotifyは第一と第二に違いません。他のサービスで、Google Play Musicを選択するユーザーも多いです。Google Play Musicは30日間の無料試用を提供しています。Apple Music、Spotifyと同じ、個人月額980円、ファミリー月額1480円で最大6人が聴き放題です。今Google Play Musicにも4000万曲を超えます。Apple MusicとSpotifyの代わりに探している方は、Google Play Musicもいい選択になるかもしれません。

Google Play Musicを選択する最大の理由は曲のアップロード機能です。Google Play Musicには、たとえ無料ユーザーでも、自分のパソコンに保存した音楽ファイルは最大5万曲をGoogle Play Musicにアップロードすることができます。曲をアップロードしたら、iOSまたはAndroidのGoogle Playアプリでストリーミングして再生したり、ダウンロードしてオフラインで再生したりすることができます。なお、Google Play Music for Chromeというウェブアプリをインストールしたら、Chromeブラウザーで曲の再生も可能です。これはGoogle Play Musicならではのウェブプレーヤーです。

Google Play Music

そこで、Apple Musicの曲をパソコンでダウンロードしたら、Google Play Musicにアップロードしては可能ですか。Google Play Musicにアップロード可能の形式はMP3、M4A、Ogg、FLAC、ALACなどです。その中に、MP3ファイルは直接にアップロード可能です。他の形式なら、GoogleクラウドでMP3に変換されます。しかし、ダウンロードしたApple Musicの曲はDRMで保護されたM4P形式です。Google Play Musicが対応可能の形式ではありません。ですが、Apple Musicの曲をGoogle Play Musicにアップロードするに、先にMP3形式に変換する必要があります。

心配することはありません。TuneMobie Apple Music Converterを利用したら、簡単にロスレスでMP3に変換できます。

TuneMobie Apple Music Converter:最高のApple Music MP3変換ソフト

TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterは、iTunesライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲、iTunesストアで購入したM4A形式の曲、iTunes M4BオーディオブックとAudibleからインポートしたAA・AAXオーディオブックなどの音声形式の変換に対応しています。

Apple MusicをMP3に変換すると、Apple Musicの曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号、アートワークなどの曲の情報を完璧に保持することができます。出力MP3のビットレートを320kbpsに設定すれば、ロスレス変換が行われて、高音質のMP3を取得できます。

Apple Music Converterは最新のWindows 10とmacOS Mojaveで完璧に動作できます。また、Windows 7/8/8.1/10とMac 10.9 - 10.12では最大16倍速の変換に対応しています。macOS High SierraとMojaveでは原速で変換します。Apple Music ConverterはiTunesと連動する必要があります。常に最新版のiTunesに対応可能です。

また、Apple Music Converterは出力ファイルの一括整理と改名にも対応しています。Apple Musicの曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号などのID3タグとハイフン、スラッシュ、下線などのキャラクターを利用して、ルールを設定すればいいです。

Apple Musicの曲をMP3に変換して、Google Play Musicにアップロードする方法

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

このApple Music MP3変換を実行すると、iTunesは自動的に起動されて、iTunesライブラリは読み込まれます。変換完了まで、iTunesを閉じないでください。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Google Play Musicにアップロードしたい曲を選択

iTunesライブラリに追加したApple Musicは、ミュージックプレイリストまたは別々のApple Musicプレイリストにあります。必要の場合、先にiTunesライブラリでプレイリストを作成して、変換してGoogle Play Musicにアップロードしたい曲を選択することもできます。なお、内蔵の検索ボックスを利用したら、簡単に多くの曲から変換したい曲を探し出せます。

ステップ3:MP3出力と音質を設定

Apple Music Converterの既定の出力形式はMP3です。ただし、他の形式に変換したことがあったら、出力形式リストから再度MP3を選択する必要があります。プロファイルのリストではプリセットを用意しました。256kbpsのApple Musicを320kbps MP3に変換したら、ロスレス変換を実現できます。

Apple Musicの出力形式を選択

必要の場合、オプションをクリックして、Apple Musicの変換スピード、出力MP3ファイルの名前などを設定することができます。

ステップ4:Apple Musicの曲をMP3に変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Music MP3変換が始まります。変換完了の場合、「出力先を開く」をクリックすると、出力のMP3ファイルの保存先を開けます。

Apple Musicの曲をMP3に変換

ステップ5:出力MP3をGoogle Play Musicにアップロード

Google Play Musicのページを開いて、左上で「マイミュージック」をクリックします。左上のGoogle Play Musicのメニューボタンをクリックして、「音楽をアップロード」をクリックして、指示を従って、Apple Musicから変換したMP3ファイルをGoogle Play Musicにアップロードできます。

Apple Musicから変換したMP3音楽をGoogle Play Musicにアップロード

これで、Apple Musicの定期購読とGoogle Play Musicの音楽アップロードなどの利点を合わせて利用することが可能です。たとえApple Musicをキャンセルしている場合でも、Google Play Musicにアップロードした音楽を続けて聞けます。なお、パソコンで5万曲を保存するに、400GB ~ 500GBの領域が必要です。曲をGoogle Play Musicにアップロードしたら、領域の節約と音楽ライブラリのバックアップにも役に立てます。

あなたもお気に入りのApple Musicの曲をGoogle Play Musicにアップロードしたいですか。ならば、ぜひApple Music Converterの無料体験版をダウンロードして試してください。

Apple Music Converterの製品活用記事