> 活用記事 > Xbox OneでApple Musicの曲を再生する方法

Xbox OneでApple Musicの曲を再生する方法

分類:Apple Music変換ソフトの活用術|投稿者:森崎 直子|2019年11月18日

概要

初代Xbox Oneは2013年から発売された以来、欧米に大きな人気をおさめました。Xbox Oneは家庭用ゲーム機の代表の一つとして、常に迫力のある家庭用オーディオスピーカーと接続されています。リズム感つよい音楽をBGMとして流して、オンラインバトルに自分のステータスも高めるそうです。音楽を聞きたい時、入力元の切り替えがめんどくさいので、Xbox Oneで音楽を再生すれば楽です。本文は、AirMusicアプリまたはApple Music Converterを通じて、Xbox OneでApple Musicの曲を再生する方法を紹介します。Apple Music Converterの無料体験版は以下です。

Xbox Oneの紹介

Xbox

Xbox Oneは家庭用ゲーム機御三家の一つとして、欧米はともかく、世界中にも、ゲーマーにもハマっています。Xbox Oneには、月額料金をかかってライブラリにすべてのゲームも楽しめるXGPというサービスがあります。本世代の人気ゲーム『ウィッチャー3』だけではなく、『デビルメイクライ5』のような新着ゲームとXbox 360時代の『NINJA GAIDEN 3』も、XGPゲームライブラリに含まれています。毎月わずかな料金をかかって、すべてのゲームが無制限に楽しめます。

一方、Xbox OneのスペックがPS4のほどではないため、ほとんどのゲームは900Pぐらいの解像度で遊ぶしかありません。さらに、特定のゲームに、フレームレートも低下されました。例えば同じく「死にゲ」と言われる『ダークソウル3』は、PS4版は1080Pで30FPSですが、Xbox Oneなら900Pで25FPSで少々残念な画質です。その局面を救うために、Xbox Oneの継ぐ機種 - Xbox One Sが発売されました。最大解像度4K出力を保ちながら60FPS流暢な画面に加えて、本世代最強のゲーム機に間違いありません。まもなく新世代の機種が発売されます。来年のE3見本市まで、どうか楽しんで待ってください。

Xbox One S

いずれのXboxも、音楽再生機能を備えました。音楽のローカル再生またはストリーミング再生も対応されます。士気を高揚させる音楽をBGMとして、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の戦へ赴き、敵を殲滅しに行き、想像だけで手が震えます。それでは、Apple Musicの曲をBGMとして、Xbox Oneで再生する方法を紹介します。

Xbox OneでAirMusicを利用してApple Musicの曲を再生

APPストアから、AirMusicというアプリがあります(iOSデバイス向けのみ)。このソフトを使って、Xbox 360、Xbox OneとほかのDLNAデバイス(ネットに接続できる機器)から、利用中の iPhone、iPad、iPod touch にある音楽ライブラリへ直接アクセスしストリーム再生可能です。Apple MusicをXbox Oneにストリーム再生するには、iOSデバイスとXbox Ones両方もAirMusicの設定が必要です。

  1. ステップ1:Xbox One側はMicrosoftストアから「AirServer」または「AirMusic」、iPhone/iPadのようなiOS側はAPPストアから「Air Music」をインストールします
  2. ステップ2:Xbox One側はソフトを起動して、「無料お試し」を選択して、QRコードが表示されます(フルバージョンアップには19.99ドルぐらいが必要)
  3. ステップ3:iOS側は「Air Music」で表示されたQRコードをスキャンします(Xbox OneとiOSデバイスは同じWIFI環境で)
  4. ステップ4:iOSから、再生したい曲を選択します。これで、Apple Musicの曲がXbox Oneに再生できました。BGMとして再生も可能です。

この方法は一見簡単なのですが、実はややこしいところもあります。Xbox OneでApple Musicの曲を再生するだけなのに、19.99ドルなんて高いと思いませんか。そして、こんなやり方はWIFIで接続しか利用できません。ゲームの戦場に、例え1msの差だけで、「倒す」と「倒される」が分けられます。「応答速度(ms)」をできるだけ減らすために、ブロードバンドで接続が一番です。Apple Musicの曲を聞きながら戦場へ行くのに、WIFIしか利用できないとはまさに残念です。また、時にもネットとの接続を切らなければならないこともあります。Xbox OneオフラインでゲームをしながらApple Musicの曲を聞くのが不可能です。これらの欠点を回避するのに、次の方法をおすすめします。

Apple Music ConverterでApple Musicの曲をXbox Oneに再生

Apple Musicの曲を汎用のMP3、M4A、AIFF、FLACなどの八つの音声形式に変換できます。iTunesライブラリに追加するだけで変換可能です。TuneMobie Apple Music Converterならではの多彩な機能を搭載しています。変換した曲は、USBでXbox Oneと接続して、機内モードでも簡単にApple Musicの曲を再生できます。

TuneMobie Apple Music Converter

  • • Apple Musicの曲をXbox Oneに取り込み可能のMP3などに変換
  • • Apple Musicの曲をAC3、AU、MKA、FLACなどの音声形式にも変換可能
  • • 曲名、アーティスト、アルバム、ジャンル、トラック番号及びディスク番号などのID3タグを保持
  • • 256kbpsのApple Musicをロスレスで320kbps MP3と256bkps M4Aに変換
  • • ID3タグとハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力の音楽を分類・改名
  • • 時間を節約するために、最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括で変換
  • • 最新のWindows 10、macOS CatalinaとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をXbox Oneに入れる方法

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

TuneMobie Apple Music Converterをインストールして実行すると、iTunes(macOS 10.15 CatalinaではMusic)も自動的に起動されます。iTunesライブラリはソフトの左パネルでプレイリストが表示されます。Apple Musicの曲なら、「ミュージック」プレイリストと別々のApple Musicプレイリストにあります。今はApple Music Converterインタフェースに「リフレッシュ」アイコンを押し、これはiTunesと同期化させるために欠かせないステップです。変換を行う前に前もって曲をリストに追加のがおすすめします。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicトラックを選択

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

プレイリストをクリックして、Apple Musicの曲のチェックボックスを入れて、曲を選択できます。Xbox Oneで再生したいApple Musicトラックを見つけない時に、ソフトにサーチ機能もありますので、生かせれば役立ちます。曲のタイトル、アーティスト或はアルバム名前で検索してみてください。

ステップ3:Xbox One対応可能の出力形式を選択

Apple Music Converterは八つの出力音声形式を用意しました。一番汎用性が高いフォーマットはMP3です。本ガイドも、MP3を例にして説明します。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:Apple Musicの曲を変換

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲から指定の出力への変換が始まります。変換完了後、「出力先を開く」をクリックして出力の音楽ファイルが表示されます。ファイルの場所をよく忘れる方にもご心配なくうまく使えます。

変換完了

ステップ5:変換されたApple Musicの曲をXbox Oneに転送

パソコンに曲を変換した後、USBメモリでXbox Oneと接続して、変換されたApple Musicの曲を選択して、Xbox Oneから流せます。

これで、Apple Musicの音楽もXbox OneにBGMとして聞けるようにしました。オフライン状態でも聞けます。『ファークライ5』のようなよくワールドマップをあちらこちらに走るゲームなら、自分が選んだBGMを聞くのも悪くないではありませんか。それではさっそくApple Music Converterをダウンロードして試してみてください。

Apple Music Converterの製品活用記事

ニュースとヒント