> 活用記事 > 2018超人気のApple Music DRM解除ソフト:TuneMobie Apple Music Converter

2018超人気のApple Music DRM解除ソフト:TuneMobie Apple Music Converter

分類:DRM解除ソフトの活用術|投稿者:村上 優|2018年4月18日

概要

平日、パソコンまたはiPhone、iPadでApple Musicの曲を聞けば、不便さを感じられませんので、多くのユーザーはApple Musicの曲はDRM保護が付いていることが気づかないかもしれません。ただし、Apple Musicの曲をiPod、PSP、ウォークマンと普通のMP3プレーヤーに入れて聞きたい場合、Apple Musicの曲を動画編集、BD/DVDオーサリングのバックグラウンドミュージックとして使用したい場合、これらの時にだけ、Apple MusicはDRMで保護されたことが気づいました。この記事ではDRM保護またはDRM保護がもたらした問題を完璧に解決できるApple Music DRM解除ソフトであるTuneMobie Apple Music Converterを紹介します。

DRMがApple Musicにもたらした不便さ

Apple Music DRM

DRMとはDigital Rights Managementの略語、デジタル著作権管理の意味です。映画、音楽と小説などのデジタルコンテンツを電子機器で無制限で使用することを防ぐために、開発された技術です。Apple、アマゾン、マイクロソフトなど様々な会社が異なるDRM技術を異なる制品に使用しています。Appleが提供する定額制のストリーミング音楽配信サービスであるApple Music(アップルミュージック)にもDRM保護が掛かっています。

Apple MusicはWindows、Mac、iPhone、iPad、iPod Touch、Apple TVとAndroid携帯電話などのスマートデバイスで聴けます。これらのデバイスでApple Musicを聞くだけは、多くの不便さがありませんが、他の場合になると、DRMがもたらした不便さが押し寄せます。幾つかの例を挙げます。

  • iPod Nano、iPod Shuffle、iPod ShuffleとiPod Touch 4などアップルのデバイスに転送・同期できない
  • PSP、ウォークマン、Androidタブレット、Kindle Fireと様々なMP3プレーヤーで再生できない
  • iMovie、Final Cut Xpress、Final Cut Pro、Fimora、DVDStylerなどの動画編集・DVDオーサリングに追加できない
  • SDカード、USBメモリ、フラッシュドライブ、USBハードドライブなどにコピーできない
  • CD、DVDまたはブルーレイに書き込めない
  • iPhoneの着信音として設定できない

色々な制限があるため、DRMのRはRightsではなく、Restriction(制限の意味)であると理解する欧米のユーザーも多いです。もちろん、DRMがDitigal Restriction Managementの略語を嘲笑う人もいっぱいです。

しつこいDRM制限

iTunes M4V動画、iBooksとオーディオブックなど他のAppleのデジタルコンテンツはAppleデバイスに限ると違って、Apple MusicはAndroid携帯でも楽しめます。つまり、DRM保護をどんなコンテンツに加えるのは、Appleは利益を最大化にする方法を選択しました。Appleはそのエコシステムを維持するに、Appleなりの理由がありますが、やはりユーザーからの出発点と違います。

Apple MusicのDRM解除の方法

DRM解除

Apple MusicのDRM保護を解除すれば、汎用のMP3、M4Aなどの音声形式に変換すれば、様々な不便さを回避できます。2009年3月の前、Appleが販売した曲はDRM保護付きのM4Pファイルです。今ダウンロードしたApple Musicの曲もM4P形式です。しかし、昔のM4P曲はCDに書き込むことができます。出来上がたCDから音声を抽出して、MP3とM4Aとして保存することができます。Apple MusicのM4P曲もこの形式でMP3、M4Aとして保存できると思ったら、間違いです。結論から言えば、全てのApple Musicの曲を直接にCDに書き込むことができません。どうしてもCDに書き込みたい場合、Apple Musicの曲を先にMP3、M4Aなどに変換する必要があります。

Apple Musicの曲を再生しながら、録音ソフトを使って録音して、MP3、M4Aとして保存することは一つの方法ですが、録音ソフトも様々な欠点があります。幾つかの欠点を挙げます。

  • 時間がかかります。録音する時間は曲の再生時間と同じです。
  • 手動で分割する必要があります。一曲の再生が終わったら、再生を一時中止する必要があります。中止しないと、複数の曲は一曲になってしまいました。
  • 手動で曲の情報を編集する必要があります。録音ソフトは一部の曲の情報を自動的に追加できますが、大部分の曲の情報を認識できません。認識できる一部の曲も全部英語の洋楽です。邦楽を録音したら、手動で曲の情報を編集する可能性はかなり高いです。
  • 他のソフトが流れる音声も録音します。録音するために、他のソフトを実行しない必要があります。
  • 一般に、録音するに、仮想のサウンドカードをインストールする必要があります。

速いスピード、良い音質、自動的に曲の情報の保持などの機能を持つApple Music DRM解除ソフトはありますか。実は、幾つかのApple Music Converterと名乗っているソフトこれらの機能を持って、簡単にApple MusicのDRMを解除して、MP3、M4Aに変換できます。他の記事でもTuneMobie Apple Music Converer、Sidify Apple Music ConverterとTuneskit Apple Music Converterなど3つのApple Music Converterを紹介・比較しました。詳しい記事は下のリンクをクリックしてご覧下さい。

  • 2018年Apple Music DRM解除ソフトトップ3
  • TuneMobieのApple Music DRM解除ソフトは、対応可能の入力形式と出力形式、変換スピード、曲の情報の保持と利用、価格プランなども圧倒的に勝てます。結論から言えば、TuneMobie Apple Music Converterは最高のApple Music DRM解除ソフトに違いません。

超人気のApple Music DRM解除ソフトであるTuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converterは最高なApple Music DRM解除ソフトと言えます。iTunesライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲の情報を一括で汎用のMP3、M4A、AIFF、AU、AC3、FLACとMKAなどの音声形式に変換できます。曲名、アルバム、トラック番号、アーティスト、アートワーク、ジャンルなどの情報を保持するのはもちろんですが、曲名、アルバム、トラック番号、アーティストなどとキャラクターを合わせて、出力のファイルの名前を一括で設定することができます。

Apple Music ConverterはただのApple Music DRM解除ソフトだけではなく、オーディオブックのDRM解除、購入したM4A曲の変換、購入したM4Vムービー、テレビ番組とミュージックビデオと追加したホームビデオから音声の抽出、他のiTunesが対応する音声形式の変換などの機能も搭載しています。正にオールインワンのiTunes音声変換ソフトであります。

Apple Music Converterは最大16倍速の超高速変換に対応しています。Windows版の場合、iTunesライブラリに追加して、まだダウンロードしていないApple Musicの曲も直接にDRM保護を解除して、MP3、M4Aなどに変換しています。このApple Music DRM解除ソフトは最高の互換性があって、最新のiTunes、Windows 10とmacOS Mojaveに対応しています。

このApple Music DRM解除ソフトは、2280円で年間ライセンス、4580円で永久ライセンスと8980円で五台のパソコンで動作可能のホームライセンスを入手できます。価格は他のApple Music DRM解除ソフトより柔軟です。無料体験版は曲毎に3分まで変換可能です。

Apple MusicからDRM保護を解除して、汎用のMP3/M4Aに変換する手順

TuneMobie Apple Music Converterを利用して、Apple Music DRM解除を行って、汎用のMP3、M4Aに変換するのは簡単です。下記の手順を参考してください。

ステップ1:TuneMobie Apple Music Converterを起動

このApple Music DRM解除ソフトを起動すると、iTunesも起動されます。iTunesライブラリは読み込まれて、製品の左のパネルでプレイリストとして表示されます。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

プレイリストをクリックして、チェックを入れると、曲を選択できます。Apple Musicの曲は「ミュージック」プレイリストと別々のApple Musicプレイリストにあります。内蔵の検索ボックスを利用すると、お気に入りの曲もすぐに探し出せます。

ステップ3:出力形式を選択

出力形式のリストで八つの形式を用意しました。汎用性の高いMP3、M4Aをお勧めします。プロファイルリストでは出力の音質を選択できます。必要の場合、オプションをクリックして、変換スピードと出力ファイルの名前を設定できます。

Apple Musicの出力形式を選択

ステップ4:Apple Music DRM解除と変換を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple MusicのDRM保護の解除と指定形式への変換が始まります。変換完了後、「出力ファイルを開く」をクリックして、出力先を開けます。

Apple Music DRM解除を開始

これで、Apple MusicのDRM保護は解除されます。汎用のMP3、M4Aになると、DRMがApple Musicにもたらした不便さもちゃんと回避できます。これこそ、聴き放題です。もちろん、Apple Music DRM解除を行うのは、個人使用範囲まで限ります。

Apple Music Converterの製品活用記事